恵方巻の正しい食べ方を完全解説!7つ全部のルール守ってる?

近年、節分になると大々的に売り出されるようになった恵方巻き。デパートや寿司屋など専門店のものから、スーパーやコンビニなど手軽に楽しめるようになりました。豆まきと共に定着しつつある恵方巻きですが、食べ方に意外と細かいルールがあるのを知っていましたか?実は結構細かい決まり事があるんです。次の節分では食べ方の細かい決まりを話してあげると皆から感心されるかも…。豆知識を楽しみつつ、家族みんなで節分を楽しみましょう!

そもそも恵方巻きって?

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

「恵方巻き」は最近つけられた名前だった!

恵方巻きの発祥はどこか知っていましたか?江戸時代から明治時代にかけて、大阪の花街で節分を祝ったり、商売繁盛を祈願する時に食べられたのがそのルーツとされているようです。関西の風習ということで、関東地方では最近まで特に馴染みがなかったのも頷けます。元々は「まるかぶり寿司」という名前がついたもので、「恵方巻き」という名前は某大手コンビニチェーンが平成10年に初めて商品名として採用しました。「恵方巻き」という名前自体は、実はまだまだ歴史が浅いのです。このおかげで、恵方巻きはメジャーな季節の食べ物として全国に広まりました。販売促進効果は抜群だったということですね。

知らなかった、恵方巻きの由来

恵方巻が食べられるようになった由来にはいくつか俗説がありますが、一番メジャーなものとしては「男性のシンボルに見立てた恵方巻きを女性が願いを込めて丸かじりする」という説です。大阪の花街で始まったとされるため、信ぴょう性のありそうな説ではあります。遊郭の商売繁盛と女性の幸せ(縁結び・子宝)を願って行われた芸者さんたちのイベントだったとか。あまり公になっていないもの納得です。しかし子どもに「なんで恵方巻きを食べるようになったの?」と聞かれても、これでは答えにくいことこの上ないですよね。

こんな説も!子どもに教えたい由来

由来に関する俗説の中には「節分の鬼退治として食べるようになった」というものもあります。恵方巻きの具は7種類とされていて、それぞれ七福神に見立てた意味を持っています。この具の中のしょうが・でんぶなどの赤いものを「赤鬼」、キュウリなど青いものを「青鬼

」に見立てて食べてしまい、鬼退治するという説。やや無理があるような気がしないでもないですが、これなら安心して子どもにも教えられますね。

恵方巻きはこう食べるのが正しい!7つのルール

恵方巻きの食べ方として、実はいくつか決まりがあります。断片的に知っている方は多いと思いますが、全部知っていましたか?全てを守って食べるとなると中々大変そうです。

恵方を向いて食べる

これは名前の由来にもなっている重要なルールです。「恵方」とは、縁起の良い方角。歳徳神と呼ばれる、その年の福の神様がいらっしゃるとされている方向です。その方向を向いて食べることになります。正式には中国式の方位で決められるのですが、これは西暦の下一桁の数字によるのです。日本で馴染みのある表記にすると、

6・1→南南東

7・2→北北西

8・3→南南東

9・4→東北東

0・5→西南西

というように決められています。実は恵方は4種類しかないのです。南南東が2回出てきます)。恵方巻きが売り出されるようになると、その年の恵方もいっしょに宣伝されますが、これを知っていると簡単に恵方を知ることが出来ます。是非食べる前にその年の恵方を確認しておいて下さい。

願い事をしながら食べる

心の中で願い事をしながら恵方巻きを食べると、願いが叶うとされています。その年に叶えたい願い事を一つ決めて、食べている間に願い事を念じましょう。

黙って食べる

「願い事をしながら食べるので、集中力が切れないように」「喋ると口から運気が逃げていくため」…というのは子どもにも話せる理由。ルーツから「男性のシンボルに見立てているので、歯を立てないようにするため」という説もあります。

一気に食べる

ご利益を「一気に頂く」ために、一気に食べきります。こちらにも「男性の…」という説にちなんだ理由から、と言う大人向けの理由も存在します。ちなみに、食べ始めたら口を離さないように、飲み物や汁物は食べ終わってからとるのが正式とされています。しかしやってみると中々大変ですし、のどに詰まりでもしたら窒息につながります。「願い事が終わったら口を離しても良い」とする説もあるので、無理はしないようにしましょう。

丸ごと一本食べる

「男性の…」という説と、「途中で切れるとご利益も切れてしまうため」という説に基づいています。丸かぶりで食べるのは結構大変なものですが、一口サイズに切り分けてしまってはただの巻き寿司。年に一回チャレンジしてみましょう。

笑いながら食べる

春が来るのに障害となる金気(こんじん)を「笑い」という火気で滅ぼす(火剋金)という説です。なかなかハードルが高いですが、余裕がある方は是非チャレンジしてみて下さい。食べている時の自分の姿は、この際気にしてはいけません。

夜に食べる

恵方巻きは「節分を祝う」もの。節分とは立春の前日。大晦日と同じようなもので、基本的には夜に食べるとされています。お昼は学校や仕事などで落ち着いて食べられないことも多いはず。願い事をしながら頂くなら、夜の方が向いているかもしれません。

最近の恵方巻き事情

恵方巻きの知名度が上がるにつれて、色々な商品が売り出されるようになりました。ベーシックな7種類の具が入ったものから子どもも美味しく食べられるもの、スイーツ恵方巻きまで、見ているだけでも楽しい気分になります。自分の好みのものを取り入れてみませんか?お目当ての商品がある場合は売り切れることもあるので、予約がおすすめです。

ベーシックな七福神恵方巻

実は「この七種類!」と決まっているわけではない恵方巻きの具材。ただ、やはりよく使われるベーシックなものは存在します。あなご・うなぎ、きゅうり、卵焼き、しいたけ、でんぶ、かんぴょう、高野豆腐・しょうがなどが良く使われる具材のようです。彩りも良く、お寿司のネタとしても馴染みのあるものばかりで安心して食べられますね。最近は「豪華12種類の具の恵方巻き」のように具の数にこだわりなく売られているものもたくさんです。具が多すぎると食べにくそうですが…。

子どもも喜ぶ恵方巻き

基本的な具の恵方巻きだと、子どもはあまり好まないかもしれません。えび、かにかま、ウィンナーなど子どもが好きな具にしたり、アンパンマンやお花の形など、断面がキャラクターになっているものを用意してみましょう。市販のものもありますが、レシピサイトなどでもたくさん作り方が載っていますよ。

デザートも縁起を担ぐ?スイーツ恵方巻き

ロールケーキを恵方巻きに見立ててミニサイズにしたものや、丸かぶり出来る形状のスナック菓子までも節分仕様のパッケージになって売り出されていたりします。最早なんでもあり状態です。お好みのものを選んでデザートまで徹底してみては。

5831af99c0821992a5bcb7a0f009f3ac_s

まとめ

恵方巻きの正式な食べ方を紹介しました。こんなに細かくルールが決まっていたのを知っていましたか?全てをきちんと守ると、

「節分の日の夜に、その年の恵方を向いて、心の中で願い事をしながら、無言で、一気に丸ごと一本を笑いながら食べる」

ということになります。想像すると中々シュールな光景ですね!全てを守らずとも最低限を押さえて、是非家族で節分の一環として楽しみましょう!