海外旅行の持ち物リスト25点~手荷物バック編~

海外旅行の時に荷物のパッキンで悩むのは、どれを預け荷物にして、どの荷物を機内に持ち込むか。海外旅行は、フライト時間も長いので、あれもこれも、機内に持ち込みたくなってしまいますが、手荷物バックに入れる量は限度があります。そして、手荷物として持ち込める物には制限があるのです。今日は、手荷物バックにいれて機内に持ち込みたい持ち物リストを紹介します

手荷物バックの中身25点

パスポート

これを預け入れる人はいないと思いますが、パスポートは持っていないと飛行機に乗れません。

1.航空券

こちらも絶対に必要なものですね。E-チケットです。念のためPDFデータをスマートフォンに保存しておくか、2枚プリントしておくことをお勧めします

2.現金

日本円と現地通貨両方、大切な物なので目の届きやすいところに持っておきましょう

3.クレジットカード

海外旅行に行く時は最低でも一枚はクレジットカードを持った方が良いと思います。現金よりもセキュリティーが高いですし、海外保険もついているものも多く安心です。

4.海外旅行傷害保険証書

病気やケガのほかに、手荷物遅延などの保証などつけることが出来ます。クレジットカードについている保険もありますので、自分に合ったプランを加入しましょう。

5.緊急連絡先のメモ

大使館やクレジットカード会社、旅行会社等の緊急連絡先は予備でメモをとっておき一覧にしておきます。海外ではロストバゲッジといって、預け入れ荷物が無くなってしまうこともあります。遅れて手元に来るということも起こり得ますので、メモは手荷物に入れておきましょう

ここまでが、貴重品類です。貴重品は肌身離さず、常に持っておくように心がけましょう。パスポートケースなどに入れておくことをお勧めします。

6.歯磨きセット&おりたためるコップ

フライト時間が長いと、機内食も何回か出ますし歯を磨きたくなります。歯磨きセットは持っていきましょう。100均などでも売っている折りたためるコップも持っていくとさらに便利です。そして歯磨き粉の持ち込みですが、歯磨き粉は液体の持ち物類に属します。ですので、100ml以下の旅行用の小さな歯磨き粉にし、透明な袋に入れて持ち込みましょう。

7.ウェットティッシュ

隣の方が寝ていたりすると、なかなか手だけ洗いたくても、トイレに立つのが申し訳なくなる特があります。現地でも何かと重宝するので持っていくと良いですよ。

8.ティッシュ

こちらもウエットティッシュ同様に、持っておくと何かと重宝します。しかし、海外ではティッシュはあまり売っていない場合もあるのです。もちろん日本のように道で配っている国はありません。持っていきましょう。

9.コンタクトケース

コンタクトの人は必需品ですね。機内は乾燥しますし、ずっとコンタクトを入れっぱなしはきついですね。コンタクトケースに洗浄液も入れておきましょう。液体になるので、歯磨き粉同様、透明の袋に入れて持っていきます。

10.メガネ

こちらもコンタクトに方は必需品ですね。

11.マスク

飛行機の中はかなり乾燥しています。私は乾燥すると喉にくる体質なので、飛行機の中で寝る時はマスクをして寝るようにしています。これだけで、かなり喉の調子が変わってきます。

12.リップクリーム

こちらも乾燥対策として持っていきます。

13.スリッパ

飛行機によっては、スリッパがついているところもありますが、私は安いものですが自分用のスリッパを持ち込みます。パタパタしない、靴型のスリッパがお気に入りです。

14.羽織るものまたは、スカーフ

飛行機の中はいつのシーズンでも寒いと感じるのは私が冷え性だからなのでしょうか?毛布を借りるほどでもない場合も多いので、温度調整できる上着や、スカーフを持っていきましょう。

