【海外旅行の持ち物】飛行機の機内に持ち込み禁止な物は何?

初めての海外旅行。最近はテロの問題などから年々厳しくなっていると聞いているけど、具体的に何を持って行って良くて、持っていっていけない物はなんなのでしょうか?ペットボトルは持って行けるの?パソコンは?機内に持ち込める物は全て手荷物として持っていっていいの?荷物の準備をしているといろんな疑問が出てきます。今回は機内持ち込みが禁止なものを具体的に解説します。

飛行機の機内に持ち込み禁止な物

機内に持ち込めない物

飛行機に持ち込み禁止なものとは大きく二つに分かれます。預け入れ荷物であっても、手荷物であっても持ち込めない物と、手荷物として持ち込めない物です。まずは、手荷物も、預け入れ荷物としても、機内に持ち込めない物を見ていきましょう。

1.酸化性物質

漂白剤や、酸素スプレー、瞬間冷却剤など

2.加熱性物質

炭、マッチ

3.火薬類

クラッカー、花火など

4.毒物類

農薬や、殺虫剤などは持ち込み禁止です。ちなみに虫よけスプレーは持ち込み可能です。

5.高圧ガス

ライター用鵜補充ガス、カセットコンロ用のガス、キャンプ用ガス、ダイビング用ボンベ、スプレー缶等

6.引火性物質

オイルタンク式ライター、オイルライター用燃料、ペイント類

7.腐食性物質

液体バッテリーや、水銀、加熱式弁当箱等

8.その他

リチウムイオンバッテリー、放射性物質

爆発の恐れがあるもの、燃えやすいもの、毒性のあるものは原則的に機内持ち込みも、預け荷物もどちらも不可です。旅先でパーティーをしようと、花火やクラッカーを持ち込もうと思っている方もいるかと思いますが花火やクラッカーは現地購入してください。キャンプ用のガスボンベも持って行けません。もし、空港に持って行ったとしても、搭乗前に廃棄処分されてしまうこともあります。危険物を持ち込めないのは、飛行機の安全のためですので、危険物は持ち込まないようにしましょう。

airplane-1143455_1920

条件付きで持ち込み出来るもの

機内に持ち込めない物でも、条件付きですが持ち込める物もあります。

1.喫煙用ライター 安全マッチ

喫煙用ガスライターは、オイルライターは一人1個のみ、機内手荷物としては持ち込み可能です。また、安全マッチは小型な物を一人一個のみ可能です。

2.リチウムイオン電池を内蔵した携帯型電子機器

リチウム含有量が2g以下の物や、リチウムイオン電池、ワット時低格量が160wh以下の物は預け入れ荷物も、機内持ち込み可能です。預け荷物にする場合は、電源を完全にオフにすることが義務付けられています。また預け入れ荷物にする場合は、海外では預け入れ荷物を雑な扱いをするので、損傷しないように機器を保護しましょう。

手荷物として機内持ち込みに制限があるもの

飛行機に持ち込めない物はわかりました。次は手荷物として持ち込みに制限があるものを紹介します。テロの警戒から、手荷物の制限は年々厳しくなっていますのでご注意ください。

1.液体

手荷物検査に並んでいると、多くの人がペットボトルを捨てているのを見ます。液体類は手荷物としても持ち込むのに制限があります。

液体類の持ち込みは100ml以下の容器に入った液体は1リットル以下なら持ち込み可能です。また、持ち込む液体は、透明のプラスチック製袋に一つにまとめて持ち込まなくてはいけません。

液体は飲み物だけではなく、化粧水や、クリーム、ゼリーや、歯磨き粉なども液体扱いです。入れ物が無ければ形状が保てない物は液体扱いになります。リキッドアイライナーやリップグロスなども液体扱いです。

手荷物検査を終えた後の、制限エリア区内で買った液体は機内に持ち込み可能になります。制限区域内にはコンビニエンスストアも、自動販売機もありますので、飲料類はそこで購入すると良いでしょう。化粧品類は小分けにして、透明袋に入れて持ち込みましょう。透明の化粧品ポーチがあると便利ですね。

