ニキビやニキビ跡をカバーしたい!コンシーラーの上手な使い方は?

メイクや洗顔のタイミングで鏡をよく見てみると気になるニキビやニキビ跡。
すぐに何とかしたい時にはコンシーラーの力を借りることもありますよね。
でも、上手に使わないとかえって浮いてしまい、悪目立ちしてしまうことも…。
そこで、今回はニキビやニキビ跡をカバーするための上手なコンシーラーの使い方をご紹介します。
ピンチの時の参考にして下さいね。

まず、適切な色を選ぼう

コンシーラーの色選びは一番の要になる、といってもいい部分です。
ちょっとしたコツを知っていると肌の色に馴染みやすく、ニキビ跡をカバーしやすいものが選べますよ。

自分の肌よりもワントーン暗い色を選ぶ

コンシーラーは、肌よりもワントーン暗い色を選びましょう。
明るすぎるとそこだけ白っぽく浮いて見えてしまいます。出来ればテスターで自分の肌で試せるといいですね。
自分の肌と馴染んでナチュラルに仕上がる、「塗った!」という感じではないものを探しましょう。

ニキビ跡の色のタイプ別のおすすめ

赤みがあるニキビ跡

ニキビ跡に赤みがある場合、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。
赤みが強くてカバーしきれない、と感じたらグリーン系のものも試してみて下さい。

茶色、黒っぽいニキビ跡

茶色、黒っぽいニキビ跡には、肌の色に近いベージュ系のコンシーラーを使って馴染ませます。
色素が沈着してしまって塗ってもカバーしきれない場合、
もうワントーン暗いものにして少しパールが入ったものを試してみて下さい。光の効果も使ってさらにカバー力が出ます。

最近はネット通販でも購入出来ますが、最初に使う時はなるべく実際の商品を試して仕上がりを確認するのがおすすめです。
選ぶ自信がなければ、BAさんに相談することも出来ます。

まだニキビが治っていない場合は、薬用コンシーラー

普通のコンシーラーは「部分用のファンデーション」でもあります。
成分には油が多く含まれていて、ニキビ悪化の原因になってしまうんです。
主なニキビの原因となるのはアクネ菌という細菌。油はこのアクネ菌のえさになるので、普通のコンシーラーでニキビを覆ってしまうと悪化する原因になります。
どうしてもニキビの上からコンシーラーを使いたい時は、薬用のものを選ぶようにしましょう。
配合されている油の量は少なく、薬用成分が配合されていたりUVカット機能があるものもあります。
+αでニキビケアや肌を保護する成分が配合されているものがいいですよね。

上手なコンシーラーの使い方は?

ニキビ跡の形状によってコンシーラーの使い方は変わって来ます。
コンシーラーは化粧下地やファンデーションと組み合わせて使うのが一般的ですが、より効果的に隠せる手順が違うんです。

01b814dcab4ae465ab2288fead16d948_s

凸凹したクレーター状のニキビ跡

凸凹になってしまったニキビ跡を隠すためにコンシーラーを厚塗りしてしまうと、いかにも「塗ってます!」という印象になってしまいます。
まずは化粧下地をムラなく、顔全体に塗ります。毛穴カバー効果のあるものを選ぶのがおすすめです。
肌の凹凸は滑らかに、ファンデーションが均一に塗れるように準備してサポートします。
コンシーラーはその後に少しずつ塗っていきます。
ニキビ跡が目立たないように、色が気になる部分の周りから塗るのがポイントです。
全体の仕上がりを見て、まだ気になる場合はさらに少しずつ重ねて調整します。
仕上げにファンデーション・フェイスパウダーを乗せて終了です。

平らなニキビ跡

平らなニキビ跡の場合も基本的には同じです。
化粧下地を均一に塗った後に、色が気になる部分にコンシーラーを塗ります。
この時、前述したように色選びをしましょう。
出来ればコントロールカラーを使って調整すると更に隠す効果は高くなります。
その後でファンデーション・フェイスパウダーを使って完成です。

顔全体で見て塗りムラがあったり、明らかに部分的に厚塗りしてあるとかえって目立ってしまいます。
全体のバランスを見るのを忘れないようにしましょう。

ニキビ跡は根本から改善するのが一番

ニキビ跡はコンシーラーで隠すことは出来ますが、根本的にケアすることはできません。
ニキビ跡を綺麗にするためには、肌のターンオーバーを促すことが一番。
新陳代謝を促すことで肌の細胞を生まれ変わらせ、ニキビ跡を薄くして目立たなくすることが出来ます。

そのためには、日頃の生活習慣を見直すことが大切です。
食事の内容や睡眠時間、ストレスなどを見直してみましょう。
油っぽいものや甘いものを食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎていませんか?夜更かししがちではありませんか?
ストレスでやけ食いしたり、眠れなくなってしまうことも多いですね。
すぐに治すのは難しくても、徐々に改善出来ればOKです。
身体全体の健康にもつながりますので、長い目で考えて下さいね。

どうしてもニキビにコンシーラーを使うなら

あまり良くないことはわかっていても、肌が綺麗になるまでにどうしてもニキビ跡を隠さなければいけないことだってありますよね。
そんな時におすすめしたいコンシーラーをいくつかご紹介します。
ニキビを隠しながらもケアする成分が配合されているものを選ぶのがいいですね。
ここぞという時に使ってみて下さい。

e629b77fc884a5f1270a3830442dc992_s

薬用コンシーラーエテュセ 薬用アクネリアルフィットコンシーラー

ニキビケアをしながらも、気になる部分を自然に見せてくれる薬用コンシーラーです。
ニキビ、ニキビ跡の赤みや黒ずみを自然に目立たせなく見せてくれます。
黄みよりの色調に対応して3色配置されており、肌色に合わせてカバーします。
紫外線吸収剤不使用で、ノンケミカルUVカット(SPF12・PA+)です。

オルビス アクネスポッツコンシーラー

気になるニキビ跡をカバーするための、オイルカットの薬用コンシーラーです。
ポイント使いしやすいベージュ色と光を乱反射させるソフトフォーカス効果が採用されています。
気になる凹凸や赤味などの色むらを補正して自然な肌色に整えてくれますよ。
ニキビ肌でもメイクに自信が持てる肌に仕上がります。
薬用成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、植物性保湿成分・桑白皮エキスが配合されています。
SPF15のUVカット効果もあります。

ワトゥサ スーパーカヴァー・ファンデーションポッツ

口コミサイトのコンシーラー部門で一位を獲得した人気商品です。
スティックファンデーションですがコンシーラーとしても使えます。
べたつかず、ヨレにくく仕上がるのに気になるニキビ跡やくすみなどはしっかりカバーしてくれる優れものです。
全5色展開で、3ステップで誰でも簡単に自然な透明感・立体感のある肌を目指せます。

キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV

ストレッチ&光効果で気になるニキビ跡や肌の色ムラをしっかりカバーします。
ヨレやシワっぽさもなく、水・汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプでベタつきやテカリ、色ぐすみも抑えられますよ。
夏のレジャーでも気にせずに使えるのは嬉しいですね。SPF25・PA++のUVカット効果があります。

まとめ

ニキビやニキビ跡を隠すためのコンシーラーの使い方のポイントをご紹介しました。
ニキビやニキビ跡の色や形状によってコンシーラーの選び方を変えること、塗り方にコツがあるようですね。
根本的にニキビを改善するための生活習慣改善も必須ですが、ピンチの時にはコンシーラーの出番です。
素肌に近い仕上がりで綺麗な肌に見せましょう!