ニキビ跡を綺麗に隠すファンデーションって?人気ランキングで紹介!

出来てしまったニキビ跡を何とかして隠したい時ってありますよね。
即効性があるのは、やっぱりメイクでカバーする方法です。
そんな時に大切なのはファンデーション選び
基礎化粧の段階で上手にカバーできれば、ニキビ跡もそれほど目立たなくすることが出来ます。
今回は、ニキビ跡カバーにおすすめのファンデーションをランキング形式でご紹介します。

まるで素肌みたい?ニキビ跡が消えるファンデーションランキングベスト5

e629b77fc884a5f1270a3830442dc992_s

第一位:24h Cosme 24hスティックカバーファンデーション

スティック型のミネラルファンデーションです。
天然の保湿力でメイク中もスキンケアが出来る、というのが凄いですね。
さらに天然ミネラルの酸化チタンで紫外線を反射して肌に吸収されるのを防いでくれるんです。
紫外線吸収剤不使用ながらSPF50・PA+++と高い紫外線防止効果でアウトドアにも対応していますよ。
また、オレイン酸豊富であり、肌なじみの良い圧搾法で抽出されたツバキ油をはじめとしたシャクヤク、ショウブ根、ボタンなど19種類の天然保湿成分が配合されていて美容クリームの感覚で使えます。
伸びが良いので、ムラなくきれいに塗れてメイク時間も短縮。
べとべとせずにサラッとした自然に仕上がりです。
お肌の気になる部分をしっかりカバーしてくれるのに、天然成分で軽い使用感です。
サンゴパウダーが汗や皮脂を吸収するので、長時間メイクでも化粧崩れやヨレが気になりません。
日本人の肌色にあわせた5色のカラーバリエーションで、色々なタイプのニキビ跡にも対応しています。
クレンジングは不要で、石鹸で簡単に落とせるのもポイントです。
敏感肌の方には特におすすめのファンデーションです。

第二位:エスティローダー ダブル ウェアステイインプレイスメークアップ

「10cmの距離でも、15時間後でも美しい」がキャッチフレーズで人気のファンデーションです。
口コミサイトでも人気ランキングの上位をキープしています。
SPF10・PA++と紫外線も防いでくれます。
肌をさらっと滑る感触で滑らかにのびて、つけたところにピタッととフィットします。
セミマットな美しい仕上がりで色移りの心配も無し!
長時間きれいな肌を保つファンデーションとして、化粧崩れのしにくさが人気の秘密です。
全10色展開しているので、自分の肌に馴染む色を見つけやすいのポイントです。

第三位:資生堂 スポッツカバーファンデーション

顔の気になるシミ、ニキビ跡、やけどの跡、傷跡など、普段のメイクでは隠しにくい部分をカバーするためのファンデーションです。全
体用のベースカラーで薄いあざをカバーし、肌へのフィット感・カバー力に特に鵜グレタ部分用ベースカラーで気になる部分を集中的にカバーします。もちろんニキビ跡にも効果的です。
優れたカバー力でありながら自然な仕上がりで、色素沈着してしまったニキビ跡には特に効果的ですよ。
少量でもしっかりカバー出来る、と人気商品のようです。
全体用・部分用それぞれ3色ずつの展開です。

第四位:カバーマーク ブライトアップファンデーション

「カバーしているのに、隠したことを気付かせない。」がコンセプトの部分用スティックファンデーションです。
特殊パウダーがソフトフォーカス性を持っており、肌の小じわやキメの粗さを美しくぼかしてツヤを与えます。
独自のカラーバリエーションでシミや目の下のクマ・ニキビ跡の様々な肌トラブルにカバーしてくれますよ。
抱水性に優れた保湿成分であるラスティングデュウが配合されていて、お肌にツヤと潤いを与えます。
さらに、スティックから直接肌に塗っても密着性に優れているためファンデーションに自然に馴染んで崩れません。
まばたきや表情による動きにもよれないようライトフィットオイルも配合されています。
気になる部分をしっかりカバーしつつ、よれない、パサつかない、つやのある理想的な仕上がりが期待出来ますよ。SPF33 PA+++の紫外線カット効果もあります。
イエローベースとブルーベース、それぞれ2色展開です。

