足つぼのかかとにも効果あり? 外側・内側・側面の違いとは?

あなたは、足つぼは足裏だけだと思ってはいませんか?
確かに、これまでのものの目線が足裏の真ん中ところに目線が行ってしまうものです。
しかし、足つぼには、かかとにも効果がありました!
かかとには、最近眠れないとか、恥ずかしいけど私痔なんですという人に効果があるとされています
また、足の外側、内側、側面においても、対応するツボが全然違います。
外側は肩や膝、内側には鼻、膀胱に対応しています。
同じ側面でも、これほどの違いとは思っても見ませんでした。

 

足つぼのかかとは目に届きにくいが嬉しい2つの効果!

足つぼは、反射区図等見ているとどうしても足裏の真ん中あたりを見てしまうもの。
その点かかとは一番端っこなので、そこまで目が届きません。
しかし、かかとには、あなたにも嬉しい2つの効果が期待されています。

不眠

086946

最近、環境が変わったせいで、眠れないの!
あなたはそんなことはありませんか?
環境が変わったり、過度にストレスが加わったりすると、人によりますが、不眠に繋がる可能性があります。
特に、今まではぐっすり眠れたのに、気がついたら不眠になっている人は特に注意が必要です。
そんなときは、かかと付近をグイグイ押してみましょう。
かかと付近に失眠というツボがありますので、改善されるかもしれません。

058697

恥ずかしながら、私、痔なんです。誰にも言えません。
あると思います。
実は、かかとには、不眠の他にも痔にも効果があると言われています。
かかと付近を執拗に揉んでいる人を見ても、あの人痔なんだと冷やかさないようにしましょう。
本人たちはいたって真剣ですのでそっとしておいてあげてくださいね。
それでは次に、足つぼの側面の違いについて見ていきましょう。

 

足つぼの側面は同じじゃない!外側と内側はどう違う?

実は、あなたは足つぼの側面には内側と外側で全く効果が異なることをご存知でしょうか?
足の側面ってどこを押しても同じなんじゃと思うかもしれませんが、そうではありません。
外側と内側でどこの臓器に効果があるのか述べていきます。
その違いをしっかりと理解しておきましょう。

外側は肩や膝

足つぼの反射区図を見てみると、足の外側には、肩や膝等に対応するツボが存在しています。
この辺に不調を感じた時は、足の外側を刺激してやると改善が見られるかもしれません。
案外肩こりなんかによさそうですよね。
外側!外側ですよ。

内側は鼻や膀胱

足の内側には、鼻や膀胱といった臓器に対応しています。
風邪引いいて、ちょっと鼻がといった時には内側を刺激してやると効果が期待できるかもしれません。
あと膀胱にも対応しているので不調の人には試しに刺激してみてはいかがでしょうか?
次に、かかと付近はどれくらいの強さで揉むとよいのでしょうか?

かかとはゴリゴリ強い力で揉んでもOK!

かかとは分厚いので、ゴリゴリ強い力で揉んでも大丈夫です。
よく、揉んでから、体がだるくてとか、なんか痒いとか、熱が出てぐったりといった反応が聞こえますが、これらは好転反応と呼ばれており、良くなっていると言われています。
効果はおおよそ1ヶ月の間で出るとされており、根気よくゴリゴリ揉むことが重要です。
継続は力なりと言われるように足つぼも続けないと効果が期待できませんね。

 

まとめ

78bbe2e64c4aeeed62f23accd08df6cc_s
いかがでしたでしょうか?
普段あんまりかかとには目が行かない人が多いですが、かかとには、不眠や痔に効果があるツボが存在しております。
そして驚くことに、足の側面では外側と内側とでは全く効果が違う臓器に対応していることがわかりました。
これらの違いをしっかりと理解して、かかとはごりごり強く根気よく1ヶ月は揉み続けましょう。
足つぼでいい健康ライフを心からお祈りしております。