下戸は体質改善で克服できるのか?衝撃的な事実とは?

あなたはご存知でしたか?
お酒が飲めない(=下戸)を体質改善で克服できるのは、本当にごくまれであることを。

では、下戸は下戸のまま諦めないといけないのでしょうか?
体質改善という根本的な対策は諦めて、まずはお酒を飲むとくる症状の軽減を目指されるといいかと思います。

今回は、下戸は体質改善で克服できるのはごく少数である理由下戸の目指すところ
また日本人の下戸における『衝撃的な事実』について説明致します。

 

下戸を体質改善できるのはごく少数であるわけとは?

drinking-session-1905351_640

下戸の営業マンは特に自分の体質を少しでもいいからなんとかしたいと思っていることです。

巷では、飲み会前にウコンを飲むとかしじみのサプリを取るとかいろんな対策法がありますが、必ずしもよくなるとは限らないのです。

その原因は下記にありました。

理由①下戸は遺伝子レベルの問題

まず、下戸というのは遺伝子レベルでの問題という理解が必要です。
つまり、生まれ持っているものです。

生まれ持っているものを根本的に解決するには、遺伝子情報を書き換えないと無理です。
となると、下戸の方に残された道は、アルコールを飲んだとにくる症状の軽減が一番の策と言えます。

理由②ごくまれに飲酒によってアルコールに強くなる人がいる

実際のところ、ごくまれにですが飲酒によってアルコールに強くなる人がいます
数に関しては、あまり期待できないのでやはり下戸にお酒の無理強いはご法度になります。

お酒を飲めるようになってから注意したいのは、アルコール依存症です。
アルコール依存症になれば、下戸の改善とは別の問題が発生するので、仮にアルコールが飲めたからといって安心するのはまだ早いです。

 

知っておこう!アルコールが入ってきたときの体内の話

anatomy-254129_640

下戸の人に知ってもらいたいことがあります。
それは、アルコールが体内でどうなるかの話です。
症状を軽減させるためには、あなたの体内でアルコールを摂取をするとどういった経路で体の外に出るのかです。

アルコールは体内に入ってから主に3段階で体の外に出ます。
下戸の方は、主に分解する面が弱いのでどうしても毒素が体の中に残ってしまい症状が出てしまうのです。

1段階目:アルコールは血管を通って胃と肝臓に運ばれる

まず、アルコールを飲むと、胃と肝臓に運ばれます
割合は胃が20%、肝臓が80%となるので、ほとんどが肝臓に行くものだと思っていただいて大丈夫です。

この段階では、下戸の方もそうでない方も共通しています。

2段階目:肝臓にアルコールが来たらアセトアルデヒドという毒素に分解される

次に肝臓でアセトアルデヒドという毒素に分解されます。
この物質が厄介なものですが、ここでも下戸の方もそうでない方も同じように分解されます。

実は最後の段階で、分解できるかそうでないかによって違いが出てきます。

3段階目:アセトアルデヒドは更にアルコール脱水素酵素を用いて無害なものに分解され体外へ

最後の段階は、毒素を含んだアセトアルデヒドという物質を無害な物質に分解しないといけません。

体内に毒素が残っていては、このあとでも紹介しますが、戻してしまったり、記憶がないほど泥酔したりするのです。

アセトアルデヒドは、アルコール脱水酵素というものを用いて無害なものに分解してから体外に放出されます。

下戸の方とそうでない人の違いは、この無害なものに分解する力が他の人に比べて弱いということになります。

つまり、怖い結果となりますが、下戸の人がアルコールを飲むと体内に毒素が残ったままの状態になるのです。
このままでは、もちろん体が持つわけありません。
だから、下記の症状につながるのです。

 

肝臓でうまく分解されないときになる症状とは?

being-alone-513526_640

あなたもよく聞く、二日酔い、その場で戻してしまったり、記憶がなくなってしまうほど酔ってしまったり・・・一人はいると思います。

実はこれらの症状、アルコールの分解が弱い人に起こることなのです。

リバース

まずは、お酒を飲んだら戻してしまうリバース。
こちらは典型的な、下戸の方に見られる症状です。
それ以上、強要して飲ませるといつかは急性アルコール中毒になって大変なことになります。

お酒にひどく酔ってしまう

お酒を飲んですぐ酔ってしまう人も、会社の中で一人はいるものです。
実はすぐ酔ってしまう人も、アルコールの分解が弱い人に見られます。
特に数杯程度で酔ってしまう人は、要注意です。

二日酔い

実は二日酔いもアルコール分解が弱い人に起こります。

結構時間が経ってるのに、関係ないじゃん!と思う人もいるかもしれませんが、下戸の人にもそうでない人も、体調が整っていない状態でお酒を飲むと、アルコールの分解も準備できていないのでなりやすいのです。

急性アルコール中毒

下戸の方で一番避けてほしいのが、急性アルコール中毒です。

これは本当に最悪の場合、死にもつながってしまうので、少量でも顔が赤くなったりする人は特に注意しておきましょう。

 

何故あなたは下戸の体質を持ってしまったのか?

