海外旅行の持ち物でうっかり忘れがちな物9点と便利な物21点

海外旅行大好き、海外渡航経験数十回の筆者ですが、「あー持ってくるの忘れたわ」ということもしばしばあります。
うっかり忘れてしまう物って、決まっているんです。そして、うっかり忘れるものは現地で必ず使うものだったりします。
自分のためにも、うっかり忘れてしまうものをリストアップしてみました。
その他、海外旅行に行くのに持ち物もリスト化しましたので、どうぞご覧ください。

うっかり忘れがちなもの9点

1.筆記用具

これ、本当に現地で必要です。買えばいいんですけど、飛行機の中でも使うので、持っていった方が絶対に良いです。飛行機の中では、着陸前に各国出入国書類を渡されて記入します。忘れても、着陸後カウンターで書く事は出来ますが、入国時間が遅くなります。ボールペン一本は忘れず機内持ち込み荷物に入れておきましょう。そのほか、蛍光ペンも持っていくと便利ですよ。地図にマークして目立たせたり、ガイドブックにマークしていきたい場所を確認したりと使います。

さらにメモ帳も持っていきましょう。現地の人と筆談することもできますし、思い出を書きとったり、記念ハンコを押したりと色々使えます。

2.スリッパ

海外ホテルについてから「忘れた」って思ったこともしばしばの、スリッパです。海外のホテルでは靴文化ですから、室内スリッパが無い場合が多いいです。ビーチサンダルでもいいので室内履き用のスリッパを持っていきましょう。

参考までにですが、私は、靴型のルームシューズを愛用しています。うっかりホテルの廊下に出てしまっても大丈夫ですし、飛行機の中でも着用して足をリラックスさせています。

3.パジャマか部屋着

これも海外のホテルにない場合が多いいです。ガウンがあるだけのところも。これではリラックスして寝むれないので、部屋着またはパジャマは必需品。

ですが、忘れるのですよ。なぜか。そんな時は、日本で絶対機内、お土産用のILOVE○○なんていうプリントがされたTシャツと、短パンを買う羽目になります。はっきり言ってもったいない買い物です。忘れないようにしましょう。

4.常備薬

健康な時は薬の事なんて気にしないでパッキンしてしまいますが、現地でお腹が痛くなったり、風邪気味になってしまって後悔する忘れ物が常備薬です。海外で薬を買うって怖いですよ。結局我慢して過ごすことになります。旅行が台無しになってしまいます。私は風薬、下痢とめ、胃腸薬、鎮痛剤、あと酔い止めは必ず持っていくようにしています

cold-1972619_1920

5.ボディータオル

こちらも海外のホテルにはついていない物です。あまり売ってもいません。むこうの方は手で体を洗うのでしょうか・・・?私はしっかり泡立てて体を洗わないと、洗った気がしないのでボディータオルを日本から持っていきます。

6.複数口のコンセントタップ

スマートフォンはもちろんの事、デジタル機器は旅行の必需品になっていますが、必ずやらなくてはいけないのが夜の充電。
しかしホテルの部屋はフリーで使えるコンセントタップが一個しかない場合もあります。家族旅行の場合、充電の優先を争って喧嘩になります。喧嘩になるたびに、あー忘れたと思う複数口のコンセントタップ。これさえあれば、充電めぐって争うことなく、楽しい旅行が過ごせますね。

7.延長コード

枕元にスマフォを充電させながら置いておきたいですよね。でも、ホテルによっては枕元にコンセントがない設計の部屋が多数。たまにじゃなくて、結構な頻度で枕元にコンセントがありません。日本のホテルは心使い最高だなって思う瞬間ですが、枕元にコンセントが無いのは不便です。延長コードを持っていきましょう。

8.緊急連絡先のメモ

大使館、旅行会社、クレジット会社、航空会社等の問い合わせ先は必ずメモしておきましょう。私は一度、飛行機の中に忘れ物をしてしまって焦った経験があります。航空会社に問い合わせをして、帰国の時に忘れ物が返ってきた経験があります。盗難にあった時などにすぐに連絡できるようにメモで残しておきましょう。

