十五夜のお供え物のお団子食べたいけどどんな意味があるの?

ただただ何となく秋にやってくる満月の時に、
「十五夜だからね〜」と言って、お団子やススキをお供え物にして、
何となく十五夜を楽しんでいませんか?

この記事では、お団子やススキをお供えする意味はもちろん、
日本人として知っておいて欲しい、「中秋の名月」の本当の意味などをサクッと解説しちゃいますよ。

伝統の文化を楽しみながら、美味しい月見団子を食べましょう!

 

十五夜って何?お団子食べれるだけじゃないの?

現代の日本人のほとんどが「十五夜」の深い意味まで知らずに、お月見を楽しんでいるかと思います。
いや、お月見自体もあまりやらなくなってきましたかね?

スーパーや和菓子屋さんに行けば、そのころには月見団子が売っているので、
「お団子食べたいなぁ」という感じで、何となく「お月見か〜」という感じじゃないでしょうか?

そもそも十五夜とは、別名「中秋の名月」と言われておりまして、
「中秋の名月」の意味は、秋の真ん中に出てくる満月のことを指しています。

旧暦では1月~3月を春とし、4月~6月を夏、そして7月~9月を秋に。
10月~12月を冬と設定していたので、8月の真ん中15日に出る満月、ということで、
「十五夜」と呼ばれるようになったんですね。

でも、現在は旧暦からは大分ずれてきていますので、9月の7日〜10月8日の間に出てくる満月の日を、「十五夜(中秋の名月)」としているわけですね。

十五夜の月見団子のその姿は、満月を模したものだった!

で、そんな十五夜に何でお団子やススキをお供えするようになったのか?という疑問が湧いてきますが、
これは、丁度秋から始まる食物の収穫に感謝する「初穂祭」という意味合いがあります。

初穂祭とは、農耕,狩猟,漁業などをその年初めての収穫物を、神様に供えるという習慣のことで、それらの収穫物の成熟や感謝を込めて行われる儀式ですね。
そんな意味があるので、秋の収穫の前にお供えするんですねー。

ススキをお供えする意味は?

tsukimi2

十五夜でお供えするものといえば、一般的に知られているものとしては、
ススキとお団子なんですが、まずはススキをお供えする意味から見てみましょう。

ススキは、月の神様を招く依り代(よりしろ)の意味があります。
また難しい単語が出てきましたが、依り代(よりしろ)とは簡単に言えば、神様や霊が寄りつく物という意味があり、要するに依り代があると神様が来てくれる、ということですね。

で、その月の神様の依り代というのが、本来は稲穂らしいのですが、この時期に稲穂が無いことから、形の似たススキを供えるようになったと言われているんですね。

また、ススキには別の意味もあって、魔除けの力があると信じられていたんです。ススキをお供えしてついでに健康を願っていたんですね。

とまあ、そんな2つの意味合いでススキをお供えするようになったわけです。

 

お団子をお供えする意味は?

tsukimi3

次にお団子をお供えする意味について、書いて行きましょう。
そもそも昔は「中秋の名月」は9月頃に収穫される「芋」をお供えしていたことから、「芋の名月」とも呼ばれていたのですが、
中国でも同じような習慣があり、中国では月餅と呼ばれるお菓子をお供えしていた、というところからそれが日本に伝来してきて、月見団子になったとも言われております。
もとは中国だったんですね〜。

あ、ちなみに月餅とは、表面に文字や絵などが描かれていて中に餡が入っている中国のお菓子のことですね。結構高カロリーっぽくて好きですが^^
しかし、単純にお団子が満月のように見えるから、という理由で月見団子と言われている、という説もありまして、真相の程はちょっと謎ですね。

十五夜のお供えは、家族の健康と幸せのために。

まあ、いずれにせよ、秋の満月を豊穣の象徴として、農作物などの豊作を祈る、大切な儀式だったのは間違いありませんよね。
現代となっては豊作を祈るというよりは、物事すべてにおいての結実、家族の健康、幸せの願いを込めているようです。

中国は唐の時代から月餅をお供えしていた、という説もあり、それが日本の平安時代の貴族の間で広まり、その後に武士や町民などの広がっていった、という歴史の長い風習ですので、
物事に対する感謝の念を忘れがちな現代となった今だからこそ、1年に1度くらいは先祖に感謝しながら、家族の幸せを祈ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

というわけで、十五夜とは別名「中秋の名月」と言われており、
お供えに使われるススキは月の神様を呼び込むために。
お団子は中国から月餅が伝来して、月に似ている月見団子となったらしい、
という意味があるらしい、ということはわかりましたが、
忙しい現代ですが、たまには今を生きていることや、先祖を想いつつ、
1年に一度は感謝を思い出すことではないかと思います。

あと、おいしいお団子も食べたいですしねー^^