ブツブツ肌にさようなら!毛穴が開きっぱなしの原因は?改善法は?

鏡をまじまじと眺めて気が付いてしまう、毛穴の黒ずみやブツブツ。
毛穴の汚れって、中々自分でケアしにくいものですよね。
開いてしまった毛穴は汚れがたまりやすく、さらに広がって開き…と負の連鎖が起きてしまいます。
毛穴が開きっぱなしになっていては、いつまでも綺麗なお肌にはなれません。

そこで、今回は毛穴が開きっぱなしになる原因と改善法をご紹介します。
美肌を目指すなら避けられないポイント、ぜひおさえましょう!

毛穴が開きっぱなしになってしまうのはどうして?

気が付いたら汚れが溜まったり、広がってしまっている毛穴。
そもそもなぜ開きっぱなしになってしまうのでしょうか。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

皮脂の分泌量が適切ではないから

適切な皮脂の量は、肌がしっとり滑らかになる程度です。
多すぎるとギトギトするし、少なすぎるとカサカサになってしまいます。
もともとオイリー肌であったり、乾燥している肌皮脂の分泌量が多すぎであることが多いです。

毛穴汚れの原因は、「角栓」と呼ばれるもの。
角栓は過剰な皮脂と肌表面の古い角質、空気中の汚れ、メイクの落とし残しなどが混ざり合って出来ています。
余分な皮脂は角栓の原因となってしまうんですね。
余分なものが多いほど、角栓も出来やすくなり、毛穴に詰まりやすくなる…というわけです。

肌の潤いが足りていない?

ぱっと考えると、
「オイリー肌が原因なのはわかるけど、どうして乾燥肌も余分に皮脂が分泌されるの?」
と不思議に思えます。

肌は、自然と一番良い状態を保とうとします。
皮脂を取り除き過ぎて乾燥してしまうと「もっと潤いが欲しい!」ということで、皮脂をどんどん分泌しようとしてしまうんです。
だから「とにかく皮脂を取ろう!」とやみくもにケアするのはかえって逆効果です。

角質層のバリア機能が働いていない!

肌表面にある角質層にはバリア機能が備わっています。
肌を刺激から守ったり、水分を蓄えたりする働きをしているんですよ。
毛穴がほとんど目立たなくて肌のキメが細かい人は、角質層が潤って健康な状態です。
「ターンオーバー」と呼ばれる新陳代謝の早さも適切です。

この角質層のバリア機能が崩壊すると、肌の奥のコラーゲン・セラミドといった保湿成分が不足してしまいます。
すると、段々と肌が乾燥し、カサカサしたりざらつきの原因になってしまうのです。
そうなると、肌のキメは粗く、ターンオーバーもどんどん乱れてしまいます。

そうすると、毛穴周辺の皮膚のハリが無くなって、しぼんだ風船のようになってしまうんです。肌がたるんでしまい、毛穴が開いて目立ってきます。

毛穴の開きを引き起こす原因は?

毛穴が開いてそのままになってしまうのは、主に

  • 皮脂が過剰に分泌してしまうから
  • ターンオーバーが乱れてしまっているから

の2点が原因です。

では、具体的にどんなことがいけないのでしょうか。

毛穴ケアのやりすぎ

市販の毛穴パックやピーリングジェルなどを使うことでも毛穴ケアは可能です。
でも、「気になるから」といってやりすぎるのは禁物です。
古い角質を剥がしたり毛穴から角栓を取り除くのは、多かれ少なかれ肌にダメージを与えます。
ダメージによってターンオーバーはさらに乱れやすくなりますので、最低でも週に1回程度にしておきましょう。

洗顔のしすぎ

ニキビや肌荒れが気になっている場合は特に、洗顔料で朝昼晩!と隙あらば洗顔している方はいませんか?
必要な皮脂まで落として、かえって肌が乾燥する原因になってしまいます。
良かれと思っても皮脂の過剰分泌を引き起こす結果に…
洗顔は朝晩1回ずつで十分です。「量より質」を意識しましょう。

あぶらとり紙を頻繁に使っている

顔のテカりが気になると、つい使いたくなりますが…使い過ぎは必要な皮脂まで落とします。
ここぞという時だけにしましょう。

毛穴の上からメイクをして隠す

気になる毛穴を、ついファンデーションの厚塗りなどで隠してしまいたくなる気持ちはよくわかるのですが…
毛穴が塞がって更に汚れが溜まりやすくなり、完全に負の連鎖が出来上がってしまいます。
スキンケアによる根本的な改善を目指しましょう。

