【放置厳禁!】免疫力低下は産後も同じ!防ぐ3つの対策とは?

多くのママさんが、産後免疫力が落ちた気がすると感じているのです。
もちろん、それはあなただけではありません。
今まさに、産後落ちたなと言う人や、これから産むあなたにとっても産後どのように乗り切ればいいのか対策法をお教えします。
その対策法とは、笑顔や柑橘類のジュース、生姜を食べる、など、他の一般的な対策とはさほど変わりません
尚、この産後の免疫力低下はおおよそ2年続くと言われ、それ以降は自然と戻られる方が多いようです。
これから一緒に頑張っていきましょう。
まずは、何故、産後になるとママの免疫力が低下してしまうのか、その4つの理由に迫っていきましょう。

産後ママの免疫力は低下する4つの理由

ff0d3b07065160e94218b79ead5218db_s

慣れない育児疲れ

一つ目は、慣れない育児疲れです。
とにかく、赤ちゃんを育てるということは想像以上に大変なことなのです。
オムツ替えや夜泣きでストレスをためてしまうママさんも多いのだそう。
逆に、我が子の前にストレスを溜め込むわけにはいかないと頑張り過ぎなママさんも多いです。
知らず知らずに疲れが溜まってしまい、その結果免疫力が低下してしまうようです。

ホルモンバランスの乱れ

二つ目は、ホルモンバランスの乱れです。
女性にも男性ホルモンは存在しています。
女性ホルモンが多いので女性らしさがあるのですが、バランスが乱れると、男性らしさがどうしても出てしまいます。
鏡を見ると髭が!というのは、ホルモンバランスが乱れている証拠です。
このままでは、免疫力が低下してしまいます。

赤ちゃんを産んだときの体力的な疲れ

これは、女性なら多くの人に訪れる赤ちゃんを産んだときの疲れです。
相当な体力を消耗するので、このまま免疫力を低下させてしまう多くのママさんがいらっしゃいます。

睡眠不足

赤ちゃんが夜泣きをすると、その対応はママであるあなたが多いと思います。
特に夜泣きが酷い赤ちゃんだと数時間に1回はママも起きて対応しています。
こうなると自然とママが睡眠不足になり、なにもしないでいると免疫力が低下してしまいます。

それでは、免疫力低下でママさんにどのようなことが起こるのでしょうか。
順番に見ていきましょう。
こちらも一般的なものとあまり変わりありません。

 

産後免疫力低下によく起こる3つの症状

525578d169531b387d6425c91c3649d7_s

風邪を引きやすく治りにくい

まずは、風邪を引きやすく治りにくいこの症状。
どの年代でも当てはまります。
もちろん、ママであるあなたにもです。
産後、どうも風邪をひきやすかったり、風邪が長引いてたりしてませんか?
もしそうなら、既に免疫力が低下しています。

気がついたら口内炎

二つ目は、口内炎です。
ふと鏡を見ていたら、口内炎こちらもどの年代層でもありえる出来事です。
口内炎ばかりできていると、あなたの免疫力がもう既に低下しています。
相当精神的にもきついのではないでしょうか?

いつも何だか疲れている感じがする

最後は、精神的なものですが、口癖が『疲れた』になってませんか?
心のなかで、もう疲れたと言ってはいませんか?
もしYESなら、相当精神的にも肉体的にも疲れています
その疲れが慢性化し、あなたの免疫力がガリガリ削っていきます。

産後、もし免疫力が低下していたら、何か一生続くのではないかと心配するママさんもいます。
この産後免疫力低下の問題はどれくらい続くのでしょうか?

 

産後の免疫力低下はどれくらい続くのか?

2年

実は、産後の免疫力低下は、2年くらいで終わると考えられています。
なんだ、一生涯ではないのかと多くのママさんがここで安心します。
さすがにずっと続くと誰でも不安になります。
この2年という数字は、赤ちゃんが母乳を卒業する期間だとも言われています。
この2年を乗り切れば、ママであるあなたの体もより一掃元気になれます。

では、この免疫力低下をできるだけ最小限にする方法を紹介します。

 

産後免疫力低下に対抗できる4つの方法

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

笑顔

まず、第一に笑顔
これが一番簡単な方法だと言われています。
口角を上げてニッって笑うことは、ママであるあなたにも、赤ちゃんにも相乗効果をもたらします。
ママであるあなたが笑うことによって、赤ちゃんも安心できます。
思わず赤ちゃんも笑ってくれるので、今度はあなたも癒やされるのです。
ちょっと疲れたなと思ったら、赤ちゃんに微笑みかけてみましょう。
きっと微笑みで返してくれますよ。

生姜、レンコン、ニンジン等の根菜類を食べる

根菜類は、体を温める作用がある食べ物が多いです。
ニンジン、生姜、レンコン、そしてニンニクを積極的に食べれば、体が温まり、風邪のウイルスを引き寄せなくなります。

グレープフルーツジュースを飲む

グレープフルーツジュースには、食物繊維や免疫力を上げる力があるとされており、カロリーもコップ1杯78キロカロリーと意外と低いのです。
更に、トマトの成分でおなじみのリコピンもこのグレープフルーツジュースからも取れるので、ちょっと最近しんどいなというあなたには、1日2回食前に飲むことをオススメします。

旦那さんにもできることをやってもらう

そして、最後にはママのパートナーでもある旦那さんにもできるようなことがあれば、任せてみましょう
子育てはあなただけの仕事ではありません
協力できる範囲で旦那さんにもやってもらうことで、精神的疲れから多少解放されます。
一昔前にイクメンという言葉が流行りましたよね?
思い切って任せられるところは任せましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、産後の免疫力低下についてお話しました。
産後といえど、免疫力低下で起こる症状は、一般的に免疫力低下で言われる症状とさほど変わりはありません
産後の免疫力低下はおおよそ2年で終わるといわれているので、その間に乗り切れるようにしておきましょう。
コップ1杯のグレープフルーツジュースと赤ちゃんに対して自分自身に対して笑顔で接する癖をつけると、赤ちゃんもあなたも安心できます。
さあこれから、健康ライフに向かって頑張りましょう。