七草粥の本当の由来とは?伝統的な作り方と美味しく食べる作り方

お正月が過ぎて年末年始の食卓の盛り上がりも落ち着いてくると、次に食品売り場で並ぶのは七草です。七草粥のために普段はあまり見かけない葉物がセットで売られている場面を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。七草粥の正しい由来、知っていましたか?作り方って決まっているんでしょうか。この記事では七草粥の基本的な知識に加えて、淡泊な味になりがちな七草粥を美味しく食べるためのレシピも紹介します。来年のお正月は七草粥まで楽しみましょう!

どうして七草粥は誕生したの?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。小さい頃に覚えたことはありませんか?これが七草粥に使われる草の名前です。もちろん全部で7種類。この七草をお粥にして一月七日に食べるのです。七草粥は古くは平安時代、中国から伝わった風習のようです。季節の行事として広まったのは江戸時代で、これらは早春にいち早く芽を出すことから邪気払いの効果があると言われ、無病息災を祈るために食べ始められました。さかのぼると、まな板の上で草を刻む回数も決められていたそうです。また、年頭に当たってその年の豊作を祈願する意味もあったようです。七草粥に使われる草の種類や数は土地によって異なったそうですが、現在はこの7種類で定着しています。

「七草」の効果とは?

七草粥を食べる理由として、「お正月に暴飲暴食で疲れた胃腸を、七草が入ったお粥を食べて休める」と聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。これも間違いではありません。七草粥に使われる七草は、日本のハーブのようなもの。それぞれに作用があるのです。「お正月は青野菜が不足しがちなので、意識して食べて栄養バランスを整える」→「無病息災」を願うという意味もあります。

七草の効能

では、実際に七草それぞれにどんな効能があるかを見ていきましょう。聞き慣れない名前のものでも、実はよく知っているものの別の呼び方だったりするものもありますね。

芹(セリ)

「競り勝つ」という意味も込められています。解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など様々な効果があります。鉄分を多く含んでいます。

薺(ナズナ)

「撫でて汚れを除く」にかけられています。別名はぺんぺん草です。

利尿作用や解毒作用、止血作用を持っています。胃腸障害やむくみの解消にも効果的です。

御形(ゴギョウ)

「仏体」の意味があります。別名は母子草(ハハコグサ)です。

 痰や咳に効果があり、のどの痛みもやわらげるなど呼吸器に効果的です。

繁縷(ハコベラ)

「反映がはびこる」にちなんでいます。

腹痛薬として昔から薬草で用いられていて、胃炎に効果があります。また歯槽膿漏にも効果があるようです。

仏の座(ホトケノザ)

「仏の安座」の意味を持ちます。

胃腸の調子を整えるほか、解熱作用もあります。

菘(スズナ)

「神を呼ぶ鈴」にちなんで七草の仲間入りをしています。これは「かぶ」の別名です。

胃腸を整え消化を促進し、しもやけやそばかすにも効果があります。

蘿蔔(スズシロ)

「汚れのない清白」を表します。どんな植物かと思いきや、大根のことです。

風邪予防や美肌効果に優れています。

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

昔から伝わる、七草粥の作り方とは?

実は、七草粥を作る時間帯も決められていたそうです。あらかじめ6日の晩に作っておき、7日の朝に食べるのが決まり。作る時には調理器具をまな板の上に揃えてから七草を49回刻み、同時に「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にストトントン」などというおまじないのような歌を歌いながら作ったそう。「唐土の鳥」とは怪物のことで、その血が着物にかかると疫病になるという言い伝えがありました。その当時、流行り病は中国からもたらされるとされていたので邪気払いのための儀式・おまじないの一種でもあったようです。あまり調理しているところを見たくも見られたくもないですね…。お粥が出来上がると、一晩神棚に備えてから翌朝に家族そろって食べたそうです。      

七草粥の作り方いろいろ

伝統的な作り方

では、実際の七草粥の作り方を紹介します。作り方はいたってシンプルで、材料はお米と七草、塩、水だけです。お粥をたいて、塩ゆでした七草を入れて塩で味を調える。これだけなのです。七草はシーズンになると「七草粥セット」としてスーパーで簡単に手に入ります。

ちょっと味気ない、物足りないと思ったら

「胃を休めるため」という意味もあるので、七草粥が淡泊な味なのは当然と言えます。しかし、一月七日ともなれば、もうすっかり日常に戻って仕事が始まっている方も多いはずです。朝ごはんにしてはすぐにお腹が空いてしまいそうだし、夕食にするには疲れて帰ってきたところちょっと物足りなく感じてしまうかもしれません。また、お子さんがいらっしゃる家庭では、その淡泊な味ゆえに中々食べてもらえないこともあるとか。ちょっと邪道ではありますが、そんな時に使える七草粥のアレンジを紹介します。本来の目的からはちょっと外れますが、大事なのは雰囲気です!具の増量から味付けのバリエーションまで、意外と幅広い作り方を試してみて下さい。

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

お餅を混ぜる

お正月が過ぎて、余ってしまったお餅はありませんか?お粥だけではすぐにお腹が空いてしまう、そんな時は余ったお餅を投入しましょう。一気に腹持ちが良くなります。朝ごはんにもおすすめですし、何より余ったお餅も消費出来て一石二鳥です。

ささみや白身魚など、タンパク質を入れる

薄味なので、タンパク質補給のためにささみや白身魚を入れても違和感なく食べられます。ちょっと本来の目的からは外れますが栄養バランスとしては良好です。

お粥じゃない?ご飯やうどんにしてしまう

お粥を炊くのが面倒だったり、あまり好きではない人も意外といるものです。そんなときは混ぜご飯として普通のご飯に七草を混ぜてしまったり、またはうどんの具にしてしまってみても。最早お粥ではありませんが…七草を食べられますし、うどんはお腹にも優しいです。

洋風の味付けでリゾット風にする

お米をバターで炒めて、コンソメ等で味付けします。仕上げにチーズを混ぜれば立派な七草リゾットに!ワインにも良く合います…が、胃腸を休めるという目的からは完全にそれてしまいますね。身体の調子とお好みに合わせてどうぞ。

中華風の味付けにする

中華スープや鶏がらスープの素と少しのごま油で、中華風味の七草粥に仕上がります。干し海老やホタテを加えると一気に雰囲気が出ます。元々七草粥は中国から伝わってきたものですのでぴったりかもしれません。

子どもが喜ぶ七草粥

味は淡泊だし、七草の風味にちょっと癖があって子どもは苦手かもしれません。そんな時は醤油や味噌など濃いめの調味料を少し使って味付けしてみましょう。ツナ缶やベーコンを刻んだものを混ぜてみても子供が好む味に近付きます。卵とじ風にしてしまうのも、味がまろやかになっておすすめです。大事なのは七草を食べることです。徐々に大人の味に近付ければいいのです。

まとめ

七草粥の由来、「胃を休めるため」という理由が有名ですが元々は中国から伝わったものだったんですね。知らなかった方も多いのではないでしょうか。七草の名前だけでなく作用も知っておくと、ますます効果がありそうです。身体のためにも、食べ過ぎた年末年始の後には是非食べておきたい七草粥。王道の作り方でもアレンジしても、来年は七草粥を取り入れて無病息災を祈願しましょう!