糖質制限ダイエット停滞期の正体!安全確実に痩せる2つのポイント

糖質制限ダイエットにても、ダイエット全般的に言えることですが、ある日突然痩せなくなる時期が来ます
あれだけ痩せてたダイエットももう終わりか、やっぱり痩せないじゃんと多くの方がお嘆きになっています
実は、この状態こそ停滞期と呼ばれるものです。
そこで諦めると全ては水の泡。痩せた体重もすぐに元通りになります。
そうなる前に、上手くいくコツをお伝えします。
停滞期になる仕組みを理解して無理のないダイエットにしていきましょう。

糖質制限ダイエットは停滞期に陥りやすい!

N112_hooduewotukujyosei_TP_V
夜の中様々なダイエットがある中で、糖質制限ダイエットは停滞期になる確率が高いと言われています。
それもそのはず、人間の動かすエネルギーとして、重要な糖質を制限しているのです。
その証拠に糖質制限をすることによって、体は、命に関わるぞこれはまずいと判断しやすいのです。
停滞期がやってくる時期は人によって違いますが、平均2週間から1ヵ月は続くと言われています。
この機能については、後ほど説明致します。
では、何故あなたは停滞期になって、痩せたくても痩せないんでしょうか?

何故おとずれる糖質制限ダイエットの停滞期!その理由とは?

db5a7f819844954ebad53037582cc509_s

1ヶ月に体重の5%以上減少している

まず、考えられることが、あなたが目指そうとしている体重についてです。
よくダイエットの口コミなんかで、1ヶ月で10kg痩せたというものを見ると思います。
そうすると、このダイエットは私でもそれくらい痩せられるんだと思い込んでしまうのです。
ダイエットは、この糖質制限ダイエットにも言えることですが、いくら頑張っても1ヶ月はあなたの体重の5%しか減りません
それ以上の減量は、体が命が危ないと判断してある働きをするのです。

ホメオスタシスのスイッチがON

その働きがホメオスタシスという機能です。
この機能は、太古の昔から人間が生き残るために身につけた能力です。
現代人である我々が、そうやすやすと能力を変えられるはずがないのです。
ダイエットをしている人にはもう余計な機能をと思っていますが、体にとっては重大事項と判断して、体重の減少を抑えてしまうのです。
これが停滞期の正体です。
しっかり理解して計画を立て直し、ダイエットを成功させましょう。
では、どういったことにきをつければいいのでしょうか?

停滞期を乗り越えるためにあなたができる2つのこと

businessman_dekiru_woman

目標を1ヶ月に体重の5%未満の数値を設定

まずは、あなたの理想の体重の設定よりかは、糖質制限ダイエットで1ヶ月の減量を現在の体重の5%未満に設定しましょう。
この値なら、体も命に関わると判断しない限界値だと言われています。
そうすると、時間はかかりますが、確実に安全に理想の体重へと近づけます。

チートデイを絶対設ける

忘れてはいけないのが、1日だけ糖質制限を止める日を作ってください。
極度に減量してしまった場合には、体に危険じゃないぞと教えないとこれ以上の減量には残念ながらつながらないからです。
そして、よく糖質制限を行うにあたってすぐ効果がでるとよく聞きますが、実際はそうでもないことも理解しておきましょう。

知っておこう糖質制限ダイエットの効果の出方

fb31cedd2139ac50ce54a42960eca92c_s

始めた当初は体重が減れど痩せていない事実

糖質制限ダイエットの魅力は、始めてすぐに痩せることですが、この痩せているのは、内臓脂肪ではなく、外側についている余計な水分等のものが排出されたに過ぎません。
すぐ成功とは、思わない方がいいでしょう。

真の意味でも痩せた!は2週間経ってから

この内臓脂肪がとれはじめるのはだいたい停滞期がやってくる2週間後からと言われています。
つまり、糖質制限ダイエットをして成功するにはそれくらいは計画を見積もらないといけないことになります。
甘い計算では内臓脂肪は取れないまま勘違いで終わってしまうことにつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はダイエットの停滞期の正体とその乗り越える方法をお伝えしました。
成功に導くためには、1ヵ月の減量を現体重の5%未満に設定し、チートデイを設けて無理のない範囲で楽しみましょう
体が危険じゃないと判断しているうちは、確実に痩せます。
停滞期のあなた!今ここで諦めたらそこで試合終了ですよ。
今日も頑張りましょう。