「バレンタインのお返しはいらない」…本当にそう思ってるの?

バレンタインにチョコを貰ったら、気になるのはお返し。一体何をあげたら喜んでもらえる?下手なものはあげたくないし、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。
しかし、最近は「バレンタインのお返しは欲しいか?」という質問に対して「いらない」と答える女性が増えているようなのです。それは本当なのでしょうか?信じて準備しなくてもいいものなの?…今回の記事では、そんな女性の本音をまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

実は4割弱が「お返しいらない派」?

1071ae5db1f297b0445ca1a0a1e0e6ea_s

オリコン調査の「バレンタインのお返しでもらって嬉しいものランキング」の結果を見てみましょう。

【本命】

1位 お返しはいらない 23.0

2位 アクセサリー 21.0

3位 食事 12.2

4位 クッキー 11.6

5位 その他のお菓子 6.4

6位 ブランド物 6.3

7位 花 4.2

8位 ハンカチ 1.8

8位 マシュマロ 1.8

8位 洋服 1.8

11位 キャンディー 1.6

その他 6.4

【義理】

1位 お返しは要らない 35.2

2位 クッキー 33.8

3位 その他のお菓子 9.0

4位 キャンディー 6.4

5位 マシュマロ 4.0

6位 ハンカチ 3.4

7位 食事 2.6

8位 花 0.8

9位 ブランド物 0.6

10位 アクセサリー 0.4

11位 洋服 0.2

その他 3.6

…ご覧の通り、本命チョコ・義理チョコどちらに対してであっても一位は「お返しはいらない」という結果になっています。果たしてこの結果を鵜呑みにしていいのか迷うところですね。あくまでもアンケートなので本音かどうかわからない部分があるだけに、なかなか判断が難しいと言えるのではないでしょうか。「お返しはいらない」と回答した人には2パターンいると考えられます。

建前で言っている

いかにもお返しを欲しがる素振りを見せるのは、あまりお上品なこととは言えません。したがって「お返しは気にしないで」と一言添えてくれる場合です。この場合はいらないといいつつも、実はお返しを期待しています。もし本気にしてお返しをしないとするとどうなるかを想像してみましょう。

本命の彼女にお返しをしなかった

いざ、ホワイトデーに「お返しいらないって言ってたから無しね!」と済ませたとします。彼女は「確かにいらないって言ったのは自分だけど、頑張って作った(又は選んだ)のに貰いっぱなしなの?でも自分で言った以上催促出来ないし…」とモヤモヤを残すことになるでしょう。後々のケンカのタネにもなりかねません。

義理チョコにお返しをしなかった

義理チョコを貰う場合というのは、大抵職場や趣味のサークルなどでしょう。その場合は連名で貰うなど複数の女性から貰い、自分以外の人もバレンタインを貰っている人が多いことが考えられますよね。
もしも自分以外の人がお返しをあげていた場合、「○○さんはお返しにこんなものくれた!」「□□さんはくれなかったね」などと陰で言われてしまうかもしれません。もしかすると来年以降にバレンタインは貰えない可能性もあります。しかしお互い義理の交換で面倒に思っている場合もあるため、これを機会に交渉して義理の交換を廃止してしまうという手もあります。

本音で言っている

大箱から個包装のもの一個ずつ配られたなど、用意する側も気を遣っていないため本気で「特にいりません」と言っている場合もあります。もらった物を見て判断するのが良いですが、適当なチョコ一個でもお返しを期待する人も中にはいると思われますので、ちょっと難しいですね。「いらない」と言われても実際にプレゼントされると嬉しいもの。ほんの気持ち程度でも用意しておくのが良いかもしれません。

実際の意見

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

ホワイトデーにお返しを貰った女性からは「期待しないとはいえ、ちょっとしたものでも貰うとやっぱり嬉しい」「さり気なさで密かに株が上がる」という意見がある一方で、「下手なものを貰うくらいなら、いらない」「義理のつもりであげたのにお返しが本気すぎて引いた」「貰ったのはいいが、始末に困った」せっかくお返しをあげても、こんな評価をされてしまってはショックですね。一体どんなものをあげるとまずいのでしょうか。