第五位:コーセー ファシオ ラスティング ファンデーション

汗・ 水・皮脂にも強い、ウォータープルーフ・皮脂プルーフタイプのファンデーションです。
高密着ポリマー配合で肌へのフィット性が高く、化粧崩れしにくくなっています。
皮脂プルーフ成分と植物性サラサラパウダーが配合されていて余分な皮脂をしっかり吸着し、サラサラした肌が続きます。
滑らかで肌馴染みの良いしっとりとした板状粉体と、軽やかな液状のエモリエントオイル配合で、付け心地も良く快適です。
SPF30/PA+++と、紫外線防止効果もあります。
化粧下地不要でメイク時間の短縮にもつながりつつ、ニキビ跡はしっかりカバーしてくれるファンデーションです。
全5色展開です。

ニキビ跡のタイプによって、隠すファンデーションの選び方が違う?

隠したい部分に、ただファンデーションをつけるだけでは上手く隠せないことも。
実は、ニキビ跡のタイプによってファンデーションの選び方は変わってくるんです。

e77b6cf8c1ab15fa3139c04fa1d07580_s

赤みが残っているニキビ跡は、色味を合わせて

ファンデーションの色は、本当なら自分の肌の色に合わせて選びますよね。
ピンク系やベージュ系などタイプがありますが、赤く残っているニキビ跡にピンク系の色をつけると赤味が更に目立って見えることがあります。
赤味があるニキビ跡に効果的なのは、色を打ち消してくれるベージュ系です。
暗めのトーンでイエローベースだと特に効果が高いとか。

ただ、自分の肌の色とあっていない色だと首やデコルテと顔の色が違って「厚化粧の人」感が出てしまう事も…。
ニキビ跡の赤みが強すぎてファンデーションではカバーしきれないな、と思ったら、コンシーラーやコントロールカラーを使ってからファンデーションを使ってみて下さい。

色素沈着したニキビ跡は、目立たせないようカバーする

茶色や黒っぽく残ってしまったニキビ跡は、色素沈着してしまっています。
なるべく目立たないように隠すためには、カバー力の高さを売りにしているファンデーションを使いましょう。
部分的にあるものは、コンシーラーを使って重点的にカバーするのも手です。

また、色素沈着の原因となるメラニンの生成を防ぐことも大切です。
紫外線などの外部刺激によってメラニンは生成されるので、UVカット効果のあるファンデーションや化粧下地を選ぶのも大切です。

クレーター状のニキビ跡には、とにかく低刺激のものを

クレーター状にデコボコになってしまったニキビ跡は、皮膚組織が奥の方まで壊れてしまったのが原因です。
ニキビによる炎症で肌が強いダメージを受けてしまっており、個人差はあるものの自然に改善するのは難しいのが現状です。
デコボコの状態によっても異なりますが、メイクで完全に隠すのは中々大変です。
デコボコが浅ければどうにか出来ることもありますが、深いものだと隠しきれないことが多いのではないでしょうか。

根本的な改善にはなりませんが、低刺激のものを選んで必要以上に肌に負担をかけないようにするのが大切です。
ミネラルが配合されたファンデーションやパウダータイプのものなどがおすすめです。
毛穴やデコボコにメイクが残りやすい状態になっているので、メイクを落とす時も注意するようにしましょう。

まとめ

ニキビ跡を隠すファンデーションの人気商品をご紹介しました。
しっかりしたカバー力がありながら、テカリや化粧崩れに強いものが人気のようですね。
ニキビのタイプによって色の選び方にコツがありますので、自分の肌と相性のいいものを見つける参考にしてみて下さいね。