風邪予防の食べ物で子供にもオススメできる5品とは?

あなたの子供が風邪を引くと大変ですよね。
特にうちの子は野菜の好き嫌いが激しいとなると、せっかく風邪予防では多くの野菜が役に立つのにそれが使えないとだんだん食べられるものの選択肢が、限られてきます。
今回は子供でも大好きな食材に絞って、紹介していきたいと思います。
特に、蜂蜜、グレープフルーツ、りんご、オレンジジュースあたりはどのお子さんでも大好きですよね。
ママさんのあなたの問題颯爽と解決しちゃいますよ。

 

その1:蜂蜜は蜂蜜でもマヌカハニー

cba9a4d811b26e5ff01106bcc8a6aaa3_s

あなたは、蜂蜜の中でも最も抗菌作用が強いマヌカハニーをご存知ですか?
この蜂蜜は、ニュージーランド産のはちみつなのですが、栄養価も高く、強烈な抗菌作用なためお値段が高めの高級蜂蜜です。
特に、このマヌカハニーに豆乳に混ぜて飲むと、風邪予防には役に立ちます。
豆乳が苦手なら、代わりにお湯にマヌカハニーを混ぜても大丈夫です。
はじめての方は、2500円からの5+のマヌカハニーからはじめてはいかがでしょうか?
これさえあれば、怖いものはなにもありません。
医者の顔も真っ青になるくらいです。
高いだけのことは、ありますが、その効果は抜群にいいのです。

 

その2:みんな大好きオレンジジュースやグレープフルーツジュース

40917b669a7517f19bd46066659ff9b3_s

どのお子さんでも大好きなオレンジジュースやグレープフルーツジュース
スーパーやコンビニでも売られているので、それを用いてもよいでしょう。
うちの子ちょっと調子が悪いなと思ったら、様子を見て、オレンジジュースやグレープフルーツジュースを1品くらえてみてはいかがでしょうか?
こういった柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれているので、風邪が引く前に治ってしまう可能性もあります。
これ以上あなたのお子さんの症状が悪化しないようにすることもできます。

 

その3:お腹を整えるバナナ

ffedd5238bb0dd02352992e587ac5e21_s

お子さんの中にはもうバナナが大好きな人もいることでしょう。
そのままバナナをおやつに出してもいいのですが、それだけではちょっともったいないですよね。
確かに、バナナ単体でも腸内環境を整えるのには抜群ですが、それより更に効果を高めるためのレシピを紹介します。
そのレシピは、オリーブオイルにバナナをくわえる一品で、オリバナナって言います。
まずフライパンにオリーブオイルを少量入れ、その中にバナナを入れます。
焦げ目がつくかつかないかくらいにバナナを裏返します。
同様に焦げ目がつかない程度に焼き終わったらお皿に盛りつけて完了です。
おやつにも持って来いのレシピなので、ぜひ作ってみて下さい。

>オリバナナのレシピはこちらで紹介しています。

 

その4:腸から免疫力を高めるヨーグルト

0fe57b41331dfec4186b5134162e692b_s

でました!女性にも子供にも優しい単品でも風邪予防に役に立つヨーグルトです。
ヨーグルトも好きなお子さん多いですよね。
ヨーグルトもバナナ同様、腸内環境を整えます
実は免疫はここ腸でほとんど作られており、風邪を引くということは、腸が弱っている可能性も否定できません。
それを予防するには、ヨーグルトも合わせ他の食材とも組み合わせて食べることです。

ただし、マヌカハニーとヨーグルトを混ぜると、マヌカハニーの成分が強すぎてヨーグルトの菌を殺してしまうそうなので、マヌカハニーとは別に摂って下さいね。

 

その5:体を温める生姜

936968b641742be43c28ce7ced21ab08_s

大人でも子供でも風邪においては大人気レシピの生姜
でもあのツンとした臭いがキツイのですが、それも、しょうが汁にすれば万事解決です。
ご家庭の中には、小さい頃から生姜汁と言われる生姜に長ネギと味噌を入れて、お湯を入れるだけの簡単レシピです。
生姜は体を温めますので、風邪予防には最適の食材です。
ちょっと調子が悪いなと思ったら、夕方の一品として立派なおかずにもなるのでオススメですよ。

 

まとめ

お子さんが好きなものをチョイスして、今回風邪予防に効くと言われている5品を上げました。
やなり、どのママさんもお子さんの健康にはものすごい気をつかっています。
やはり抵抗力を強めるには、まずは腸内環境を整えられるバナナからはじめてください
普段の食事に工夫を施すことで風邪を予防することができます
それからは、しょうがを始めとしたレシピが手頃で簡単なので超オススメです。
あなたのお子さんを守るママさん、頑張ってください。
お子さんの好きなモノを中心にちょっと工夫するだけで風邪は予防できます。
もしかしたら、ちょっと悪くても明日には治っているそんなことも可能性としては考えられます。