認可保育園が無償化?保育料の基準は?補助金が貰える条件は?

「保育園に入れない」と話題になって久しいですよね。
認可・認可外問わず、いわゆる「保活」に奔走する保護者達は未だに多いようです。
そんな中で「2019年から認可保育園が無償化する!」という情報を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
そもそも保育料の基準はどのように決められているのか、補助金が貰える条件は厳しいのか…。
今回は、保育園無償化に関わる疑問点をまとめて調べました。両親とも就業しているご家庭は要チェックです!

認可保育園が無償になるって本当?

201810月、日本政府は「幼児教育・保育の無償化政策を2019年10月から実施する」とした方針を発表しています。
消費税の引き上げ分を国民に還元する政策の一環として行われます。

保育園児全員が対象になるの?

「保育園児」と言っても、05歳まで様々な年齢の子が通っていますよね。
全員が無償化の対象になるのでしょうか?

実は、保育園児の年齢と世帯年収によって条件は変わってくるようです。

補助金を貰うための条件

  • 02歳児の場合、世帯年収250万円未満の住民税非課税世帯のみ
  • 35歳児の場合、親の所得に関係なく全員

全国平均の保育料である月額3万7,000円を上限に支給されます。

201910月からの実施予定ですが、例外として5歳児のみ20194月から無償化されるようです。

若い世代の夫婦は「教育費の負担が大きい」と、考えて子どもを持つことを躊躇している人が少なくありません。
現在、日本の少子化は深刻な問題になっていますよね。
保育料の無償化によって少子化対策にもなる、と考えられているようです。

認可外保育園はどうなる?

今は認可保育園に入りたくても入れない世帯もたくさんありますよね。
また、最近は働く保護者の増加に伴って預かり保育を行っている幼稚園も増えています。
「うちは対象にならないの?」「認可保育園ばかり優遇されているなんて、不公平!」
…といった感想を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

認可外保育園であっても、認可保育園と同じように上限3万7,000円の補助を受けることが可能になります。
これは3歳~5歳児の場合で、0歳~2歳児の場合には住民税非課税世帯でも上限42,000円の補助を受けることになります。

国が定める指導監督基準を満たしているかを参考にして、保育の質が保たれている認可外保育園も対象とする方針のようです。
また、幼稚園の預かり保育や、企業主導型保育所、ベビーホテルなど幅広い施設が対象になります。
認可保育園に入れなかったご家庭も安心して下さいね。

まとめると「就労時間などで市区町村の保育認定を受けた場合に指導監督基準を満たす施設に在籍していれば補助金が貰える」ということのようです。

最初は認可保育園のみ対象とされていましたが、保育園不足で認可園に入りたくても入れない世帯が多数存在することから、かなり批判を受けて変更されたのでしょう。

保育料の基準は?

認可保育園の保育料は、世帯の所得から計算されています。
住民税のうち保護者等が所得に応じて市町村に納める「所得割」の金額が基準になります。
この金額の全国平均が、補助金となる37,000円ということです。
地域によってはこれ以上になる場合もあることを知っておきましょう。

うちの場合、保育料はいくらになるの?

「実際払う保育料はいくらになるの?」保活中の方は特に気になるポイントですよね。
まず、保育を希望する時間と自分の世帯の市町村民税の所得割額を調べ、一覧から当てはまる保育料を割り出します。
ちなみに、48月までは前年度分の市町村民税の所得割額、93月までは当年度分の市町村民税の所得割の額で保育料が決定されます。
自治体の窓口に問い合わせると教えてくれますよ。
ただ、保活のピークである10月~12月頃は避けて確認するのが無難でしょう。

認可外保育園は、「無償化」されるとは言えない?

認可外保育園も対象になっているとはいえ、一般的に認可保育園よりも保育料が高額である場合が一般的です。「全然足りない!」というご家庭も少なくないでしょう。
補助金が頂けるのはありがたいことに変わりないのですが…

実は、我が家もそんな家庭の1つです。
保育園激戦区在住ということもあり、一年の待機児童を経験した後に認定保育園(自治体の定めた指導監督基準を満たす園)に入園。
「無償化する!」と喜んだものの、頂ける補助金は保育料の半額ほどなんです。

でも、ちょっぴりがっかりしたものの…「認可保育園に預けた場合と、さほど支出に変わりないのでは?」という結論に達しました。
認可外保育園から認可保育園に転園希望するケースも多々ありますが、我が家は就学まで今の園にお世話になる予定です。

その主な理由を2つ、ご紹介したいと思います。

「それでも認可外保育園がいい!」その理由とは

駅からすぐ近くにある

最寄り駅から大人の足で徒歩2分もあれば到着します。
帰宅途中にもかかりつけの小児科に始まって、スーパー、ドラッグストア、八百屋、魚や、お惣菜屋…足りないものがあっても買って帰れます。
仕事が長引いて延長保育ギリギリになってしまっても、最寄り駅から急げばすぐに保育園に到着します。
おかげで延長保育時間になったことは現時点ではありません。

認可保育園であっても自宅から最寄り駅まで逆方向だったり、通園に徒歩15分以上かかったり、自転車必須の場所にあることは珍しくありません。
復職すると、とにかく時間との勝負になります。
子どもが小さいうちは尚更そうなんだろうな…と実感します。
実際に復職してみて「時間をお金で買っている」と考えたら、多少高くても10分や15分でも時短出来る方を選びたいと思いました。

保育時間中の教育内容が多彩である

現在の保育園では、幼児クラスになると週一回、保育時間中にスイミングスクールに送迎してくれます。
これには別途料金が必要ですが、仕事が休みの日に習い事の送迎をする手間を考えるとかなり割安
しかも集団割引なのか、個人で同じだけ通うよりもレッスン料が安いみたいです。聞いてみるとほぼ全員が利用しているとか。

乳児クラスでも英語、リトミックの先生が来てくれています。
学年が上がると書道、サッカーなどのカリキュラムが増えていくんだとか。
それぞれ短時間かもしれませんが、色々な経験をすることで好きなものを見つけやすくなるかな…と期待しています。これらはオプションなしで保育料の範囲内。
やっぱりそれぞれを習わせようとした場合の手間・費用を考えるとお得なんです。

我が家では、このような考えから「習い事に通わせた場合、自転車を使った場合の駐輪場の利用費などをひっくるめて考えると、認可保育園に通った場合とそう変わらない費用になる」という結論に達しました。
何より、子ども自身が毎日楽しく通っていますしね。

認可保育園・認可外保育園も園によって様々な保育内容を実施しています。
「認可外は嫌!」と最初から決めつけずに考えてみるのも大切だと思いますよ。

ぜひ、保育料に加えて

  • 自宅、駅、保育園の距離
  • 保育内容・カリキュラム

も考えての保活をおすすめします!

まとめ

認可保育園の無償化について、現在わかっている情報をまとめてご紹介しました。
2019年10月から、3~5歳児に対して月額で上限3万7,000円の補助金が出ることになっています。
条件さえ満たせば、認可外保育園に通っていても同じ条件で補助金が頂けると考えてよさそうです。
認可外保育園の保育料が一般的に高額になることが多いため、ますます認可保育園への入園が激戦となりそうですが…ぜひ保育内容や通園時間のことなどもひっくるめて考えてみて下さい。
意外と教育費が変わらないかもしれませんよ。