海外旅行の持ち物リスト31点まとめ

海外旅行に行くとなるとうっかり忘れものをしてしまっても、すぐに取りに帰れません。とはいえ、あれもこれも必要と色々持っていくと、お土産を持って帰るスペースが無くなってしまいます。
今日は、旅行大好き、海外旅行回数数十回の私が、旅行に持っていく持ち物リストをまとめました。こちらを参考に、必要な持ち物を再検証してください。

海外旅行の持ち物リスト 31点 まとめ

貴重品類

1.パスポート

海外で身元を証明する唯一のものです。これが無いと日本を出ることも帰ってくることもできません。

2.航空券

最近はEチケットが主流になっていますね。予備を含めて2枚はプリントアウトしておきましょう。

3.現金

日本円と現地通貨。日本円と現地通貨は分けて持つようにしましょう。また、現地通貨も高額紙幣と、小銭を分散させるなどして、盗難などのリスクヘッジをしておくようにしましょう。

4.クレジットカード

海外旅行に行く時は最低でも1枚はクレジットカードを用意しましょう。現金よりもセキュリティーが高く安全ですし海外保険が付いているものもあります。

5.顔写真

パスポートを紛失した場合の再発行で必要になります。万が一の時のお守りとして持っていくと安心です。

6.緊急連絡先

大使館の電話番号、航空会社、旅行会社、クレジットカード会社などの連絡先は別途メモを取り持っておくようにします。盗難などに会った時に連絡できるように分散して持ち歩きましょう。

電化製品

7.携帯電話

電話機能としてだけでなく、ネットにつなげれば、ガイドブックにも翻訳機にもなるスマートフォン。目覚まし時計にも、カメラにも、電卓にもなるスマートフォンはもはや旅の必需品です。

8.充電器

必需品の携帯電話も充電器を忘れてしまってはただの物になってしまいます。
携帯電話だけではなく、なにか電化製品を持っていく場合は必ず充電器を持っていくようにしましょう

9.延長コード

ホテルの部屋に、希望の場所にコンセントが無い場合があります。携帯電話は枕元で充電しておきたい私は、必ず延長コードを1本持っていくようにしています

衣類

10.下着

下着類は滞在日数より少なめで持って行って現地で洗濯するようにすれば荷物も減りますよ。

11.洋服

旅行先の洋服は、クルクルと丸められてしわにならない、ポリエステル素材の物などがお勧めです。綿やジーパンなどはかさばって重くなるので、あまり適してはいません。セーターなど羽織るものは一枚夏でも冬でも持っていくようにしましょう。海外のクーラーは冷やしすぎている傾向があるので夏でも羽織り物は必須アイテムです。

12.パジャマ

海外ではパジャマが無いホテルがほとんどです。部屋着にもなる、短パンにTシャツをワンセット持っていくようにしています。

13.スカーフ

夏でも冬でも一本スカーフを持っていくと、体温調整にとても便利です、そして、同じ洋服ばかりになってしまうところを、スカーフ1本でイメージ変化も楽しめます。

14.ビーチサンダル

リゾート地に行く場合はもちろんのことですが、ホテルのルームシューズとしても活用できるのでどこの国に行くのにも持っていきます。海外のホテルは靴の文化だからだとは思いますが、部屋にスリッパが付いていない国が多いいです。

sandals-423471_1920

洗面・薬

15.コンタクトレンズ

コンタクトをしている人は必需品ですが、忘れがちなのが、洗浄液や保存液です。必ず一緒に持っていきましょう。

16.歯ブラシ

歯磨き粉 ホテルについているので必要のない人もいるかと思いますが私は必須アイテムにしています。長時間のフライト中は機内食が軽食も含めて何回も出てくるので、歯を磨いてすっきりしたいのです。飛行機には歯磨きはついていないので、持参した歯磨きセットで歯を磨くようにしています。

17.ボディウォッシュタオル

これも必要ない人もいるかと思いますが、私は必須アイテムです。海外のホテルにはランクが上のホテルでもボディウォッシュタオルはついていません。普通のタオルしかないのです。私はしっかり泡立てたソープで体を洗わないのスッキリしないので、かさばるものではないので一本持っていきます。

18.ポケットティッシュ

何かと色々使えるティッシュ。ポケットサイズのティッシュは海外で売っていなかったりします。もちろん、日本のように道端で配っていもいないので日本から持っていきましょう。

19.ウェットティッシュ

これも一個あるとなにかと重宝しますね。手を拭いたり机を拭いたりします。

20.化粧品

化粧品は日本から持っていくようにしています。海外旅行中は肌もデリケートになっています。新しいものを使って肌に合わなかったら嫌なので使い慣れたものを持参しましょう。

21.日焼け止め

海外は日本より紫外線が強いですし、旅行となると外にいる時間も長くなりますので、冬でも夏でも日焼け止めは必ず塗ってから外出するようにしています

22.虫よけスプレー

殺虫剤は海外への持ち出しは禁止になっていますが、虫よけスプレーは持って行っても良い事になっています。とくに東南アジア方面に行く時は虫よけスプレーは忘れずに用意しておきましょう。

23.生理用品

現地で購入することも可能ですが、日本製がずば抜けて優れています。日本から持っていくことはお奨めします。

24.常備薬

私が必ず持っていく薬は、総合風薬、鎮痛剤、胃腸薬、下痢止め、鼻炎薬です。参考にしてください

その他

25.洗濯セット

洗濯ロープと洗濯バサミ、ハンガーのセットを持っていきます。下着やTシャツなどの枚数を減らして現地で洗濯しれば荷物も減りますし、部屋干しすればホテルの部屋の乾燥対策にもなります。ホテルの部屋は乾燥しているので、あっという間に乾いてしまいますよ。

26.使い捨てマスク

マスクは特に欧米諸国では見かけません。私は乾燥すると喉に来るタイプなので、飛行機内や、ホテルで寝る時は持参した使い捨てマスクをして寝るようにしています。

27.密閉式ポリ袋

ジップロック等の密閉式ポリ袋はなにかと持っていると便利です。濡れたものを入れたり、食べかけたお菓子を入れたり、また、パスポートや航空券など絶対濡らしたくない物を入れたりします。荷物のパッキンンの時に使うと、透明で中身が見えるのでとても便利です。サイズ違いで何枚が持っていきます。

28.エコバック

海外では日本より環境の意識が高いので、コンビニでも、ショッピングバックをくれないことがあります。ちょっと買い物に行く時にでもエコバックを持参して出かけましょう。また、荷物が増えてしまった時にも活躍してくれます。

29.ガイドブック

 スマートフォンがあれば、いろいろと対応してはくれますが、ガイドブックはそれでも一冊は持っていきます

30.地図

現地の地図は日本語表記と現地語表記両方されているものを用意しましょう。

31.筆記用具

ボールペンと蛍光ペンとメモの3点持っていきます。ボールペンは飛行機の中で入国申請書類を記入する時にも使いますので、手荷物に入れておくようにしましょう。蛍光ペンは地図に印を付けると、道を聞くときにわかりやすくなります。メモ帳も一冊あると、現地の人と筆談したり、スタンプを押したり旅の思い出を作ることができます。

book-1869969_1920

 

まとめ

海外旅行に持っていく持ち物リスト31点を紹介しました。こちらは、どの国に行くにも持っていく必須アイテムになっています。これに、リゾート地に行く場合でしたら、水着などを、ナイトディナーなどが予定してある場合でしたら、ヒール靴など行く場所、予定に合った持ち物をプラスしてくださいね。

旅行の準備は万全でしょうか?もう一度持ち物を確認して、楽しい旅に行ってきてください。