海外旅行の持ち物リスト20点 ~バックパッカー編~

バックパックを背負って、自由に異国を巡り、同じように旅している人と出会って交流できるバックパッカー旅行は、ツアー旅行とは違って何が起こるかわからないエキサイティングな旅行です。初めてバックパッカーに行く人は、何を持って行っていいのか不安になりますね。今日は、そんなあなたのために、バックパッカー旅行に必要な荷物をリストにしました。バックパッカー旅行の準備に参考にしてください

バックパッカー旅行の持ち物リスト

1.バックバック

バックパッカーの象徴、バックパッカー旅行のキーバックといえるバックパック。40Lあれば、長旅にも十分対応できます。バックパックはキーロックが出来るか、内ポケットがあるかなど防犯面も考慮されているものを選びましょう。また、防水素材、軽量素材のものなど、機能面も重視して選びましょう。

2.パスポート

海外に行くにはこれが無くては出国できません。海外旅行では身分を証明する唯一の物です。パスポートはコピーを取っておくようにしてください。

3.お金

日本円、現地通貨両方必要ですがあまり、高額紙幣を持ち歩かないようにしましょう。何か国も行く場合は、世界共通通貨として流通している米ドルを用意して、現地で両替するといいでしょう。リスク回避をするために、お財布は何個かに分けて持ち歩きましょう

4.クレジットカード

クレジットカードを持っているということは、信用ある人と見られることが海外ではあります。また、現金よりセキュリティーも高いのでクレジットカードは出来れば2枚、visaとマスターカードの2枚を持っておくと良いです。

万が一盗難にあった時のために、クレジットカード会社の連絡先は控えを取っておくようにしましょう。

business-3362075_1920
5.貴重品をいれるポーチ

お金やカード、パスポートなど重要だけれども、すぐ取り出す必要があるものは、体に密着して持って行けるウエストポーチに持っていきましょう

財布は、ポーチ内だけではなく、バックパックのそこに多少の紙幣をしのばせたり、ダミーの財布を用意したりと、分散しておきます。

6.服・下着

バックパッカー旅行の服は必要最低限にしましょう。訪れる予定の国や地域の気候に合わせて詰めます。もし足りなかったら現地で購入も楽しいものです。

暑い国でも、寒い国でも、温度調整できるように羽織るものを一枚入れておきます
衣類の量を減らすためには、ポリエステルなどのくるくるっと丸められて、しわにならない素材が適しています。Gパンや綿素材の物はかさばるのにあまり適してはいません。
また、軽くて暖かいウルトラダウンや、ヒートテックの下着、速乾素材、冷感機能素材などの機能性が高い素材の衣類を中心に服を持っていくと一枚で対応できるのでお勧めです。
着もどんな長旅でも3日分あれば対応できます。あとは現地で洗濯しましょう

7.洗濯用備品

持っていく衣類を減らして、洗濯グッズを持っていきましょう。洗濯ロープと洗濯バサミ、S字フック、洗剤を持っていけばどこの国でも洗面所でササット洗濯して干すことができます。S字フックは、洗濯ロープをひっかける場所が無い時にも使えますが、その他コートかけやバックかけにすることもできるので2本ぐらい持っていくと便利です。

8.洗面用具

シャンプー・リンスは現地で調達することも可能ですが、大きいサイズになってしまうので、日本で使い慣れたものを小分けに持っていった方が、荷物が少なくなります。さらに荷物を減らすためにはリンスインシャンプーを選ぶと良いでしょう。

9.常備薬 日焼け止め 生理用品

体調が悪い時に、現地で薬を購入するというのはなかなかハードルが高いものです。また、海外と日本では薬事法が違うため同じブランドの薬でも内容が違うこともありますので、日本から常備薬は持っていきましょう。私が海外に行く時に必ず持っていく薬は、総合風薬、下痢止め、鎮痛剤、酔い止め、胃腸薬です。参考にしてください。薬は荷物を減らすために外箱からはだして、説明書と一緒に透明袋に入れて荷物に入れていきます。

