糖質制限ダイエットにプロテインが必要なたった1つの理由!

糖質制限ダイエットは、糖質を抜いてしまうのでその時点でどうしても食生活のバランスが乱れがちになってしまいます。
ということは、このままバランスを摂るには、他の栄養素がその分増えてしまうことを意味します。
糖質に含まれている炭水化物、脂質、たんぱく質は、三大栄養素ともいわれ食生活にとって大変重要な位置を占めます。
糖質以外何でも食べられるとなると、みなさん脂質に目が行きがちですが、脂質を食べすぎると、余計な脂肪ががっつりついてしまいます。
そして、何よりも糖質制限ダイエット中は、筋力の低下が心配です。
糖質を頑張って抜いた結果、階段の昇り降りがしんどくなった人もいます
あなたもダイエットするからにはこのような結果にはなってほしくないですよね?
この筋力低下を防止する役割にあるのが、プロテイン、すなわちたんぱく質なのです

 

糖質制限ダイエットにひょっこり現れるプロテイン何故か?

no-entry-1829103_640

筋力低下を防止するためだから

よく糖質制限ダイエット以外でも聞かれるプロテイン。
一瞬なにこれ?とあなたも思ったことはありませんか。
このプロテインの役割は、筋肉をつけることにあるので、よくスポーツ等激しい運動をしている人には欠かせないものになります。
だからといってどうして糖質制限ダイエットで使われるのかというと、糖質制限は筋力ごとごっそり痩せるので、何も病気じゃないのに見た目がなんかヤバイ感じになってしまうのです。
それを防止するために、用いられるのがプロテインなのです。
それでは、そのプロテインとは何なのでしょうか?

 

そもそもプロテインとは何か?

たんぱく質を英語でいったもの

プロテインは、日本語に直すとたんぱく質という意味になります。
たんぱく質というと、食生活では欠かせないものになります。
炭水化物、脂質と並ぶくらい重要なものになります。
そして、たんぱく質には2種類分かれます。
それは、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質に別れます。

たんぱく質には2種類存在する

■動物性たんぱく質

cartoon-32115_640

動物性たんぱく質は、読んで字のごとく動物から取れるたんぱく質のことを言います。
肉・魚・牛乳・卵が動物性たんぱく質の代表格です。
たんぱく質もとれますが、摂取しすぎると脂質もがっちりなので、バランス良く食べることが重要です。
逆に摂りすぎないと、体がむくんだり、髪の毛が抜けやすかったりすると言われています。

■植物性たんぱく質

soy-1831704_640
植物性たんぱく質とは、読んで字のごとく植物から取れるたんぱく質のことを言います。
大豆類が代表格とされ、脂質も少ないので、魅力的ですが、糖質制限ダイエットをやっているときはこちらを優先にとって、動物性たんぱく質もそれなりに取らないと、筋力低下につながりかねません。
できるだけ、合わせた食事がオススメです。

 

糖質制限ダイエット中のプロテインの1日の目安摂取量は?どれくらい?

糖質制限ダイエットをしているときには、あのライザップでもプロテインの摂取を勧められるそうですよ。
その量は自分の体重分×2倍(g)が推奨だと言われています。
体重60kgの人は120gくらいが丁度いいということです。
糖質が減った分ここでバランスを摂っている感じがします。
ダイエット中でも、三大栄養素は外せないということですね。
どこかを抜いていまうとそれだけ過多になってしまうもの。
いっぱい食べられるのは嬉しいことですが、やはり食べ過ぎには注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は糖質制限ダイエットとプロテインのことについて述べてきました。
最初、糖質制限とプロテインって全然関係ないと思っていましたが、実はそうではありませんでした。
糖質を抜く分、食生活のバランスをとるには、脂質とたんぱく質を取らないとすぐに乱れてしまいます。
プロテインとは、たんぱく質のことを指し、動物性と植物性由来のものに分かれます。
糖質制限ダイエット中では、両方のたんぱく質をまんべんなく摂取しないと、後々筋力低下にもつながりかねません
やはり、食を取り扱う以上は、何事もまんべんなくといった方がダイエット中でも食生活が乱れにくいと言われています。
プロテインとして売られているものもありますが、できるだけ食事からいただきましょう。