ホワイトデーのお返しに込められた意味って?マカロンは大丈夫?

ホワイトデーのお返しと言えば、スイーツが定番ですよね。バレンタインデーで義理チョコを貰った、彼女から貰った、もしかしたらチョコと一緒に想いを告白された!…なんていう方もいらっしゃるかもしれません。
いざお返しを考えるときに…マシュマロ、キャンディー、マカロンなど色々なスイーツがあって、どれを選ぼうか迷う方も多いのではないでしょうか。実は、ホワイトデーのお返しには意味があるらしいって聞いたことがありますか?
今回の記事ではお返しの裏に隠された意味をご紹介します。参考にしてみて下さいね。

実はこんな意味を持っていた…スイーツごとに込められたメッセージ

ホワイトデー用に売り出されるお菓子はバリエーションに富んでいますよね。どんなメーカーのどんなものを選ぶかでもセンスが試されるので、お返し選びはちょっと緊張してしまうかもしれません。女子の間では「定番のスイーツにはそれぞれメッセージが込められている」という話を信じている人もいるようです。知っておかないと、うっかり彼女を不機嫌にしてしまったり、不必要に相手を傷つけかねません。ホワイトデーの定番スイーツに込められた意味を紹介していきます。

マカロンの意味は「特別な人」

カラフルで形もコロンとして可愛く、女性はマカロン好きな人も多いですよね。そんなマカロンに込められた意味は「あなたは特別な人」とされています。確かにマカロンは他のスイーツと比べて値段もお高く、高級感がありますよね。特別な人にお返しするものとしてはぴったりのスイーツなので納得がいく方も多いのではないでしょうか。

マシュマロの意味は「あなたが嫌いです」?

「ホワイトデーと言えば」と言われるほど定番のマシュマロですが、なんと!「あなたが嫌いです」の意味を含んでいるとされているようです。口に入れるとしゅわっと溶けてなくなってしまうマシュマロは、関係もその程度という裏付けがあるそう。パステルカラーで可愛いものが多いだけに選びたくなってしまいますが、仲のいい友達や彼女にあげるのは避けるのが無難かもしれませんね。

しかし、「チョコ入りマシュマロ」となると話が変わってくるそうで、この場合は「チョコでもらった女性の気持ちを純白の愛で包んで返す」という素敵な意味になるとか。何だかややこしいですね。

キャンディー

マシュマロと並んで定番なのがキャンディーです。お手頃で日持ちもするし、カラフルでついつい手に取りたくなります。キャンディーは口の中に長く残り、長持ちするので気持ちが長続きする=「あなたが好きです」という意味になるそう。お付き合いが長く続くという思いの表れだととる女性もいるかもしれません。本命の彼女にはキャンディーを選ぶのが間違いなさそうです。

クッキーの意味は「友達でいよう」

クッキーの美味しさは、そのサクサクとした食感にあります。が、ホワイトデーに限ってはそれがあまり良い意味を持たないようです。クッキーのようにサクッとした関係=2人の関係もあっさりしている、乾いている=「友達でいよう」という解釈だそう。義理チョコのお返しとしてはぴったりかもしれません。

キャラメルの意味は「一緒にいると安心」

「一緒にいると安心」という意味が込められているという説があるようです。キャンディーと同じように口の中で長く残るものですし、キャラメルの方が甘くて味が濃いのでプラスの意味として使われるのも納得がいくかもしれません。最近は生キャラメルなども、お返しとしてはオシャレな感じがしますね。

マドレーヌの意味は「もっと仲良くなりたい」

貝殻の形が可愛いマドレーヌ。日本では昔から、貝は縁起がよいものとされてきました。2枚貝は、そんな貝同士がピッタリ合わさることから「縁結び」「円満な関係」を表すとされています。ホワイトデーでお返しにした場合、「あなたともっと仲良くなりたい」という意味になるそうです。形も可愛いですし、もし気になる人からチョコを貰えたら、お返しに気持ちを込めてみるのも良いかもしれませんよ。

チョコレートの意味は、特にない…?

