海外旅行の持ち物に運転免許証や保険証は必要か?

海外旅行ともなると、あれやこれやと荷物の準備が大変ですが。荷物を準備してふと思うのが、運転免許や保険証などの、日本で身元保証となるものは海外でも必要かどうかということ。国内に旅行に行く時、保険証は必需品です。では海外旅行ではどうなのでしょうか?今回は海外旅行へ運転免許証や保険証は持っていくべきか、また旅行に行く時の必需品も調べてみました。

運転免許は必要

海外で運転する場合は日本の運転免許では運転できません。海外の運転で必要なのは国際免許証になります。ですので、運転のためには運転免許証は必要ないのですが、海外旅行に行く時は、運転免許証は持っていった方がいいです。

なぜかというと、万が一パスポートに紛失に合った時の場合に必要になってくるからです。平常時は、海外旅行中の身分証明書はパスポートになります。身分証の提示を旅行中に求められたときはパスポートのみが有効になり、運転免許証は身分証にはなり得ません。

しかし、パスポートが紛失してしまった時は、「渡航書」を発行するために運転免許証が必要になってくるのです。
「渡航書」とはパスポートを持ち合わせていない場合に、帰国するために必要な書類です。渡航書を発行するためには、証明写真と戸籍抄本や運転免許証などの身分証明書が必要になります。

本来は運転免許証と証明写真だけではパスポートの再発行はしてくれませんが、戸籍抄本も必要になりますが、帰国のための渡航書は発行してくれます。
もし身分証明書が無い場合は、日本から代理人に頼んで戸籍抄本などの身元を証明できる書類を送ってもらい手続きをしないといけません。
帰国予定日までに、手続きが完了できるかもわかりませんので、そのため運転免許証は海外旅行にも持っていった方が安心ということです。

また、もしものために証明写真も持っていった方がいいと言えますね。そして運転免許証、証明写真とパスポートは分けて持つようにしましょう。

保険証は持っていった方が安心

運転免許証は海外で運転は出来ませんが、パスポートが紛失してしまった時のために必要だということが分かりました。

それでは健康保険証はどうでしょうか?

健康保険証の場合は、絶対必要というものではないですが、持っていった方が安心だとは思います。
というのは、健康保険証は国内でしか使えない物です。日本全国の全ての医療機関で決められた負担率で医療を受診できますが、海外では適用しません。海外で病気やケガにあって、病院を受診する場合は、全額自己負担になります。
海外で病院で受診すると、とても高額な医療費を請求されますので、そのために海外旅行に行く時は海外旅行用に保険に入ったり、クレジットカードについている保険を使ったりするのです。
海外旅行の時に必要になる保険は、国内の健康保険ではなく、海外旅行用の保険です。
では、保険証はなぜ持っていった方が安心なのかというと、旅行に行く時や帰りに、体調が悪くなって日本で医療を受ける場合に必要になるからです。特に帰国の時は疲れなどもあり、病気やケガのリスクは高まります。帰国してすぐに病院に駆け付けたいと思うこともあるでしょう。そんな時に必要になるのが保険証です。
保険証が無い場合は国内でも一時的には全額負担になります。しかし、後日保険証を持っていけばお金は帰ってきます。

空港が家の近くの場合などは、保険証が無くても対応できるかもしれませんが、空港から家までは遠いい場合は、また後日保険証を持っていくとなるととても大変な事なので、やはり保険証を持っていった方が良いでしょう。

保険証のコピーは無効

私が子供の頃は、修学旅行に行く時などは保険証をコピーして持参していましたが、今はコピーの保険証は受け付けてもらえません
コピーは簡単に偽造できてしまうためです。かつては家族で1枚の保険証を使っていたのでコピーでも可能でしたが、今は一人1枚の保険証が発行されていますのでコピーの保険証は受け取ってもらえなくなっています。
海外旅行に行く時、保険証を持っていく場合は現物を持っていくようにしましょう。しかしこちらは海外では必要ない物ですから、パスポートやクレジットカードなどとは別に分けて持っていくようにしましょう。

