ニキビ跡を綺麗に消したい!自力で消す方法ってあるの?

出来てしまったニキビが跡になると気になりますよね。出来れば綺麗に消したいものです。
どんなケアがニキビ跡に効果があるのか、そもそもニキビが跡になるのを防ぐにはどうすればいいのか…
それがわかれば、何かヒントが見つかりそうですよね。
そこで、今回の記事ではニキビが跡になる原因とl自力でニキビ跡を消す方法についてまとめました。
今日から取り入れられることも多いので、ぜひ試してみて下さいね。

ニキビが跡になる理由って?

そもそも、どうしてニキビが跡になって残ってしまうんでしょうか。
しかも、「ニキビ跡」といっても赤っぽい、茶色っぽくなった、さらには皮膚がデコボコしてしまっている、と色々なタイプがありますよね。
跡の残り方の差は一体何でしょうか。

210eefce34d2976d67fa707963442d1d_s

ニキビの原因菌が炎症を起こすと跡が残る

原因の菌が皮膚で繁殖して炎症を起こした状態が「ニキビ」です。
炎症によって皮膚はダメージを受けてしまいます。
このダメージの程度によって、ニキビ跡の様子に差が出てくるんです。

赤いニキビ跡は増殖した毛細血管

ダメージを受けて傷ついた皮膚は、修復しようとして毛細血管を増やします。
流れる血流量を増やして新陳代謝を活発にするんですね。
顔の皮膚は元々薄いものですが、ダメージを受けているとさらに薄くなります。
薄い皮膚から毛細血管が透けて見えると赤く見える、というわけです。
この状態なら、ニキビ跡になったとしてもまだ初期症状です。
そのまま自然治癒力に任せても綺麗に治ることがあります。
でも、放置しておくのはおすすめできません。

茶色いシミのようなニキビ跡は、色素沈着によるもの

茶色っぽくシミのような状態のニキビ跡は、メラニンが色素沈着したのが原因です。
ニキビの炎症によって肌がダメージを受けると、表皮の奥に存在する「メラノサイト」と呼ばれる細胞が活性化してメラニンを大量に生成します。
紫外線などの刺激でもメラニンが生成されるので「予防しましょう」と言われているんですね。
ニキビによる炎症が酷くなってくると、生成されたメラニンが皮膚の奥の「真皮層」と呼ばれる部分に到達してしまいます。
こうなってしまうと、中々跡が消えません。
この状態が「色素沈着」と呼ばれているのです。

クレーターのようなデコボコは、肌に強い炎症が起きた結果

ニキビによる炎症が重症化すると、原因となるアクネ菌が皮膚の周辺組織を破壊しながら増殖していきます。
身体の防御反応として、白血球が炎症を食い止めようと皮膚の細胞を壊します。
これが皮膚の奥の真皮層で起きてしまうと、ターンオーバーで肌を均一に再生するのが難しくなってしまいます。
ダメージを受けていない部分と受けている部分のターンオーバーのペースが違ってしまうので、デコボコの状態、いわゆる「クレーター」となってしまいます。

しこりになって目立つのは、繰り返し同じ場所にニキビが出来たから

ニキビがあったところに、しこりのような跡が出来ることがあります。
これは、コラーゲンが過剰に生成されたことが原因です。
同じ場所で炎症を起こしたり、化膿させたりすると、真皮層にまでダメージが到達します。
すると、ターンオーバーが乱れて過剰にコラーゲンを生成してしまうのです。
それが固くなってしこりのようになることがあります。顎のラインに出来やすいようです。

 

あなたの気になるニキビ跡はどのタイプでしょうか?
炎症が軽度のうちに食い止められれば、消えない跡になるのを防げる確率は高くなります。

 ニキビ跡のタイプによってスキンケアを変える!

