ノロウイルスの予防法は?消毒するにはどうするの?

寒さがどんどん増してくると共に流行の兆しがみられるノロウイルス。年末年始は仕事も忙しくなり、忘年会などのイベントも増えてくる季節です。それをノロウイルスに感染して計画が狂ってしまう…なんていう事態は避けたいですよね。ノロウイルスの正しい予防法はどんなものがあるか、消毒に効果がある薬品はどれか、もし感染したらどうしたらいいのかなどの対策をまとめました。ノロウイルス感染を避けるために、ぜひ参考にしてみて下さいね。

まずは知ろう!ノロウイルスとは

5822575a9196bd55b7300bceafc510c2_s

ノロウイルスとは

ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスの一種です。秋から春にかけて流行し、一般的に冬場がピークとなります。ノロウイルスは人の口から体内に入り、腸の細胞内で増殖します。ウイルスが腸の細胞を破壊することにより急性胃腸炎が起こるのです。感染すると2448時間、最短一日で症状が発生します。ノロウイルスは増殖スピードが速く、感染時は100個以下でも潜伏期間を経て症状が現れる頃には体内で10010000倍に増加するのです。やっかいなのはノロウイルスには遺伝子型が多数存在することです。一度感染して完治したからかからないわけではなく、極端な話だと別の遺伝子型のウイルスにその後すぐ感染する可能性があるのです。

感染の仕方

ノロウイルスの感染は、ほとんどが口から体内に入る経口感染によるものです。感染ルートとして多いは次のような場合です。

感染した子どもの世話や看病をした人が、感染者のウイルスが大量に含まれる便や吐物を処理した際に感染する場合

ウイルスに汚染された貝類(牡蠣など)を生あるいは十分な加熱をしないで食べた、井戸水など消毒不十分な水を飲んだ場合

調理を行う食品取扱者がウイルスに感染して、その者を介して汚染した食品を食べた場合

保育園、学校、高齢者施設などでは免疫力の低い子どもやお年寄りが多く集まっていて集団感染の原因になってしまいますので、より予防に気を配る必要があります。

症状

ノロウイルスの主な症状として嘔吐・下痢症状、発熱、腹痛があります。嘔吐や下痢は1日数回、重症であれば110回以上にもなることがあります。その場合は脱水につながりかねないので速やかに医療機関を受診するのが良いです。発熱しても38度前後とそれ程高熱にはなりません。健康な成人ならウイルスが体内から排出されれば症状は治まってきます。34日と比較的短期間で収まることが多いです。しかし脱水から起こる合併症で症状が長引くこともあり、赤ちゃん・子ども・お年寄りは免疫力が低いので重症化しやすく、最悪の場合死に至ることもあります。特にお年寄りは嘔吐物による窒息や嚥下性肺炎を起こして悪化する場合があります。

症状事態は比較的短期間で収まります。しかしウイルスの排出は続いています。潜伏期間が12日、症状が出るのが13日、ウイルスを排出する期間が長くて1ヶ月ほどと言われています。流行時期に飲食店などで公共のトイレを使う際には、誰が使ったかわかりません。よって普段よりも徹底した手洗い・消毒を心がける必要があるのです。

ノロウイルスの予防

adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s

ノロウイルスにはワクチンがないため、最も効果的な予防方法は流水・石けんによる手洗いということになります。外出して帰宅した際、トイレの後などは普段より念入りに手洗いを心がけるようにしましょう。10秒のもみ洗いと15秒の流水でのすすぎを2回繰り返すと、ノロウイルスの残存率を約0.0001%まで減らせたという実験結果もあります。

感染の恐れがある人は、他人に近付かないようにするのが一番です。しかし日常生活していく上でそれは中々難しいものです。公共の場を使うこと、子どもの世話、調理など避けて通れないことも多々あります。ノロウイルス感染予防のために特に気をつけたいことをまとめましたので、是非参考にして下さいね。

ノロウイルスを消毒するには

ノロウイルスは、よく置かれているエタノールでは消毒できません。いくら頑張って手に刷り込んでもノロウイルスには効かないのです。ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムや家庭用漂白剤が効果的です。しかし、次亜塩素酸系消毒剤を使って手指を消毒するのは絶対にやめましょう。手指は手洗いでウイルスを落とします。

料理をする時に気をつけること

調理の前後で流水・石けんによる手洗いを行うこと。液体せっけんだと◎。

生もの、特に貝類の内臓を含んだままで調理する時には十分に加熱すること。

調理に使用したまな板や包丁はすぐに熱湯消毒すること。

食事を配膳するなど、食器に触れる際にも手洗いをすること。

病人の世話をする時に気をつけること

処理する人以外はその場から遠ざかること。

放っておくとどんどん感染が広がるので手早い処理をすること。

マスク・手袋をしっかりと着用して、雑巾やタオル等で汚物をしっかりとふき取ること。出来れば眼鏡などで目も覆う。

掃除に使った道具は密封して捨てること。

汚物のあった場所を、200倍程度に薄めた家庭用漂白剤や塩素系消毒剤で消毒すること。

汚れた衣類は大きな感染源となるので、まず水洗いしてから塩素系消毒剤で消毒すること。

ノロウイルスの治療法

まずは水分補給で自宅安静に

もしノロウイルスに感染してしまったら、どのような治療法があるのでしょうか。

ノロウイルスは重症化しなければ自宅で静養すれば治ります。もし医療機関を受診しても下痢や嘔吐、脱水症状の対処療法となり根本的な治療は出来ないのです。症状が出たからと言ってすぐに病院へ行く必要はありません。かえってウイルスをまき散らす原因にもなるので、まず落ち着いて様子を見るようにしましょう。ウイルス検出診断で確定診断が出来ますが、症状は大抵数日でおさまり、検査は保険適用外なので一般的には行いません。

大人の場合は症状が軽くなるまでの12日間を安静にするだけでも大丈夫です。嘔吐や下痢で体内から水分が失われやすいので、こまめに水分補給を行いましょう。乳幼児やお年寄りの場合は脱水を起こして重症化しやすくなってしまいます。様子を見て、水を飲んでもすぐ吐くなどおかしいと思ったら受診するようにして下さい。

安易に薬を飲まないように

嘔吐や下痢は非常に苦しいものですが、ウイルスを体外に排出するための作用でもあります。無理に吐き気止めや下痢止めを使ってしまうと、腸内に排出されるはずのウイルスがたまり続けて増殖し続けてしまいます。一時的に吐き気や下痢が止まっても病状は悪化し、回復の遅れにつながります。もし服用するなら腸の動きを止めない痛み止めや整腸剤などを選ぶようにしましょう。水分は電解質が含んだ経口補水液などでしっかり補給して下さいね。

まとめ

冬に近付くと流行するノロウイルスについて、症状と予防法と対策をまとめました。よく置かれている消毒用エタノールはノロウイルスに効果がないのがやっかいなところです。消毒には次亜塩素酸を使い、手洗いの徹底を心がけましょう。また、症状が一番激しい時は自宅で水分をとって安静にし、様子を見るようにしてみて下さい。焦って病院に行く必要はないのです。数日でよくなる場合も多いので、無理して外出するのは避けましょう。感染力が強く症状も辛いノロウイルス。しかし一番効果的な予防法は徹底した手洗いと簡単に出来ることです!冬の楽しい予定を狂わせないためにも、ちょっとした心がけでしっかりノロウイルスを予防しましょう!