バレンタインの義理チョコ…職場ではいらない?本音を調査!

バレンタインデーが近づくと売り出される、いろいろな種類のチョコ。ついつい目移りして、自分用にも買ってしまいたくなりませんか?彼氏や好きな人にはどんなものをあげようかな、と選ぶのも1つの楽しみですよね。本命チョコはいいとして、気になるのは義理チョコの存在です。職場の人にはあげるべき?みんな欲しいと思っているの?バレンタインにつきものの悩みについて情報をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さいね!

そもそも、バレンタインデーとは

「バレンタイン」って誰なの?

バレンタインデーってそもそもどんな日なんでしょうか。元々チョコを配り歩く日ではないこと、知っている方も多いと思います。

バレンタインとは何かというと、人の名前です。キリスト教の司教でしたので、海外ではSt.Valentine’s Dayと書きます。当時のローマでは兵士の士気が下がるからという理由で結婚が禁止されていました。男女は別々に暮らして出会いすらありません。そんな時代にバレンタイン司教は密かに男女を出合わせ、結婚させていたのです。しかしそれがローマ教皇に知れてしまい、269年にローマで処刑されました。バレンタインがこんな人物だったので、世界的に「恋人たちの日」として広まったと言われています。

日本独自のバレンタイン

世界では2/14に「愛を交換する日」として、愛する人に花やカードを贈り合います。男女に限らず、友人や家族同士に気持ちを伝えあう日。それがバレンタインなのです。

クリスマスといいハロウィンといい、日本は海外のイベントを取り入れるのが大好き。でも、バレンタインデーにすることは日本独特のものです。海外では男性から女性に花をプレゼントするのが一般的です。でも日本ではご存知のとおり、女性から男性にチョコレートを渡した上で気持ちを伝える日になっているのです。なぜか海外とは逆の形に…。それは一体なぜなのでしょう?

d5264369d92cd8f1ae5fc580fab1f674_s

日本でバレンタインにチョコが出回る理由は

日本のバレンタインのチョコの出どころはどこでしょうか?答えはチョコレート会社のマーケティングです。昭和33年、チョコレート菓子を製造するメリーチョコレートが「バレンタインセール」を行ったのをきっかけに、日本にバレンタインが知られるようになりました。定着するまでに時間がかかったようですが、昭和50年頃には定着してきたみたいです。ハロウィン、恵方巻、土用丑の日…日本人は企業戦略にのせられやすいのかもしれませんね。

義理チョコはあげるべきなの?

すっかり定着したバレンタインですが、特に愛を告白したくもない人に渡す「義理チョコ」は昭和60年近くに出現したようです。ついでに、男性が女性にお返しをする「ホワイトデー」もこの頃に出来たそう。日頃お世話になっている人や、恋愛感情はないけど仲良くしている友人に渡す義理チョコ。各お菓子会社は本命チョコと同じくらい義理チョコの販売にも力を入れているみたいですが…そんな義理チョコについて、実は賛否両論あるんです。

男の人の本音は…?

友達などプライベートで貰うならともかく、職場で貰う義理チョコについて「お返しが面倒」「むしろいらない」という声が多く聞かれることを知っていましたか?「値段を考えてそれに見合うものを選ばなければならない」「結局お返しするほうが高くつく」「連名で渡されたらどうお返しすればいいのか悩む」「お返しで自分のセンスが問われそうで怖い」など否定的な意見を持っている男性は意外と多くいます。もちろん全員そう思っているわけではなく、「貰えたら嬉しい」「楽しみ」という人も中にはいるはずです。「職場」というプライベートを脱した部分が大きな「いらない」要因になっているようですね。

用意する方も実は…

貰う側がいるなら、もちろんあげる側も存在します。バレンタインデーにチョコを用意するのは女性です。女性側でも職場で配る義理チョコは「めんどくさい!」「もうやめたい!」と思っている人、たくさんいるようです。「部署の人から連名で渡すのか」「そうしたら誰が用意するの?」「予算はどう設定しよう」「誰も言い出さないけど、言い出したら自分がチョコ渡したい人みたいでやだ」など、男性に負けずにネガティブな意見が多く聞かれます。男性側も女性側も実は憂鬱に思っているバレンタイン…。本来の意味も台無しになってしまいますね。

用意するのも悩ましいもの。どうしても配らなければいけないなら、どうせだったら人気のものを選んで喜んでもらいましょう!