では、タイプ別にニキビ跡の原因がわかったところで具体的なスキンケア方法を見ていきましょう。
ニキビによる炎症の段階が違うので、タイプによって方法を変えることをおすすめします。
スキンケア用品の成分に着目して考えてみました。

2b6aba82114bdcd63ca9085529e06cf5_s

赤みを持っているニキビ跡

赤みのあるニキビ跡をケアする上で大切なのは、起きている炎症をなるべく早く抑えること、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」を促進することです。
炎症が皮膚の奥にまで到達してしまうと、ダメージが大きく跡が消えにくくなってしまうんでしたよね。

スキンケア用品でおすすめの成分は、抗炎症成分である「グリチルリチル酸ジカリウム」や「ビタミンC誘導体」が入ったもの。
また、ダメージを受けた肌は固くなってしまい、成分が奥まで浸透しにくくなります。
併せて肌を柔らかくしてくれる保湿効果がある成分が配合されているものを選んで下さいね。

色素沈着しているニキビ跡

色素沈着してしまった場合は、美白効果のある成分が配合されたものを使いましょう。
色素沈着を薄くするだけでなく、新たにメラニンが沈着するのを防いでくれる効果もあります。
また、肌のターンオーバーを正常化するためにも保湿成分がしっかり配合されているもの。
ターンオーバーによって肌が新しく再生されれば、内部の色素沈着も次第に薄くなっていきます。
具体的な成分としては、「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「プラセンタエキス」「トラネキキサム酸」などがおすすめです。

クレーター状になっているニキビ跡

クレーター状になってしまったニキビ跡を自力で完全に治すのは、残念ながら非常に難しいと考えて下さい。
でも、治すことは出来なくても目立たせないようにすることは可能です。
そのためには、肌に潤いとハリを持たせること。デコボコを目立たなくするのです。
肌を保湿しながらハリを与える成分が配合されたスキンケア用品を使ってしっかりケアして下さいね。
「ヒアルロン酸」「セラミド」「スクワラン」「コラーゲン」などが配合されたものがおすすめです。

生活習慣の改善も大切

全てのタイプのニキビ跡にとって「ターンオーバー」が正常に行われるようにすることはとっても大切です。
スキンケアが外側からのケアだとしたら、ターンオーバーは肌の自己再生機能による内側からのケア。
これを整えることは、スキンケアの基礎とも言える大切な事です。
ターンオーバーを正常化するには、身体の新陳代謝がきちんと行われる状態にすること=生活習慣を改善すること
がとても大切です。
毎日の積み重ねが大きな差になるかも。あなたはどうでしょうか?

睡眠不足

肌のターンオーバーは寝ている時に行われています。
特に午後10~午前2時の間は「肌のゴールデンタイム」。
身体の代謝をアップする成長ホルモンが分泌される時間帯です。
平日は無理なら休日だけでも、なるべくゴールデンタイムには睡眠をとれるように努力してみましょう。

食生活の乱れ

甘いものや油っぽいものの食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ。
たまにならいいとして、日常的になっていませんか?
美肌に欠かせないビタミンやミネラルが足りないと、肌が荒れやすくなってしまいます。

運動不足

軽い運動で代謝をあげることは、ターンオーバーの促進にも効果的です。
「会社の一駅手前から歩く」「なるべく階段を使う」など、小さなことから始めてみて下さい。

ストレスのたまりすぎ

ストレスをため込み過ぎても代謝が悪くなるのだそうです。
いつでもストレスフリーの生活、というのは中々難しいですが、自分に合ったストレス解消法を探しましょう。
軽く体を動かすのは、代謝も上がって一石二鳥です。

まとめ

ニキビ跡を消すために、原因と方法をご紹介しました。
炎症の程度によってニキビ跡の残り方が違ってきます。
なるべく早い段階で食い止め、意識して保湿・美白成分を補給するようにしましょう。
日常生活の習慣も、ターンオーバーを整えるには決して無視できません。
肌のためだけでなく健康にもいいことばかりなので、これを機に見直してみてはいかがでしょうか。