2刃物類

ナイフや、包丁を持ち込めないというのは、常識的にわかっていますが、うっかりしてしまうのが小さなカッターや、はさみ、眉毛切用のはさみなども対象となっていること。

化粧ポーチや、筆記用具類に必ず通常入れっぱなしになっている人はご注意ください。爪切りは持ち込み可能です。

3.工具

ハンマーやキリなど、凶器とみなされるので、手荷物で持ち込むことは禁止です。預け入れ荷物としては可能です。

4.スポーツ用品

海外でスポーツを楽しみたい人も多いいですね。ゴルフクラブやバット、竹刀など60cm以上の道具は持ち込み禁止なので、預け入れ荷物にしましょう

ストック、釣竿、スノーボード、スケボーなど60cm以下の物なら持ち込みも可能となる場合もありますが、航空会社で規定が違う場合がありますので、手荷物にしたい方は事前に確認しておきましょう。

5.スプレー類

スプレーの表書きに、火気と高温に注意という表示がある、引火性ガスを使用しているスプレーや、殺虫剤スプレーは預け入れも機内持ち込みも禁止になっていますが、化粧品類の物や、医薬品、医薬部外品に類するもののスプレーは持ち込み可能です。

具体的にはヘアスプレー、シェービングフォーム、制刊スプレー、消臭スプレー、虫刺されスプレーなどです。

こちらは、1容器あたり0.5kg以下で一人2kgまで機内預け入れ可能となっています。手荷物として機内に持ち込む場合は、100mg以下の容器のみ可能で、液体として扱われますので透明の液体物袋に入れて持ち込みます。

6.ヘアアイロン・コテ・ホットカーラー

最近チェックが厳しくなったと言われているのがヘアアイロンやカーラーです。コンセント式の物であれば、持ち込みも。預け入れも大丈夫ですが、電池式の物、ガス式に物は注意しましょう。

電池式の物で、リチウムイオン電池の場合は、本体から電池を取り外して、本体と電池を別々にすれば持ち込みも、預け入れも可能です。しかし、本体から電池を外すことができない物は、飛行機に持ち込み禁止になっています。

また、ガス式の場合は炭化水素ガスで充てんしてあるもので、熱源部には安全カバーが付いているものを1個まで持ち込み可能です。予備の炭化水素ガスカートリッジは液体物制限の対象となります。

7.サイズ・重さの制限

細かい点は各社航空会社によって違ってきますが、手荷物として持ち込める重さやサイズは決まっています。

貴重品などを入れた手荷物のほかに、身の回りの品をいれたボストンバックや、バックパックなどを1つ持ち込みが可能です。
手荷物のサイズは3辺の合計が115cm以内のもので、重さの制限は7kg~20kg以内となっています。

8.医薬品や幼児用食品は例外

喘息用のスプレーやコンタクトの保存液、液体薬などの医薬品、赤ちゃんにあげるミルク、離乳食などの幼児用食品は液体制限袋に入れなくても持ち込めます。検査の際に説明が必要になりますので、診断書や、処方箋があるとスムーズに検査を終えることができます。

luggage-1081872_1920

まとめ

飛行機に持ち込めない物や、持ち込めても細かく制限があったりと、なかなか面倒です。しかし、なぜ飛行機に持ち込めない物があるのかというと、テロなどの危険を防ぎ、安全で楽しい旅をするためです。空を飛ぶ飛行機は、地上とはやはりちがいます。普段何気なく使っているものも「危険な物」と見なされて制限がかかっています。

旅の準備段階で、どのようなものが「危険物」にあたるのか確認し、持ち込むためにはどうしたらよいのかを確認しておきましょう。機内持ち込み手荷物、預け荷物のどちらにしても、航空法といって世界共通の基本ルールで定められています。自分だけ大丈夫ということは決してありません。もし日本で通過できたとしても旅先で止められることもあります。空の安全を担保するために、必ずルールを守りましょうね。