スキンケア不足

洗顔のし過ぎは、皮脂の分泌量が過剰になる原因になります。
でも、必要なケアはしなければいけません。
しっかりメイクを落として、洗顔後に保湿すること。
美肌のために、これは絶対です!
飲み会からかえって、メイクも落とさずにそのまま…なんて最悪です。
洗顔だけはしっかりしてから寝て下さいね。

年齢によるもの・日焼けなどで肌がダメージを受けている

皮膚がたるんで出来る毛穴の原因は、主に

  • 加齢によるもの
  • 日焼けで紫外線によるダメージを受けてしまってできるもの

の2つです。
皮膚の奥にあるコラーゲンやエラスチンが不足して水分が失われてしまいます。
年齢による影響は避けることが出来ませんので、それ以外のケアでカバーしていきましょう。

 ほとんどの原因が「スキンケアのしすぎ」によるものです。
「一生懸命スキンケアしているのに…」という方、それが逆効果になってしまっているかもしれません。

毛穴の開きを改善する方法は?

毛穴の開きを改善するためには、肌が適度に潤う状態にすることが重要です。
自然と肌が回復して、毛穴の開きも改善してきます。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

正しい洗顔法をマスターする!

毛穴の開きを根本的に解決するには、まずは正しい洗顔方法をマスターすることです。
一日や二日でどうにかなるわけではありませんが、これが結果的に確実かつ最短で毛穴の開きを改善できる方法なのです。
毛穴パックなどの余計なケアはとりあえず置いておいて、正しい洗顔法を確認しましょう。
貴方の洗顔法はどうでしょうか?

  1. 手を洗う
    まず手を洗って、汚れを落として洗顔料をよく泡立つようにします。
  2. 洗顔料をしっかり泡立てる
    細かい泡を作るように、洗顔料をしっかり泡立てます。
    泡立てネットがあれば使ってみて下さい。早く泡立ちますよ。
    洗顔料を利き手と逆の手の平に乗せ、少しくぼみを作ってから利き手の指先で泡立てます。
    水は多すぎても少なすぎても上手く泡立たないので、適量で調節して下さいね。
  3. Tゾーンから洗い始める
    卵くらいのキメ細かい泡が出来たら、大手と肌の間にクッションになるよう泡を乗せましょう。
    顔の中でも皮脂分泌の多いTゾーンから優しく洗い始めます。
    なるべく指は肌に触れないように、ごしごし擦らないようにしましょう。
    Tゾーンの後、顎や頬など顔全体を丁寧に洗います。洗い方は同じです。
    乾燥しやすい目元や口元は泡を乗せるだけでも十分です。洗い過ぎにも気をつけましょう。
  4. ぬるま湯ですすぐ
    ぬるま湯で最低20回以上すすいで泡を洗い流し、洗顔料が肌に残らないようにします。
    お湯の温度は33℃~36℃と、少し温く感じるくらいが理想的です。
    熱過ぎると必要な皮脂まで落ちてしまいますよ。
  5. 清潔なタオルで拭く
    泡がきちんと落ちたら、清潔なタオルで顔を押さえるようにして優しく水分を拭き取ります。
    くれぐれもごしごし擦ったりしないで下さいね。

さらに、正しい保湿をする

洗顔が終わったら、保湿もしっかり行いましょう。保湿まで行って初めて毛穴ケア出来ることになります。
正しい保湿方法もしっかり確認して下さいね。

  1. 水分を拭き取ったら、すぐに化粧水をつける
    洗顔後の肌はとても乾燥しやすい状態です。水分を拭き取った後すぐに化粧水をつけましょう。
    化粧水は成分が水で、肌に浸透しやすくなっています。
    まずは化粧水をつけて、他のケアグッズをつけましょう。
  2. 美容液をつける
    しっかりスキンケアをしたい時、特に乾燥が気になる冬は化粧水の後に美容液をつけるのをおすすめします。
    成分をしっかり肌に浸透させるために、化粧水の後、乳液・クリームの前につけましょう。
  3. 乳液やクリームをつける
    化粧水・美容液をつけた後は、仕上げに乳液やクリームをつけます。
    肌の表面に薄く膜を作るイメージです。
    脂分の補給と、化粧水や美容液で肌に補給した水分や保湿成分が蒸発するのを防ぐために大切ですよ。

まとめ

毛穴が開きっぱなしになってしまう原因と改善方法をご紹介しました。
即効性はなくても、一番効果的なのは正しい洗顔、そして保湿です。
毎日の積み重ねが美肌を作るんですね。
今日から実践して、毛穴のない綺麗なお肌を目指しましょう!