毛穴に悩むあなたにおすすめ!洗顔石鹸の人気商品はどれ?

毛穴の開きや黒ずみ、一度気になり出すともう止まらない!
…そんな経験はありませんか?
毛穴ケアの洗顔料には色々な種類がありますが、固形石鹸もレパートリーの1つ。
洗顔フォームに比べてちょっとマイナー?…いえいえ、そんなことはありません!
この記事では、石鹸派におすすめしたい人気の洗顔石鹸をご紹介します。

効果◎!口コミでもおすすめの洗顔石鹸

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

スキンピールバー AHAマイルド

「毎日、どこでも、誰でも、簡単にピーリングができる」ことに焦点を当てた研究・開発によって1995年に誕生した洗顔石鹸です。
皮膚科医との共同開発によって誕生しました。
洗顔するだけでピーリングが出来るという手軽さが人気です。
種類はいくつかあるのですが、「AHAマイルド」は、AHAが0.6%配合された穏やかなタイプです。
キメ細かい泡が表皮や毛穴に残った汚れや油分をしっかり洗い流して古い角質を取り除きます。
きめ細かい美しい肌に導いてくれますよ。毎日の洗顔でスベスベの肌を目指しましょう。
特に肌への刺激を少なめにしたい乾燥肌や、ピーリングはあまり行ったことがないという人に向いています。
東洋人の肌に対して刺激の少ないグリコール酸を配合しているので、刺激が少なく、肌に優しい使い心地です。

kao01Hさん20代
「普通の洗顔と同じように使うだけなのに毛穴の角栓が改善されています。
肌のざらつきが感じられる時でも、一度洗えばスベスベです。
化粧ノリも良くなって、くすみも段々気にならなくなりました。
皮膚科医がおすすめしている洗顔料でもあるので安心感があります。
マイルドタイプでしたが効果は充分に感じました。
使い心地はさっぱりして気分もリフレッシュ出来ますよ。」

 

石澤研究所 毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

毛穴ケアで定評のある毛穴撫子シリーズ。
石鹸派にもおすすめのこちらの石鹸、重曹(炭酸水素ナトリウム)が配合されているのが最大の特徴です。
クリーミーな泡が肌表面の古い角質をゆるめ、毛穴の奥から汚れを浮かして落としやすくします。
重曹は油汚れに強い成分で、お掃除や家事に役に立つと話題になっていますよね。
熟練の職人さんが気温・湿度などを見極めながら、一週間かけて丁寧に炊き上げる釜炊き製法で作られている石鹸です。
つるんとしたタマゴ肌を手に入れる、うるおいたっぷりの上質な泡立ちと泡切れです。
100%植物油脂ベースであり、お肌にも自然にも優しいんですよ。洗うだけで簡単に全身がすっきりです。

kao01Sさん30代
「自然に優しい素材でありながら、洗浄力はしっかりあるのが凄いです。
毛穴の黒ずみがはっきり薄くなりました。肌の色も明るくなった、と家族からも指摘が!敏感肌の人でも使いやすい成分だと思います。
大きいので長持ちしますし、毛穴ケアの石鹸としてはコスパがいいのでは。
乾燥しないようにたっぷり保湿しながら使うのをお勧めします。」

 

VCO マイルドソープ

「母乳と同じ天然成分で作られている」というこの石鹸。
赤ちゃんのようなスベスベ肌を目指し、「落とす」と「守る」を追及されて作られています。
母乳と同じ成分のラウリン酸を50%含むVCO(ヴァージンココナッツオイル)がモコモコの泡を作り出し、毛穴の奥の汚れまで洗い落とします。
さらに、VCOとヒアルロン酸でダブル保湿効果が期待出来ます。
合成界面仮性剤、香料、保存料無添加で肌にも優しい、昔ながらの枠練り製法で作られた石鹸です。

kao01Tさん30代
「口コミの人気ぶりから、肌荒れに悩んでいたので思い切って使ってみることにしました。使ってみてその人気に納得です。
しっとりすべすべの洗い心地なのに、毛穴汚れもしっかり落ちていくんです。
だからと言って肌に刺激が強いわけではなく、肌が敏感な時でも安心して使えます。
そろそろアラフォーですが、肌年齢は確実に若返っています。
若々しい印象を目指している方には一度使ってみてほしいです。」

