結婚式の受付係になった!当日の服装を男性女性別に紹介!

新郎新婦側から、結婚式の受付係に指名されたことは喜ばしいことです。
友人として相当信頼されている証拠にもなります。

いざ、受付係に任命されても、服装のことについて悩んでいる方も大変多いと聞きます。

ゲストの一員として参加しているのに服装はどうしたらいいのか?

任命してもらった新郎新婦に恥じないような格好が望ましいのです。
今回は、受付係の服装について取り上げていきます。

結婚式の受付係の服装とは?

結婚式の受付係の服装は、当然ながら男性・女性と違ってきます。
別々にどのような服装ならば両家の華となるのか、ポイントも合わせて伝えていきます。

男性編

watch-2595184_640

まずは、男性からです。

準礼装のブラックスーツ

男性が、結婚式のときに着ていくのは準礼装のブラックスーツが一般的です。

ブラックスーツは、若い人の結婚式でも年配の方の結婚式でも両方OKなところが魅了的です。

一着あって損はありません。

結婚式の受付となると、特別なものが必要かと思うかもしれませんがブラックスーツで望んでも問題ありません。

女性編

people-2583293_640

次に、女性の服装について見ていきましょう。

未婚でも既婚でもOKな訪問着

両家から受付を頼まれた甲斐あって、未婚でも既婚でも着物の訪問着を身に着けて受付に望まれる人もいます。

やっぱり、せっかく大役を任されたのだから、則って着物でという考え方はどの世代も後にたちません。

もし、受付係での服装に悩んでいたら着物にすると両家の挨拶のときにもしっかりとした印象を与えられます。

ボレロで露出を隠せるワンピース

急に着物なんて用意できない人もいることでしょう。

そんなときには、露出をボレロ等で隠せるワンピースもオススメです。
基本的に、受付係だといって特別な衣装を用意しなくても大丈夫です。
結婚式の服装であれば問題はありません。

受付係は、両家の顔ということを意識して服装の他にも気をつけてほしいことがあります。
男女別にまとめてみました。

 

服装以外にも気をつけたほうがいいこと男女編

treatment-1327811_640

服装が一番大事ですが、受付係は結構見られています。
服装以外にも気をつけて欲しいことは以下になります。

男性編

指先のお手入れ

まず、男性が気をつけてほしいのは指先のお手入れです。
結構指先は頻繁に見られる部位なので、ケアをしておくと清潔感溢れる男性として好印象になります。

あまりケアをしていないと、人によっては新郎新婦側の友人からなんであの人に頼んだだろう?と不信感にもつながります。

清潔感がある髪型

指先の次は、髪型です。
髪型も結構な頻度でよく見られる部位です。

ボサボサした頭ではなく、清潔感のある髪型にしましょう。
服装や髪型でご両家に恥をさらしてはいけません。

女性編

爪はネイルケアを忘れずに

女性においても、爪のケアは必須です。
結婚式の間だけでも綺麗にしておきましょう。

男性と同じく女性においても、爪は一番よく見られる部位です。
当日見られても困ることがないように爪も体調も整えておきましょう。

ヒールがきついようならパンプスでもOK

受付係は、一番立って座っての動きがあります。
もし、ヒールがきついようならパンプスにして出席でも全然ありです。

ヒールが苦手な女性は是非とも策として検討しておいても損はありません。

髪型はお辞儀をしても顔が隠れないように

最後は、髪型ですが女性の方は色んなスタイルにできるので注意が必要です。

受付係は、お辞儀を頻繁にするのでお辞儀をしても髪型が隠れずきちんと表情がわかる髪型にしましょう。

結婚式で髪型が耳から垂れるのは、あまりよろしいことではありません。
はじめからアップにするか、ハーフアップにするか決めておきましょう。

 

まとめ

今回は、結婚式の受付係においてご両家に恥をさらさない失敗しない服装についてポイントをまとめました。
男性は、基本準礼装のブラックスーツ、女性は訪問着かワンピースにしましょう。
また女性に関しては露出は控えるようにボレロを用いたほうが懸命です。

ゲストからも新郎新婦の両親からもあの人に頼んでよかったと思われるように身だしなみはきちんとしておきましょう。

爪のケアは、乾坤式当日まで間に合うように毎日欠かさず行いましょう。