毛穴の引き締めに効果抜群?レーザー治療の基礎知識!

毛穴の引き締めを目的として、プロのケアでよく使われるのがレーザーによる施術です。
「レーザー」と聞くと、「何だか怖そう」と感じてしまう方もいるかも….

でも、心配することはないんです!
今はエステや美容皮膚科で気軽にレーザー治療が受けられます。
美肌目的で、短時間コースなどもあるくらいなんですよ。
今回は、毛穴ケアのレーザー治療について、基礎知識や疑問の答えをまとめてご紹介します!

そもそも、毛穴はどうして開いてしまうの?

毛穴汚れの主な原因となっているのは「角栓」です。
角栓は、

  • 皮脂が過剰に分泌されること
  • 肌の新陳代謝「ターンオーバー」が乱れてしまって皮膚表面に古い角質が残ってしまうこと

で出来やすくなります。

皮脂の過剰分泌は肌の乾燥や洗顔のしすぎ、加齢などで起こります。
肌に潤いが無くなってしまうと角栓が出来やすく・毛穴が開きやすくなってしまうのです。
一度開いてしまった毛穴は、汚れを取り除いても再び溜まりやすい状態に…
頑張ってケアしても、なかなか改善しにくくなってしまいます。

どうしてレーザーで毛穴ケアが出来るの?レーザー治療のメカニズム

c711cdb7f06149e4be9a5a3325bab30a_s

そもそも、「レーザー」って何?

「レーザー」ってどんなものかイメージ出来ますか?
「何かの光線のような…」というイメージが浮かぶ方が多いと思います。
正確には「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」を略したのが「レーザー(LASER)」という単語。
日本語では「誘導放出による光の増幅」という意味で、簡単にすると「単色で、増幅すると強力なエネルギーが得られる広がらない光」と言ったところです。

自然の光は色々な光を含んで放射線状に広がりますが、レーザー光は一色で一直線に伸びていきます。
複数の種類があり、それぞれ異なる波長を持っています。
波長によって肌の奥に届く深さが異なり、使い分けることで毛穴ケアだけでなくシミや脱毛など様々なスキンケアに有効なんです。
毛穴ケア・美肌目的の場合は真皮の上層部にターゲットを当てています。

レーザーで肌の代謝を促す

色々な種類があると言っても、レーザー治療の基本は目的の場所にレーザービームを照射し、肌を刺激して新陳代謝を促すことです。
一回で皮膚の515%が再生するとされています。
レーザーで肌の新陳代謝「ターンオーバー」をを盛んにして綺麗な肌にするんです。

また、最近は肌を引き締める効果を持つ「シュリンクレーザー」が取り入れられている施設もあります。
普通のレーザーでは到達できない皮下1.54.5mmに正確・強力な超音波を照射してコラーゲンの再生を活発にし、皮膚をリフトアップ・引き締める効果が期待されています。

美肌のための有効成分が浸透しやすくなる

レーザーで肌を刺激した後、ほとんどの場合は美容液で有効な成分を肌に浸透させます。
レーザーは肌の奥の真皮まで刺激するため、成分が奥まで届きやすくなっています。
普段のスキンケアよりも美肌効果が期待出来ますね。

主なレーザー治療の種類

毛穴ケアに使われるレーザー治療は、主に3種類。
それぞれの特徴や気になる値段についてまとめました。

フラクショナルレーザー

最も取り入れられているのが、レーザーを点状に照射して皮膚にとっても小さな穴を開ける「フラクショナルレーザー」です。
真皮を刺激して肌の正常なターンオーバーを促進し、毛穴やニキビ跡などに働きかけます。
ターンオーバーが活性化して古い角質が剥がれることで、毛穴汚れの予防・詰まりを改善します。
医療行為なので、美容皮膚科など医師のいる施設で行うことが出来ます。
施術後は、有効成分を含んだ美容液を肌に浸透させて栄養補給するとさらに効果が得られます。

フラクショナルレーザーにもいくつかの種類があります。

アブレイティブタイプ

炭酸ガスを使い、皮膚を削ったり肌を一部蒸散させる施術法です。
「フラクショナルCO2レーザー」と呼ばれることもあります。
やや刺激が強いですが、その分効果が期待出来ます。
高出力でハードな施術を行うと、照射した部分から浸出液が出たり、長いダウンタイムが必要なこともあります。
アンコア、eCO2CO2REなどはこのタイプです。
効果を実感するまでには、個人差がありますが大体5・6回ほどの施術が必要だと言われています。
肌が再生するまで休ませる「ダウンタイム」を設けるため、3・4週間に1度のペースで施術を行います。
半年ほどで完了すると考えるのが良さそうです。
費用は一回当たり2~3万円程度です。