バレンタインデーにチョコを貰って、自分もチョコを返した時に意味が込められるのかというと…特に深い意味はないとされているそうです。ただ、チョコにチョコで返すのでメーカーやブランドのランクには気をつけましょう。比べた時にあまりにも安いものだとがっかりしてしまう彼女がいるかもしれませんので…

バームクーヘンには深い意味はない!

引き出物で使われる時は「長寿と繁栄」「幸せがいつまでも続くように」という意味にとられますが、ホワイトデーのお返しとなると…特に意味はないそうです。ただ、引き出物の印象から「縁起物」というプラスイメージがありがちなので悪くはとられなさそうです。

74c76913fd498ce412fc80e2f7789500_s

定番スイーツ以外にも注意!

ホワイトデーのお返しはスイーツが定番ですが、ちょっとしたプチギフトを選ぶ場合もあると思います。しかし!ここにも気をつけたいことが。プレゼントする前にちょっと目を通してみて下さい。

ハンカチ

使わない人はいないですし、さりげないギフトとして人気のハンカチ。普段使いするものなので送りやすいものですが…。涙を拭くもの、ということから「別れ」を連想させるとされています。中国の風水に起因する理由だそうです。形に残るものを贈りたい時は、ハンカチ以外のものにしておくのが無難そうです。

手作りお菓子

彼女や親しい女友達などなら大丈夫でしょうが、義理でもらったものに対して手作りお菓子で応えるのは深い意味を与えかねません。また、そこまで親しくない人の手作りが苦手という人も一定数います。特に義理の場合は無難に市販のものを選び、リクエストがあった場合のみ手作りをふるまいましょう。

花言葉…花を贈る人はちょっと気にしてみては

ホワイトデーをきっかけに彼女に花束をプレゼントする方もいるのではないでしょうか。花にはそれぞれ「花言葉」が存在しますので、せっかく花を贈るのであれば意味を持たせるのも素敵です。有名なものをいくつか紹介しますので、ぜひ候補の1つに加えてみて下さい。

バラ

バラの花を貰って嫌がる女性は少ないのではないでしょうか。赤と白で意味はちがい、赤いバラなら「愛情」白いバラなら「私はあなたにふさわしい」となっています。相手との関係に応じて色を選んでみては。

チューリップ

これから春を迎えるホワイトデーにはぴったりの花と言えるかもしれません。色により花言葉は違いますが、選ぶなら赤「真実の愛」ピンク「誠実な愛」がおすすめです。

マーガレット

清楚な印象を与えるマーガレットの花言葉は「真実の愛」です。バラなどに比べると華やかさは欠けるかもしれませんが、込められた想いは負けていませんね。

5a651459672852a828ded99211989c05_s

まとめ

ホワイトデーのお返しに込められているという意味を紹介しました。どの程度気にするかは人による、としか言えないわけですが…特に義理チョコを貰ったけれど相手のことを深く知らない場合などは、余計な意味を持たせるのを避けた方が良さそうです。女性は男性よりも占いが好きな人が多いので、どんな人がどれほど気にしているのかわからないのが困りものです。気にしていない人だってたくさんいますよね。

お返しする上で一番大切なのは、「相手の好きそうなものを贈る」ということではないでしょうか。マシュマロだってクッキーだって、相手が大好きなものならOK。もし気にしそうな人なら「特に深い意味はない」ということを一言添えておけばいいでしょう。色々な説があるようですが、お返しの根本的な目的を忘れずに選んでみましょう!喜んでくれそうなものはどんなものですか?

マシュマロも、クッキーもマカロンも…せっかくだから手作りでお返ししたい方は、こちらも参考にしてみて下さいね。

>ホワイトデーに!初心者OKマカロンの手作りレシピ2選

>ホワイトデーに!女子も男子も絶対喜ぶ手作りクッキーのレシピ4選

>ホワイトデーに!マシュマロを手作りできる簡単レシピ5選