風邪予防にマスクは効果ある?正しい使い方でNO風邪!

よく巷では、『風邪を引いたらマスクをしなさい!』という言葉が結構聞きます。
あなたも聞いたことあるんじゃないですか?
実は、これ効果が相当あります。ですが、正しいマスクの付け方をしないと、風邪をまた引いてしまったりと大変なことになるので、マスクを着用するときには注意が必要です。
マスクは、よく鼻の部分は覆わず、口のところだけ当てておけばいいと思われていますが、実は、鼻の部分も覆わないと鼻から菌が侵入します。

何故風邪予防にマスクなのか?その2つの効果!

28c9fa5fd685aae240bca591b156da9e_s
そもそも、何故風邪予防にマスクなのでしょうか。
その謎に迫っていきたいと思います。

喉の保湿

一番のマスクの効果は、喉の保湿です。
残念ながら、マスクにウイルスの侵入をブロックをする効果はありません。
というのも、マスクの遷移をくぐり抜けて侵入してくるウイルスも実際いるからです。
ですが、この喉を保湿することによって、侵入してきたウイルスを熱で殺してくれます。
ウイルスは、温かく湿った空気が苦手なのです。

周りへ菌をばらまかない

風邪はウイルスによるものがほとんどなので、マスクをしていないと周りにしらないうちに移してしまうことがあります
ですが、マスクをすることによって、これを防止し相手を気遣うことにもつながります。
そういった意味でも風邪予防には、積極的にマスクを着用し、相手を気遣ってあげましょう。
マナーとしても大事ですよ。

正しいマスクの付け方とは?

ecfcc59fcf6fa9776f0d77b93caba37c_s

よく光景で見かけるマスクの付け方は、口だけ覆われているもので鼻が完全にでている付け方です。
実は、この付け方だと喉の保湿にあまり効果がなく、ウイルスの侵入を余計に侵入してしまいます。
このようなマスクの付け方はこれからは止めましょう。
正しいマスクの付け方は、鼻と口を完全に覆うようにつけましょう
他の人から見て、顔面が半分以上覆っていれば心配はいりません。

 

風邪予防に効果をあげるマスクの選び方とは?

a16d3f893aa2202a51892f89bcdc6062_s

正しいマスクの付け方をマスターした後は、それができるマスクをあなた自身で選ばないといけません。
というのもマスクも多種多様なものがありすぎて、適当に買って行かれる方が多いからです。
たかがマスクといえど適当に買うとサイズがあわなかったりするので、あまりオススメしません。
あなたに最適なマスクをお伝えします。

サイズ

まずは、サイズです。
サイズの目安になるのがマスクをつけた時に、鼻からズレ落ちないものを選んでください
いくら鼻が覆えるからと大きすぎるものを買っても、ずれ落ちたら効果は半減です。
なるべく、鼻にぴたっとくるものを選んでください。

機能面

最近のマスクは、機能面でもアップしている商品があります。
例えば、快適ガードプロというマスクですが、このマスクは鼻の部分がスポンジになっており、しっかりとガードしてくれます。
自然と鼻の部分を覆うように癖になりますので、間違ったマスクの付け方に至ることはありません。
実はこの商品、私も結構お世話になっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マスクも正しい付け方をすれば、立派な風邪予防にもなり、相手への思いやりにもなります。
大切な人に風邪を移してしまったら大変なことになります。
マスクは鼻まですっぽり覆うものを選び、ぶかぶかなりすぎず、ぴったりなものを選びましょう
最近のマスクは、機能面も大幅にアップしています。
特に快適ガードプロは、鼻のところがスポンジになっているので、自然と正しいマスクの付け方ができるようになります。
特にマスクは、昼もそうですが、寝る間にすることによって喉の乾燥を防ぎ、余計なウイルスの侵入を予防できます。
マスクを正しくつけて風邪を予防しましょう。