 

ビーグレン クレイウォッシュ

天然クレイ成分「モンモリロナイト」が持つ汚れだけを吸着する力で、毛穴の奥につまった汚れや古い角質などを吸着して落とします。
その他にもグリチルリチン酸ジカリウム、スクラワン、カモミラエキス、ヒアルロン酸が潤い成分をしっかりと保持します。
肌への負担が少ない吸着洗顔を実現されているので、デリケートな大人の肌にはぴったりですね。
高い洗浄力を持ちながらも肌を傷めず、スッキリと洗い上げます。
肌が本来持つ水分と皮脂のバランスを整えてうるおいのあるなめらかな肌へ導きます。

kao01Kさん30代
「別のクレイ洗顔で肌が突っ張ってしまったことがありましたが、「毛穴汚れに凄い効果がある」と口コミがたくさんあったので思い切って使ってみることにしました。
結果、洗顔後に肌が引きつれることはありません。滑らかな泡が肌をしっかり保湿してくれている感じがします。肝心の毛穴汚れも段々落ちてきましたよ。
肌自体が綺麗になってきたように思います。口コミが好評なのも納得です。」

 

フラセラ クリアソープ

「美肌力の基本、それは洗顔から」をコンセプトに、「毎日使える」を目指して研究を重ねられたピーリング石鹸です。
ピーリング効果と他の美容成分も実感できる黄金率であるAHAが3%配合されています。
また、天然由来の成分にこだわって作られているので合成界面活性剤、保存料、防腐剤は使われていません。
濃厚で美肌成分たっぷりのリッチな泡が肌に潤いを残しながらも、毛穴に詰まった老廃物をしっかり洗い流します。洗い上がりはスベスベしたしっとりの肌を実現しますよ。
毎日使える石鹸なので、日々のケアで健康的なふっくらした柔らかい肌を目指せます。

kao01Nさん20代
「小鼻の黒ずみだけでなく、季節の変わり目の肌のごわつきも気になっていました。
つい毎日毛穴用の洗顔料を使ってしまいましたが逆効果になってしまって…。
これは「毎日使える」というのが気に入って使い始めました。泡はフワフワしてメレンゲのようで洗い心地がいいです。汚れもしっかり落としてくれます。
肌がワントーン明るくなりました。ソープディッシュに置きっぱなしでも溶けにくいですよ。これをきっかけに洗顔は石鹸派になりそうです。」

 

洗顔石鹸の特徴って?

5737e9ceca2ca57e3bbed16795f8e029_s

洗顔料には色々種類がありますが、どんなところに違いが現れるのでしょうか。
「石鹸」というと固形のものをイメージしがちですがチューブタイプのものもあるんですよ。

ところで、石鹸と洗顔フォームの違いってご存知でしたか?
洗顔フォームは「洗顔用合成洗剤」、石鹸は「石鹸」が洗浄するための主な成分です。
この成分の違いで分類されていると考えて下さいね。

石鹸の方が配合されている成分は一般的には少なく、天然成分を主にしているものが多いです。
そのため肌への刺激が少なく、優しい洗い心地なのが大きなメリットです。敏感肌の人にもお勧めできます。

その一方で、配合成分が少ないということは保湿成分もあまり入っていないということでもあります。
石鹸の方が洗い上がりに乾燥しやすい状態になるので、洗顔後の保湿は念入りに行いましょう。

まとめ

毛穴ケアに効果的な洗顔石鹸をご紹介しました。
「洗顔フォームの方が何となく効きそう」と思っていらっしゃる方、実はたくさんいるようです。
それぞれにメリット・デメリットがありますが、洗顔石鹸の魅力は厳選された成分で肌に負担が少ないところ。一度石鹸タイプのものを使って、効果を実感してみてはいかがでしょうか。