 

question-mark-2123967_1280

では、どうしてあなたは下戸の体質になったのでしょうか?
その理由が以下のとおりです。

遺伝なので先祖代々お酒が弱いことになる

下戸は、遺伝子レベルであると申し上げましたので、先祖代々お酒が強い遺伝子ではなかったということになります。

だからといって、両親を恨まないでください。

いくら酒豪でもお酒を飲みすぎると肝臓に負担が来ます。
肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれているので、今日も大丈夫大丈夫!といってお酒を飲んでばかりいると知らない間に病魔が襲ってきます。
気がついたときにはもうすでに手遅れということが肝臓に限ってはよくあることです。

そういう点を考えたら、下戸の方のほうが肝臓はそれほど傷つきにくいことになるのではないでしょうか。

 

うちの会社お酒の強い人ばかりだよと思うあなたに衝撃的な事実

man-211505_1280

会社員のげこの方はいつも、思っていることがあります。
うちの会社、酒豪ばかりで下戸は私一・・・嫌だな・・・と考えていませんか?

確かに会社という狭い範囲を見れば、嫌な気持ちがふつふつとしますが、ここで衝撃な事実をお伝えします。

日本人はもともと欧米人に比べ下戸が多い人種だった

実は、日本人は下戸が多い人種なのです。
なので、私だけ下戸と思わなくてもいいのです。

多くの人が、無理をしてお酒を飲んでいる場合もあります。
もし下戸なら、お酒が弱そうな人を見つけて相談するのもありだと思います。

酒豪の遺伝子を持つのは、欧米の人に多いので、先祖代々どこかで国際結婚をして遺伝子を手に入れたという可能性も捨てきれません。

それでは、下戸はどうすれば症状を改善できるのでしょうか。

 

下戸の目指すところは症状の改善

hiking-1149985_640

症状を改善するには、飲み会前に風邪を引いたりしないことです。
普段からお酒が飲めないのに、風邪を引いてしまっては更に症状が酷くなります。

できれば、飲み会がやると決まった段階で取り組んでいただければ、ひどくはならないでしょう。
もちろん相手側も下戸の理解が必要になってきます。
下戸は体質なので、頑張れと根性論をたたきつけても何の解決にもならないからです。
更に、お前飲めないの?といじられても何の解決にもなりません。

飲み会前に体調を整えておく

まず気軽にできることは、飲み会前の体調を整えておくことです。

風邪を引かないためにも、免疫力を付ける必要があります。
この免疫力のお陰で体調が整えられるのです。

免疫力を高める方法は、免疫力を高める方法!食事から変えるレシピ3選を御覧ください。

食事のバランスを整えウォーキング等軽い運動を続ける

次に、食事のバランスを考え、軽いウォーキングを30分続けることです。

人間は、もともと動く動物なので、家でのジーッとはご法度になります。
はじめは5分からでも移動する習慣をつけましょう。

下戸仲間を見つけ飲み会の場を楽しむ

普段から下戸仲間を見つけるのも有効な策です。

知り合いが増えたら、実は私も無理をして飲んでるんだよと打ち明けてくる人もいます。
下戸だからと絶望的になるのは、まだまだ早いですよ。

 

まとめ

今回は、下戸が体質改善できるのはごく少数である2つの理由を紹介してきました。

というのも、下戸は遺伝子レベルでの問題なので、体質改善を相当頑張っても無理なのです。
それで改善できるのは、本当にごく一握りの人たちです。

アルコールを分解するには、肝臓がほとんどかかわっているため、下戸を無理に改善すると肝臓を痛めつけることにもつながります。

せめて、体質改善ではなくアルコールのあとにくる症状を把握し、軽減する対策をするほうが理にかなっています。

下戸の方は特に、飲めるようになってから油断していると肝臓の病気だったという可能性もあるので、やはり、相手側に特性を理解してもらい、下戸でも楽しめる場を作るのが一番いい解決策ではないかと思います。