十五夜とは満月ではなかった!中秋の名月との違いは?

十五夜と聞くと満月とあなたはイメージしているかもしれません。
サイトでも十五夜は満月ですかという質問も多数寄せられているのも事実です。
ですが実際のところ、十五夜は満月ではありません
どういうことよ!?その疑問お答えします。
噂によると、十五夜がばっちし満月になるのは少ないそうでほとんどが満月ではないみたいですよ。

 

そもそも十五夜が満月ではないとはどういうこと!?

ec45c11d6e600d4e64f26bbd7cdca46b_s
そもそも十五夜とは何でしょうか?十五夜は旧暦の15日のことをいい、毎月あります
その昔、今で言う天文学が未発達だった時代、旧十五日を満月と見なしていたことが由来とされています。
天文学が発達した今、満月は旧十五日より遅れることが分かっており、厳密に言うと十五夜は満月ではないとされています。
それにしてもビックリですね。今の今まで十五夜は満月だと思っていた人が多いと思います。
これからは正しくこのことを理解しましょうね。

 

秋といえば中秋の名月とよく聞きますが、中秋の名月とは?

ed17318a466aedd6a4c184a179f3c520_s
秋といえば十五夜と同じくらいに中秋の名月という言葉をよく耳にします。
この中秋の名月とは何なのでしょうか?
中秋の名月とは旧暦の8月15日のことを指し、こちらは一年に一度だけしかありません
またこの時期の風習として、月見団子やすすきを供えますね。
それはなぜかというと秋のほどよい気候が月をくっきり見えるからだそうです。
一方春では月が霞んで見え、夏や冬は暑かったり寒かったりお祝いごとをするには秋がぴったりと言った説もあります。
この中秋の名月も満月ではないことが多くそれほど神経質にならず月を見るのを楽しみましょう。

 

十五夜と中秋の名月との違いは?

それでは十五夜と中秋の名月との違いをまとめていきましょう。
十五夜は旧暦の15日の夜のことを指し、中秋の名月は旧暦の8月15日のことを指します。
十五夜は実は毎月あり、中秋の名月では一年に一度しかありません。
気候的な理由も一節にはありますが、秋の月は見やすいことから始まったとされています。
かなり厳密に違いがあるので、混同しないようにしましょうね。

 

中秋の名月に供える月見団子は地域によって違う!?

7bd58dd1d388b46e9200e3e8a4c98023_s
中秋の名月で供えるものといえば月見団子ですよね?その月見団子地域によっては違うことをあなたはご存じですか?
月見団子のイメージは、一個は黄色い丸い団子であとは白い丸い団子がたくさんあるといった感じです。
他の地域の月見団子を見ていきましょう。

沖縄の月見団子

沖縄の月見団子ではふちゃぎと呼ばれるお餅に蒸した小豆をまぶした団子を食べます
小豆には魔除けの意味が込められており、小豆を潰さずそのまま団子にまぶして食べるようですよ。
それにしても何とも沖縄らしい風習ですね。

関西の月見団子

主に関西では、里芋のイメージや一節によっては雲のイメージとも言われている白い楕円形の団子にあんこを巻いている一風変わった月見団子が味わえます。
もともと関西は京都にも近いこともあり、その京都の秋の収穫祭のメインが里芋だったこともありその名残が残ってこういう形になったそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私も実は今まで十五夜は満月だと思っていました。ですが厳密には意味が違い、満月ではないことがしっかり理解できました。
ただ残念なことに十五夜で満月の方が圧倒的に少ないことにも驚きを隠せません。
十五夜は毎月あり、中秋の名月が一年に一度しかないことが大きな違いです。
あなたのお子さんに聞かれた時はこのことを伝えてあげてくださいね。
今年も中秋の名月が近づいていますが、一度は違った月見団子を味わいたいものですね。
そう神経質にならず綺麗な月を今年も見れるとなるとワクワクしてきます。