女性は生理用品も日本から持っていきます。現地で購入することも可能ですが、日本製のクオリティーは最高です。日本製の物を使い慣れているので、海外の物ですと、あれてしまうこともあります。

10.トイレットペーパー、ウエットティッシュ

ペーパー類はもっておくと色々使えます。海外ではトイレットペーパーが付いていないトイレがあったり、直接おしりをお水で洗う方式のトイレであったりする国もあるので、マイ トイレットペーパーがあると便利です。また、ちょっと手を拭いたり、机を拭いたりするのにウエットティッシュも活躍します

toilet-paper-2923445_1920 (1)

11.エコバック、サブパック

小さく折りたためるエコバックを数個持っていきましょう。街をぶらぶらする時や、洗濯物を持ち歩くときなど持っていると役にたちます。

12.スマホ タブレット PC

バックパッカー旅行の醍醐味は旅行中に同じバックパッカーの旅行者や現地の人と交流することといっても過言ではないでしょう。Facebookで繋がれたり、スカイプなどで連絡を取り合えることもできる、スマホや、タブレット、PCなどは持っていきましょう。充電器も忘れずに持っていきましょう

13.懐中電灯

100均などで売っている小型な物でも大丈夫です。ドミトリー消灯後にトイレに行く時や荷物の整理をするときなどに活躍します。

14.日本食

タイミングがあわなくて、食事がとれない場合などに備えてインスタントラーメンやみそ汁など、お湯を注げばできる日本食を持っていきましょう。食べなければ、現地で知り合った人にプレゼントしても喜ばれます。

15.筆記用具

ペンは入国カードを書く時にも必要です。すぐに取り出せる場所に入れておきましょう。そのほか、言ストハウスの思い出や、情報ノートへ記入、メモや筆談などに役にたちますので、ボールペン、蛍光ペン、小さいメモは持っていきましょう

16.ガイドブック

こちらはかなりかさ張るのですが、インターネットだけの情報だけでは不便なのでガイドブックは必要です。

何か国も行く予定の方は、ガイドブックを現地で購入するというのも一つの方法です。英語でかかれたガイドブックであれば、使い終わったらゲストハウスに他の方にために置いていけば誰かの役にたってくれます。また、現地で地図やパンフレットを観光インフォメーションでもらって活用することもできます。もし日本語記載の物があれば日本語と現地語が書かれた地図があれば便利です。英語が苦手な方は、日本からガイドブックを1冊用意しましょう。

17.国際学生証

学生さんは国際学生証を持っていると色々な割引特典が受けられることがあります。

18.虫よけスプレー

蚊は病気の原因になることもあるので、特に東南アジア方面に行く場合は注意してください。長そで、長ズボンを着るのも有効な対策です。

19.タオル

ドミトリーにはタオルを提供していないところがかなりあります。とはいってもバスタオルはかさばるので、体全体がふけるぐらいの中サイズのタオルを2枚ぐらい持っていきましょう。

また、吸水に優れているセームタオルを1本持っていくのもおすすめです。吸水力が抜群ですので洗濯物をこのタオルに挟んで絞ると、脱水できますし、バスタオルの代わりに体をさっとふくこともできます。

20.ジップロック

濡れたものを運ぶ時や、食べかけのお菓子を入れたり、また、パスポートや現金など絶対に水にぬらしたくない物をいれたりと何かと便利な、密封可能な透明袋はサイズ違いをいくつか持っていきましょう。

まとめ

バックパッカー旅行の持ち物リスト20点でした。参考になりましたか?荷物は必要最低限にしてパッキングすることが原則です。帰りは沢山の思い出とともにお土産もあり、必ず荷物は増えるものです。みなさん、早めに準備をして楽しい旅に行ってきてください。