9.歯磨きセット

ホテルにはついていますが、私は、歯磨きセットを飛行機の中に持ち込みます。長時間のフライト中は食事やお菓子が幾度と出てきます。飛行機の中か、空港で一度歯を磨いてすっきりさせたいので手荷物に歯磨きセットを入れておくようにしています。

以上9点が、私が過去何十回と旅行に行ったなかで、「あっ忘れてしまった」と思うもの達です。持っていると便利ですし、活用できます。皆さんも忘れないように持っていきましょう。

海外旅行に便利な持ち物21点

忘れがちな物以外に、海外旅行に行く時の持ち物もリスト化しておきますね。これを見て準備してください。

1.パスポート

2.航空券

3.クレジットカード

4.現金

10から13のものは、絶対忘れてはいけない貴重品です。うっかり忘れは許されませんので何度も確認しましょう。

5.衣類

6.洗濯グッズ

持っていく衣類を減らすには、現地で洗濯することが一番です。下着などは部屋で洗濯して干しておくと乾燥対策になりますし、持っていく枚数も減りますね。洗濯用ロープと洗濯バサミ、洗剤は持っていきます。

7.携帯電話

8.充電器

9.カメラ

こちらは旅行の新3種の神器でございます。これらは忘れたことがありませんが、充電器を忘れた友達はいます。充電できなかったら、ただの物になってしまいますのでお忘れなく。

10.化粧品

11.日焼け止め

12.サングラス

13.虫よけスプレー

化粧品は日本から持っていった方が安心です。日本と海外では薬事法が違うので同じブランドの物でも成分が違ったりしますので。

そして男性も日焼け止めや、ローションを持っていった方がいいですよ。海外リゾート地は日本より紫外線が強いです。肌が真っ赤にはれ上がってしまった男性をよく見かけます。

cosmetics-106982_1920

14.ガイドブック

15.現地地図

スマートフォンがあれば、大概の情報を海外でも見ることはできますが現地のWI-FI環境は国によって違ってきますので、やはりガイドブックは一冊ある方が便利です

現地地図は現地語と日本語が書いてあるものを用意しましょう。タクシーの運転手さんや現地の方に道を聞くときに現地語で書かれているとわかってもらえます。

16.エコバック

日本より環境についての意識が高い海外の国々。特にヨーロッパ方面はその傾向が強く、コンビニエンスストアーでも買い物袋はついてきません。

ちょっと買い物に行くにもエコバックをもって買い物に行きましょう。

17.飴 グミなどのお菓子

耳抜きが苦手な方や、お子様にはグミや飴を離着陸の時に口に入れると、耳抜きがしやすくなります。また、飛行機の中や、ホテルの中は乾燥しているのでのど飴もおすすめです。

18.マスク

使い捨てマスクはアジア特有のものらしく、西欧方面では見かけることがありません。飛行機の中や、ホテルで寝る時にマスクをして寝るだけで、乾燥が防げるので日本から持っていくようにしています。

19.ポケットティッシュ

旅行中色々な場面で役に立ちます。こちらも海外であまり売っていなかったりしますし、日本のように外で配っているなんてことはありませんので一個は持っていくようにしましょう。

20.ウエットティッシュ

こちらも、あると何かと便利です。手を拭いたり、机を拭いたり、とくに日本より、おおらかなお国柄の国が多いいアジア方面に行かれる場合は活躍します。

21.ジップロック

密封できて透明な袋は旅行中大活躍です。荷物のパッキンに使うと中が見えてわかりやすいですし、お菓子の食べ残しを入れたり、ちょっと濡れてしまったものを入れたりと、持っていくと便利ですのでサイズ違いで持っていきましょう。

まとめ

以上が海外旅行に持っていくべき荷物30点です
まずは忘れがちな9点を揃えてから、パッキン作業をすれば、うっかり忘れが無くなるようにリストアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか。私も次回旅行に行く時は、このリストを活用して、うっかり忘れがないようにしたいと思います!!それでは楽しい旅行に行ってらっしゃい。