ノンアブレイティブタイプ

フラクショナルレーザーの中には熱ダメージを使ってターンオーバーを促す「ノンアブレイティブ」というタイプのものもあります。
これはダウンタイムが短いので比較的短期間に施術が終了し、日常生活にもほとんど支障がないと考えられています。
フラクセル、アファーム、フラクショナルレーザーモザイクなどはこのタイプです。

カーボンピーリング

自宅で行うスキンケアに「ピーリング」がありますよね。古い角質を肌の表面から剥がすために行われます。
ピーリングとレーザーを同時に行うのがカーボンピーリングです。
肌に超微粒子のカーボンローションを塗ってレーザーを照射してカーボンを蒸発させます。
カーボンは毛穴より小さく、毛穴の奥まで入り込みます。
カーボンの蒸発と共に毛穴の中の古い汚れまで取り除く、という仕組みです。
レーザーの熱で毛穴にダメージを与えて、引き締める効果もありますよ。毛穴の黒ずみにも効果的です。
ダウンタイムが短く、施術後も赤みが残るなどせず、すぐにメイクしてもOKです。
費用は一回当たり2万円程度で、3~5回ほどの施術で効果が現れるのが一般的のようです。
施術が終了するまでには2ヶ月から4ヶ月ほどかかります。

サーマク―ル

レーザー治療の応用編のようなイメージの施術法です。
レーザーの数十倍の強さの熱エネルギーを皮膚の深層部分のみに当てるのがサーマク―ルです。
2段階で毛穴のたるみを引き締めます。
まずは皮膚のコラーゲンを高周波の熱によって縮め、熱によって火傷となった傷を治そうとする自然治癒力を機能させます。
この自然治癒力が働いて作られたコラーゲンによって毛穴が引き締められ、肌にハリが生まれるというわけです。
通常、効果が持続する期間は約半年から1年ほどです。
一回の施術が完了するまでには2ヶ月から3ヶ月程度の時間がかかります。
費用は1回9万円ほどが相場です。レーザー治療の中では一番高額だと言えるでしょう。

レーザー治療の噂は本当?検証してみました。

実際にレーザー治療を受けた感想として、「痛かった」「高かった」「勧誘が凄かった」など、迷いが生じる噂を耳にすることも。
噂は本当かどうか検証してみましょう。

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s

痛いの?

現在は麻酔のクリームを塗ってから施術を行う場合がほとんど。
。痛みの感じ方は人それぞれなので「痛くない」と断言することは出来ませんが、「ものすごく痛い」ということはないと考えて良さそうですね。

物凄く高額になる?

美容医療は健康保険適用外の自由診療なので、値段は一律ではありません。
施設によって様々ですが、小鼻の場合は15,000円~20,000円のところが多いようです。

治療には長くかかる?

レーザー治療は数回の治療で完了となります。頻度や期間施術は人それぞれ。
毛穴の汚れや開き具合、肌のターンオーバーのペースによって個人差があります。

1回の施術時間は大体30分~1時間。
通院期間と回数は、月12回程度の通院でトータル5回~10回、というのが一般的です。

副作用やデメリットは?

レーザー治療の場合は施術後にヒリヒリした感じがしたり、肌に赤味が残る方もいます。
そのため、次の治療までにダメージから回復・再生するまでの「ダウンタイム」を設ける必要があります。
ダウンタイムは「施術を受けた日から日常に戻るまでにかかる時間」です。
肌に現れる症状は、大体一週間程度で治まることが多いようです。

アトピーなど皮膚疾患がある場合は施術出来ない場合があります。また、施術後は紫外線に敏感になるので日焼けしないように注意することも必要です。

 まとめ

毛穴ケアに使われるレーザー治療について、基礎知識をご紹介しました。
適切な施術を受ければ、セルフケアでは難しいレベルの毛穴ケアも可能です。
「怖そう」「痛そう」というイメージは取り除けましたか?選択肢の一つとして考えてみて下さいね。