海外旅行の必需品

海外旅行に行く時は万が一の時に、運転免許は必要、保険証は持っていった方が安心ということがわかりました。
運転免許証も、保険証も、なにもなく無事に海外旅行に行って帰ってくる旅行ならば使うことはないものです。
では、海外旅行の時の必需品となる持ち物は何か、リストアップしてみました。

1.貴重品:
パスポート、現金、クレジットカード,航空券

この4点は必需品です。先にも書きましたがパスポートが無いと出国もできません。パスポートは海外で唯一の身元保証できる大切なものです。
また、クレジットカードも海外旅行では必修アイテムです。特にアメリカやヨーロッパ方面では、クレジットカードが身分の保証的な役割を果たしています。ことあるごとにクレジットカードの提示を求められたりすることもあります。
海外保険がついているものもありますし、現金よりもセキュリティーが高いので、海外旅行に行く時は、一枚はクレジットカードを持っていきましょう

これら貴重品は、小分けにして持ち歩く方が、セキュリティーが高くなります。お財布をいくつか用意して、高額紙幣用、コンビニなどに行くよう、日本通貨ようなどにわけて、持っていくと良いでしょう。

ec-cash-1750490_1920

2.電子機器:
スマホ、カメラ、充電器

スマートフォンは日本でも海外でももはや、必需品ですね。忘れがちな充電器も必ず持っていくようにしましょう。また、国によりwi-fi環境が違うので、必要ならばWI-FIルーターも持っていくと良いでしょう。

3.衣類:
下着、洋服、羽織るもの

海外は日本より冷暖房が強い国が多いいと思います。現地季節が夏であっても、なにか羽織るものを持っていきましょう

4.洗面用具:
化粧品、日焼け止め等

ホテルにはシャンプーやリンスはついている所もあるので、アメニティーは利用するホテルを調べて下さい。
化粧品類は日本から持っていった方がいいと思います。なぜなら、海外と日本では薬事法が違うので、同じブランドの化粧品でも、成分が違うからです。また、日本より海外は、紫外線が強いので、男性でも日焼け止めは持っていった方が良いと思います。

5.常備薬:
鎮痛剤、下痢止め、風薬、酔い止め

海外は日本と薬事法が違うので、日本から常備薬は持っていきましょう。海外で医療機関にかかるというのもなかなか大変ですよね。ちょっとした体調不良ならば、持参した常備薬をのんで早く回復して旅を楽しみたいですよね。

私が常に、海外旅行に行く時に持っていく薬は、鎮痛剤、下痢止め、風薬、酔い止めです。参考にしてください。

6.その他:
ガイドブック、地図、筆記用具

スマートフォンで色々な情報を見ることはできますが、一冊はガイドブックを持っていった方がいいと思います。
また、地図は現地語と日本語が書かれているものを用意しましょう。現地の人に場所を聞くのに、現地語が書かれているとわかってもらえやすく便利です。

筆記用具は忘れがちですが、持っていくと便利です。飛行機の中で書く、出入国の書類を書く時にも使います。航空会社によっては筆記用具を貸してくれない飛行機もあります。また、蛍光ペンも持っていくと、ガイドブックをチェックして、道を聞きたい時に地図にマーカーして目立たせるのに使うこともできます。

luggage-1149289_1920

まとめ

万が一のために、運転免許証や健康保険証は海外旅行に行く時にも持っていった方が安心ですね。使わなかったら、楽しい旅行が無事にできたということですから、使わない事を願いながら、持っていくようにしたいですね。

海外旅行は楽しいものですが、日本より盗難リスクも高く、体調も崩しやすいという面もあります。
防犯対策をしっかりして、体調に気を付けて、楽しい旅行に行ってらっしゃい。