紫外線による目の充血に目薬を使ってもいいの?

1年を通して春から秋にかけては、最も紫外線を多く浴びる季節。顔や身体はもちろん、最近ではスプレータイプの日焼け止めを使って髪も紫外線対策が出来ますよね。しかし、意外と忘れがちなのが目の紫外線対策です。
屋外プールや海に行った帰りなど、強い光を浴びた日に目が充血して痛くなった経験はありませんか?
でも休日で眼科も休診…まぁいっか!と仕方なく受診せず我慢してしまう事もありがちですよね。
しかし、病院に行けなくても、しっかり目薬を使ってセルフケアもしておきましょう。
では具体的に紫外線の影響を受けた目のトラブルに関する対策についてまとめました!是非参考にしてみて下さいね。

充血は目からのSOS

スポーツやBBQなどアウトドアなど、屋外で長時間過ごした後に目が充血してしまう事がよくありますよね。それは目が強い紫外線の影響でダメージを受けているサインです。
筆者自身も春先に気候が良い日は、毎日何も紫外線対策をせず長時間外出し続けた結果虹彩炎という目の病気になってしまいました…。
しかし違和感を感じ早めに眼科を受診した為、幸いすぐに軽快した経験があります。もし今悩みつつこの記事を読んでおられる方はすぐに病院に行ってくださいね!

目が痛い!その時何が起きているの?

目の健康は涙液が角膜を保護する役割のお陰で守られています。しかし強い紫外線の影響を受けると、角膜の表面がダメージを受けた結果痛みを感じます。
そんな状態でさらに紫外線を浴び続けると、重症化し紫外線角膜炎や翼状片などを代表する目の病気になってしまうケースがあります。そこまで酷い状態になっていなければ、大抵は数日で症状が落ち着く事が多いのでしっかり様子をみて判断が必要ですね。

girl-622534_1280

 

日焼けはどう目に影響するのか

目はまぶたはあっても身体の外に出ている器官なので、どうしても紫外線を多く浴びてしまい当然日焼けもします。ただ目が日焼けしたからといって、もちろん目の色が黒くなったりはしませんがメラニンが多く作られた結果肌の色が黒く日焼けし始めるきっかけになります。
そして何より紫外線を浴びる屋外で、目を一切使わずにいることは出来ないので紫外線を浴びる環境での対策は常に必須となりますね。

目に使える日焼け止めはないの?

現在日焼けの後に使用する目薬は多く売られていますが、日焼け止めの目薬というのは販売されていないようです。仮に出来たとしてもまばたきをしたり、涙と一緒に流れてしまう可能性が高いのであまり効果を得られるのは難しいでしょう。そのため今後も商品化される事も現実的ではないのでサングラスやUVカットレンズのメガネを使って対策をするのが良いですね!

かゆみが出たとき気を付けるポイント

目が日焼けし、乾燥するとかゆくなることがあります。そのためかゆいとつい目をこすってしまいますが、目が傷ついて炎症を起こすこともあるので絶対にこすらないようにしましょう。コンタクトレンズをつけている方や、女性の方はアイメイクをしているとさらに注意が必要ですね。かゆみの対策という意味では、氷や保冷剤などで目を閉じてまぶたを軽く冷やすのもいいでしょう。
ただし水で直接目を洗ったりするのは傷ついたところに細菌が入ってしまう事があるので、異物が入った時以外は避けるのがベストですね。

まとめ

紫外線対策は事前の対策も大切ですが、その後が肝心です。勉強もいくら予習をしていても、しっかり復習をしないと思うように結果が出ませんよね。目のケアも同じなんです!紫外線を浴びた後は、できるだけ早く目薬を使って傷付いた目をいたわりましょう。理想は眼科を受診して目薬を処方してもらうのが一番ですが、仕事などで受診出来ない場合も必ずドラックストアや薬局で薬剤師に相談して購入してみて下さいね。