風邪予防の対策はどうする?専門家も勧める5つの習慣

今年もいよいよ風邪を引く人が多くなる季節が到来しました。
風邪予防をしたいと強く思っていても、実際はどうすればいいのかわかりませんよね。
しかし、普段していることに少し工夫するだけで立派な風邪予防につながります。
例えば、普段うがいは水だけでという人がほとんどですが、水の代わりに緑茶ですると抗炎症作用が働いたりしてくれます
どれも専門家がオススメするものばかりです。
それでは、今年の冬こそ風邪を引かないようにしましょう。

 

専門家もやっている!風邪予防の5つの習慣

風邪予防は本当に普段やっていることに一工夫するだけです。
難しいことはほとんどありません。
どれも今からできますので、あなたもできることから始めてみましょう。

菌を殺す!緑茶うがい

b36e78b57a6c21a79b710e405af244be_s

専門家も高い評価をしている緑茶うがい
日頃から、緑茶を飲んでいる人は、そのままこれをつかってうがいするだけです。
抗菌作用のあることで知られている緑茶ですが、ただただ飲むだけでなくうがいにも使うことで、自分の体がよりウイルスを寄せ付けなくします
ちょっと今日は調子が悪いなと思った時にいつものうがいを緑茶のうがいに切り替えてみませんか?

睡眠不足は風邪のもと!早く寝る

あなたもよくやるこの行動。
今日は調子悪いからもう寝よう
実はこの行動、専門家も高い評価をしています。
早く寝ることによって、睡眠不足を防止し、体をゆっくり休めることができると言われています。
実際、ちょっと調子が悪い時は早く寝ることによって、翌日すっきり治っていることも多いのです。
調子が悪いと思ったら、早めの睡眠を心がけましょう。

冷えは万病の元!しょうがで体を温める!

6d891920c5d51519d7d4fda571eba9ea_s

食事のおかずに、しょうがを加えることもいいそうです。
こちらも食べてよし、飲んでよしと意外と何でもアレンジができ、大体どの料理にもあいます。
しょうがを風邪予防で食べる際には、しょうがと温かいものと混ぜて食べてください。
温かいものと食べると、体の深部まで3~4時間かけて温めることができます
また生のまま食べると即体を温めすぐまた冷えますが、抗菌作用が働きます。

鼻からくる風邪には鼻うがい!

自宅で鼻うがいなんてできそうにもないとあなたもいうことでしょう。
しかし、大手通販サイトでは、既にハンディタイプで持ち歩きもできる鼻うがい専用の機器が売られています
風邪のウイルスの侵入経路は、主に鼻が一番多いそうです。
そこもうがいと一緒に、鼻うがいをすることによって、綺麗になりますので予防にももってこいです。
鼻うがいのハンディタイプの気になる価格ですが、3,000円出せばお釣りが返ってきます。
私の風邪は鼻からとわかっている方は、導入しても損はありません。
風邪の他に花粉症にも効果大です。

喉の加湿にはマスクから!マスクを付けて寝る!

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

風邪の要因の1つとして挙げられるお部屋の乾燥
特に冬は乾燥しやすい季節ですから、手軽に加湿する方法としてはマスクが重要なアイテムになっています。
寝ている間は、乾燥しているお部屋ですと、そのまま喉も乾燥してしまいます。
それを防止するのがこの寝たままマスクをつけるこの行為です。
マスクをつけたまま寝ると、翌朝には喉が潤っているので、菌もそれ以上の侵入はできなくなります。

ポイントは冷やさない乾燥させない!

以上紹介した5つには、共通点があります。
それは、冷やさない・乾燥させないです。
実はこの行為、風邪を予防するには基本的なことです。
乾燥してしまうと、そこから炎症に発展し、冷やすと免疫力が落ち風邪を引きやすくします
そうならないために、食事から体を冷やさず、行動から乾燥させないようになっています。
もちろんこれら5つのうち組み合わせても相乗効果で、より風邪を引き寄せないようにもできると言われています。
さあ、あなたも今日からこの5つの習慣取り入れてみない?

 

まとめ

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s
いかがでしたでしょうか?
風邪予防として多くある中から、専門家もオススメする行為、食事を5つ紹介しました。
一番できるのは、緑茶うがいがやりやすそうですね。
これは、イソジンの代用としても役に立ちそうです。
基本は、乾燥させない、冷やさないをモットーに、普段から継続してやることが重要です。
今からでも間に合います!調子のいい時から実践して風邪を予防しましょう。