こちらの記事で良さそうなブランドが見つかるかも?

>本命にあげたい♥バレンタインチョコ人気ブランド11選

義理チョコの更に下、「義務チョコ」?

上司や部署の男性陣など、特に何も思っていないけど用意するチョコ。これは「義務チョコ」と呼ばれているみたいです。義理チョコの更に下。最早バレンタインの由来は影も形もないような気がしますが…。「日頃からお世話になっているので、感謝の気持ちをこめて」ということで用意される義務チョコですが、まるでお歳暮やお中元のような扱いになってしまっています。感謝の気持ちを伝えるのはいいことですけどね。

会社によっては「義理チョコ禁止令」!

そんな社員の憂鬱に配慮してか、一部の会社では「義理チョコ禁止令」が出されるとか!これは画期的ですね。会社側から禁止されれば堂々と渡さず、貰わず、悩まず。憂鬱に思って仕事の効率が上がらないのを危惧したのでしょうか。もし勤務先で義理チョコ禁止令が出されたら、もしかしてラッキーかもしれません!あくまで「義理チョコ」の禁止なので、もし「本命チョコ」を渡したい相手が職場にいてもお咎めなし…ですよね。多分。

f67b439c8f743b1af9d0c0018ba983ab_s

結局、どうするのが一番いいのか

男女共に「面倒だな」と感じていても、行動に移すのは中々難しいものですよね。そこで義理チョコについてどう対処すればいいのか、意する側・貰う側に分けてまとめました。バレンタインに職場で義理チョコを配ることになった、義理チョコを貰った方はぜひ参考にしてみて下さいね!

職場で義理チョコをあげるとき

個別に用意するか・連名で用意するか事前に確認する

職場にバレンタイン文化がないところもあります。そんなことを知らずに個別に義理チョコを配ると、喜ぶ人こそいても「一人だけ抜け駆けして…」と思われかねません。また、部署の女性が連名でまとめて用意する習慣があるところもあります。さりげなく様子を伺って、風習を探るのがベストです。勤続年数が長い女性社員にこっそり聞いてみましょう。

安くて手軽なものをあげる

チョコレート専門店のものだと男性はお返しに悩みがちです。義理チョコなら、ポッキーや個包装になっているタイプの身近なお菓子をあげるのもありです!仕事の合間のおやつにもなりますし、お返しにも気を遣わなくて済みます。最近は義理チョコ用としてパッケージが限定の商品もありますね。

手作りOKそうな雰囲気の職場なら、たくさん作れて安いレシピを試してみては?

>バレンタインチョコレシピ♥簡単で安いのに美味しい4選

職場で義理チョコを貰ったとき

個別か、連名かを相談する

チョコの時と同じように、個別でお返しか連名でお返しか、周りと相談するのがいいですね。金額や品物もランクを揃えやすいので、その点は気も楽になるでしょう。

彼女・妻に代わりに用意してもらう

「お返しのセンスがない」と言われるのが怖い男性、結構いるようです。何を選べば喜ばれる、センスがあると思われるのか判断が難しい…そんな場合、奥さんや彼女に見立ててもらいましょう!手ごろな値段で女性目線をクリアしたものをきっと選んでくれますよ。

どちらの立場でも

とにかく、周りと足並みをそろえること。これが一番大事です。1人だけあげた・1人だけあげなかった、では人間関係に支障をきたしかねません。

まとめ

バレンタインの義理チョコ事情について、職場でどう思われているのかの本当の事情をまとめました。お互い義務のように感じており、「いらない」と思っている人が多いようですね。バレンタインデーの本来の意味を考えると本末転倒のような気がしますが…。イベントごとには思い切って飲み込まれてしまった方が楽しめるものです。義理チョコをあげる・もらうことになったら素直に相手の心遣いに感謝して、風物詩だと思って楽しんでしまいましょう!