15.ふき取るメイクシート

長時間のフライト中にメイクをしていると気持ち悪いと思う方は、持っていき、一度メイクをオフしてしまいましょう。

17.化粧水&乳液

こちらは100ml以下のミニサイズのみ持ち込み可能になります。透明の袋に入れて持っていきましょう。コンビニなどで売っているトラベルコスメがお勧めです。

18.メイク用品

最低限のメイク用品があると現地に到着した時に便利です。こちらも液体用品になるので100ml以下の物で透明の袋に入れて持ち込む必要があります。コンビニのトラベルコスメや、お試し用の物を活用しましょう。

19.飴、グミ、フリスク、チョコなど

小腹がすいたときにもおすすめですが、グミや飴を口に入れておくと、離着陸の際の耳抜きが上手く出来たりします。特に耳抜きが苦手なお子様にはお奨めです

20.スマートフォン

なにがなくても、スマートフォンですね。USBケーブルも一緒に持ち込めば、機内で充電することも可能です

機内ではインターネットにつなぐことは禁止されていますが、オフライン状態であれば携帯ゲームも可能です。オフラインでも遊べるスマフォアプリを事前にダウンロードしておくと、機内の暇つぶしにもなります。

21.本や電子書籍、音楽機器

長いフライト時間を有効に過ごせるアイテムを持っていきましょう。普段なかなか時間が取れない方は、読書にあててもいいですし、音楽を楽しんでもいいですね。音響機器を使用するときは必ずイヤホンも忘れずに。また、機内で新しくコンテンツをダウンロードすることはできませんので、前もって準備しておきましょう。

22.ボールペン

入国審査の紙を記入するときに必要になります。忘れやすいアイテムなのですが、すぐ出せる場所に入れておきましょう

23.機内枕

これがあると、少しはフライトの疲れが軽減されますよ。空気を入れて使うタイプの物もあるので、探してみて下さい。

24.アイマスク

飛行機は真っ暗になることはありません。常に少し明かりがついていますので、真っ暗でないと寝られないという方は持っていきましょう

25.耳栓

意外と、飛行機の中は静かな分、周りの音が気になって寝られないものです。

以上が手荷物として、機内に持ち込みたい持ち物リスト25点です。

person-779718_1920

機内持ち込みNGなもの

機内持ち込みはセキュリティー上厳しく制限されています。
ハサミやライター、花火などの火薬類、スプレーなどの高圧ガスは持ち込み禁止です。また、水銀や液体バッテリー、殺虫剤などの毒物類、オイルや塗料などの引火性物質も禁止です。

こうかかれると、そんなもの持っていないと思われるかもしれませんが、化粧ポーチに入っている爪切りやかみそりも刃物とみなされることがありますので注意してください。
また、ヘアースプレーや制汗スプレーも国によっては持ち込み禁止になっている国もあるので、預け入れ荷物に入れておいた方が無難です。

手荷物リストのところにも書き込みましたが、液体は100ml以下で透明の袋に入れることとなっています。ですので、歯磨き粉や化粧品などは透明の化粧ポーチにひとまとめにして、試供品やトラベルコスメなどのミニサイズを持ち込むようにしましょう。

手荷物チャックが終わった後のエリア(制限区域内)で購入したものは、基本は機内に持ち込み可能です。(LCC航空利用の場合は別)飲み物や、化粧品などは、制限区域内にコンビニもありますので、そこで購入して機内に持ち込むのもおすすめです。

機内持ち込み用手荷物バック おすすめ品

手荷物バックはどんなものが良いのでしょうか?日本でのバックと同じ基準では選ばないようにした方がいいと思います。特に女性の方は。

handbag-1558855_1920

ポイントは、すりなどの防犯対策が出来ているバックで、できるだけ軽くて持ち運びしやすいバックが理想です。ブランドのバックなどはやめておきましょう。華美すぎないデザインのもので、バックの中にもジッパー付きポケットがついているものを選ぶようにします。

<EmmaBasicGrow>のショルダーバック

<gbqueen>旅行用ショルダーバック

等がお勧めです

まとめ

いかがでしたでしょうか?機内に持ち込む手荷物リスト25点を紹介しました。預け入れ荷物と手荷物と、上手に仕分けて、快適な飛行機の時間をお過ごしください。