確かにこれは…残念なお返しの実例とは

「大して親しくもないのに、いきなり手作りお菓子。何が入っているかわからないからちょっと怖い」…逆の立場を想像すれば納得できそうです。仲がいいとか、手作りする約束をしたのでもない限り無難に市販のものにしておきましょう。

「オフィスのすぐ隣のコンビニに売っていたお菓子。適当さがにじみ出ていた」…仕事に追われてホワイトデーのこともうっかり忘れがちになるかもしれませんが、せめてコンビニで調達するのは避けるようにしましょう。

「義理でちょっとしたものを皆に同じように配ったのに、お返しが高価そうなネックレス。意味を図りかねるし、申し訳なくて受け取れない」…本命の人からチョコが貰えても、まず自分の気持ちをきちんと伝えてから高価なものをプレゼントするようにしましょう。

「男友達から、まさかの下着。ジョークのつもりだろうけど引いた」…親しき仲にも礼儀あり、です。下手したらセクハラです。

「興味のないゆるキャラグッズ。捨てるに捨てられないけど、使いたくもないし」…好みがはっきりわからない場合のキャラクターグッズは避けておくのが無難です。

女性は特に、そういった情報を他人と共有するのを好む傾向にあります。うっかり組織の中で「気持ち悪い」とレッテルを張られてしまった日には、名誉挽回するまでにかなり苦労すると思っていた方がいいでしょう。それに気を遣うからこその、お返しの悩みかもしれませんね。

結局どうするのが正解か?

迷ったら、とりあえず用意する!

もし「お返しはいらないからね!」と言われたとしても、とりあえず用意しておくのが正解でしょう。相手から何か貰ったら、お返しをしたくなるのが日本人というものです。そもそもホワイトデーでお返しするというのは日本で生まれた風習ですので…。もしも本気で拒絶されたら渡すのを辞めればよいのです(ちょっと傷つきそうですが)。ちなみに、同じオリコンランキングによると、周りの男性はお返しにこんなものを選んでいるようですよ。

ホワイトデーのお返しにあげたものランキング

【本命】

1位 クッキー 23.6

2位 食事 14.0

3位 アクセサリー 13.2

4位 お返しはしない 7.6

5位 その他のお菓子6.2

6位 花 5.0

7位 マシュマロ 3.8

7位 ブランド物 3.8

9位 キャンディー 3.4

10位 洋服 2.8

11位 ハンカチ 2.4

その他 14.2%

【義理】

1位 クッキー 43.0

2位 お返しはしない 20.2

3位 キャンディー 14.4

4位 その他のお菓子 6.0

5位 マシュマロ 5.6

6位 ハンカチ 3.0

7位 食事 0.8

8位 アクセサリー 0.6

9位 花 0.4

10位 ブランド物 0.2

その他 5.8

「お返しはあげない派」も一定数いる結果となりました。迷ったらクッキーを用意するのが一番無難と言えそうですね。消え物であるお菓子があげる・貰う側にとって負担も少なく人気のようです。

もしもリクエストが聞き出せなかったら、こちらの記事を参考にお返しを考えてみてはいかがでしょうか。

>バレンタインのお返しに!本命の彼女が喜ぶギフト14選

>バレンタインの義理チョコお返しで好感度UP!厳選アイテム3選

まとめ

「バレンタインのお返しはいらない」という言葉の裏側に迫ってみました。本当に大して期待していなくても、やっぱりプレゼントされると嬉しいもの。ここは「いらない」を鵜呑みにしないでちょっとしたものをお返しするのが紳士的でしょう。ランキングを参考にクッキーを用意すればほぼ間違いなしではないでしょうか。
お互いに何かと気を遣うことの多いバレンタイン・ホワイトデーですが、人間関係がスムーズにいくようなきっかけになるイベントとして上手く活用したいですね。