ニキビ跡にはレーザー治療が効く!どんなものなの?値段は安い?

「ニキビ跡を綺麗に治せる」ということで、レーザー治療を考える方も多いようです。
「レーザー」というと「痛そう」「値段が高そう」などのイメージを持たれることもありますが、ニキビ跡には非常に効果的と言われています。
そこで、今回はニキビ跡のレーザー治療について、種類やおすすめの美容皮膚科などをまとめてご紹介します。

レーザー治療はなんでニキビに効くの?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

自力では改善が難しいニキビ跡の最終手段として、美容皮膚科などで施術を受ける方法があります。
特にクレーター状になってしまったニキビ跡に対して、非常に効果を発揮するのがレーザー治療です。
レーザー治療にも色々な種類がありますが、なぜクレーター状のニキビ跡に効くのでしょうか。
種類によって多少の差はありますが、レーザー治療で行うのは大半が次の3つです。

  • 肌の表面を削る
  • 皮膚の細胞を新しくする
  • コラーゲンの生成を促す

ニキビ跡がクレーター状になってしまうのは、肌の奥の真皮層にまでニキビの炎症によるダメージが届いてしまっているから。
ダメージを受けた部分が線維化して固くなると、肌の新陳代謝であるターンオーバーが均一に行われずにデコボコしてしまうのです。
デコボコの凸の部分を削る、皮膚の奥からターンオーバーを活性化させる、コラーゲンの生成を促して凹の部分を埋める、といった狙いでレーザー治療は行われるのです。

ニキビ跡に使うレーザー治療の種類や特徴は?

では、実際に治療に使うレーザーの種類を見てみましょう。
顔だけでなく、背中やデコルテなど気になるところも施術可能か、治療期間はどれくらいかかるのか、といった特徴もご紹介します。
気になる値段も調べてみましたよ。

炭酸ガスレーザー

レーザー治療の中でも一番メジャーと言えるかもしれません。
「CO2フラクショナル」という施術を導入している施設が多いようです。
レーザーを細かい点状に皮膚に照射する方法で、これまでのフラクショナルレーザー治療と比べると痛みは少なく、施術後の赤みも残りにくいと言われています。
1回の照射で約10%~15%の肌の細胞が新しく生まれ変わるとされている方法です。
費用は1回あたり約1〜5万円、治療期間は1クールにつき5回前後であることが多く、その場合は肌を休ませるダウンタイムを含めて半年ほどかかることが多いようです。

フラクセル2

ダメージを受けてしまった肌のターンオーバーを促す目的で施術が行われるのがフラクセル2です。
レーザー治療の中では比較的気軽に受けられる部類で、レーザーで皮膚を蒸散させて肌を引き締める熱収縮作用に加えて皮膚のターンオーバーを促して綺麗な肌を目指す目的での施術です。
毛穴も引き締まり、肌のキメも細かくなりますよ。
背中など身体全般の治療に効果がある方法で、ニキビ跡以外にも妊娠線や傷跡の治療としても取り入れられています。施術後はヒリヒリするような痛みを感じることもあるようです。
1回の料金は約1〜10万円程で、治療期間は1クールにつき3~5回前後が目安とされています。
完了まではダウンタイムを含め半年弱かかることが多いようです。

アンコア(ブリッジセラピー)

最先端の肌再生治療と言われているのがアンコアです。
使うのは炭酸ガス(CO2)レーザーですが、今までの種類のレーザーでは届かなかった肌の深部の治療が出来るとして注目されています。
特にクレーター状にデコボコになったニキビ跡に効果的だと言われているんです。
強力なレーザーなので一回当たりの治療効果は非常に高いですが、ダウンタイムが長い、痛みを強めに感じるので麻酔が必要になる、などの側面もあります。
肌が滑らかになるだけでなく引き締まる効果もあり、ハリのある肌に出来ると言われています。
費用は一回当たり約10万前後と少々高めで、大体2、3ヶ月に1回の照射を行います。完了までは大体3回程度、半年~一年弱の期間がかかるようです。
強力なだけに費用や時間はかかりますが、仕上がりも綺麗です。

サイトンレーザー

「キング・オブ・レーザー」だと海外で話題の最新レーザーです。
ニキビ跡の最新の治療法ですが、まだ取り扱っていな施設も多く、希望する場合は施設選びから注意して行う必要があります。
肌表面を薄く削ってスベスベにするのがこの治療法で、コンピューター制御によって小さな点状にレーザーを照射します。
ニキビ跡のみに直接作用して他の部分には極力ダメージを与えずに済むのがメリットです。
皮膚表面を均一に削り取る「エルビウムヤグレーザー」、肌をクーリングする「サーマスキャン」、色素沈着を改善する「ブロードバンドライト」の3種類の治療を一台の機械で行います。
皮膚を削るので痛みは強く、ダウンタイムは長め、最新治療なので値段も高めです。
でも、最新のレーザーということもあって治療効果は今までのレーザー治療よりも高くなっています。
費用は一回当たり約30万前後、治療期間は1クール5~7回程度で半年~一年ほどかかるようです。

紹介した費用や治療期間はあくまでも目安で、治療する範囲や効果の出方などによって個人差が大きいと考えて下さいね。
実際に施術を受ける前にカウンセリングを受けることになりますが、その際に納得いくまで説明を受けましょう。

レーザー治療を受けられない人はいる?

  • 妊娠中や妊娠の可能性がある
  • 光過敏症である

この場合は、レーザー治療を行うことは出来ません。

また、

  • 病気の治療中である
  • 敏感肌
  • レチノイン治療を受けてから1ヶ月以内
  • レーザー治療や光治療などを受けて2週間以内
  • 過去に治療でヘルペスを起こした事がある

といった場合も施術を受けられない可能性がありますので、事前に申告して施術可能か確認して下さいね。

ニキビ跡の治療におすすめ美容皮膚科は?

ニキビ跡のレーザー治療を行ってくれるのは、自由診療のため美容皮膚が主になってきます。
たくさんある美容皮膚科ですが、全国展開していて比較的受診しやすいクリニックをご紹介します。

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

品川スキンケアクリニック

全国に42院を展開する品川スキンケアクリニックでは、ニキビ跡のトライアル治療を行っています。
治療時間は20分で4,170円+税で顔全体一回の施術を受けることが出来ます。
痛みや腫れを最小限に抑えた治療を目指しており、炭酸ガスレーザー治療、ケミカルピーリング、サーマク―ルなど、1人1人の肌の悩みに合った施術を受けることが出来ますよ。
カウンセリングも無料なので、まずは相談してみましょう。
品川スキンケアクリニック

城本クリニック

炭酸ガスレーザーをはじめとした様々な種類の中から、1人1人にあった効果的なものを選んで施術が行われます。
レーザー治療以外にも、ピーリングやダーマローラーなど効果があると判断されたものを組み合わせていくようです。
カウンセリングも無料で、メールでもOKです。
城本クリニック

湘南美容皮膚科

「3方良し(お客様に喜んでいただく、スタッフが幸せになる、社会に貢献する)」を理念とする湘南美容皮膚科では、レーザー外来での治療を受けることが出来ます。
デコルテや背中など、身体全体での治療が可能であり、料金体型も明確です。
定期的にモニター募集しており、リーズナブルに施術を受ける機会も多いですよ。
湘南美容皮膚科

まとめ

ニキビ跡のレーザー治療についてご紹介しました。
値段や治療期間には幅があるものの、ニキビ跡には非常に効果的なのは変わりありません。
自分に合ったクリニックを見つけて、納得のいく治療を受けられるといいですね。