海外旅行の持ち物27点〜アメリカ編〜

初めてのアメリカ旅行。あれも、これも必要ではないかと不安になり、どんどん荷物が増えていってしまいますね。何を持って行っていいのかわからないという初心者の方のために、今日は絶対にチェックしてほしい持ち物をリストアップしました。是非、アメリカ旅行の前にチャックしてみて下さい。

*貴重品

1.パスポート

パスポートが無ければ日本から出ることもアメリカに入ることができません。海外旅行では唯一身分を証明してくれるパスポートは最重要貴重品です。絶対手放さず、どんな時でも持ち歩きましょう。万が一紛失盗難にあってしまった場合も、すぐに手続きできるように控えを別で保管し、大使館の連絡先などを控えておきましょう。

また、アメリカは短期滞在免除プログラム(ESTA)を事前に申請することが必須になっているのでパスポート同様必ず申請をしておくようにしましょう。

2.現金

日本円と、米ドルになりますが、いずれにしても現金は最小限にしておくことが盗難などのリスク回避につながります。また、現金も財布を複数個持ち、分散して管理することをお勧めします。

3.クレジットカード

アメリカ旅行でクレジットカードは必須です。最低でも1枚は持っていきましょう。海外ではクレジットカードを持っていることで身分保障になったり、お店の入店を許されたりすることもあります。

4.海外旅行保険

クレジットカードに保険が付帯されている場合は保険内容を必ず再確認して、足りないと思ったら追加で入っておきましょう。

5.eチケット

今はeチケットが主流でペーパーレスになっていますが、万が一の時を考えて念のためプリントアウトしたものを2枚持っておくと安心です。

6.各種貴重品の控え

貴重品の控えは必ずとっておき、トラブルが起こった時のために連絡先も控えておきましょう

*電化製品

7.携帯電話

電話機能だけではなく、時計や懐中電灯、カメラ、ガイドブックや翻訳機にまでなるスマートフォンは今や旅行の必需品です。

どの電化製品にも言えることですが、充電器も必ず持っていきましょう。充電が切れてしまった電化製品はどんな便利な物でも何の役にも立ちません。

8.ポケットWifi

リゾート地で、ホテル周辺にしか行かない場合は別ですが、ポケットWAIFIはアメリカ旅行に行く場合必要でしょう。空港で借りられますので、借りていった方が無難です。

9.変圧器

変換ブログはアメリカも日本も同じ形状のプログなので必要はありません。また、携帯電話やモバイルPCなど、最近の電化製品は世界基準になっているので変圧器も必要ありません。しかしヘアアイロンなど100vにしか対応していない電化製品を使い場合は変圧器が必要です。アメリカの電圧は120vです。持っていく電化製品を確認して必要であれば変圧器を持っていきましょう。

10.カメラ&メモリーカード

携帯でも十二分に綺麗な写真を撮ることはできますが、リゾート地で楽しむために水中カメラや、チェキ、一眼レフカメラなどを持っていくと、思い出を写真で残すことができます。カメラを持っていく場合はメモリーカードも持っていくことをお勧めします。万が一カメラの盗難にあった場合もメモリーカードがあれば写真は残りますし、沢山の思い出を残すことができます。

*衣類

11.下着

滞在日数分持っていかなくても下着は対応できます。ホテルの部屋は乾燥しています。下着ぐらいでしたら、さっと洗面所で手洗いして部屋に干しておくと乾燥対策にもなり、荷物も少なく済みます。

12.洋服

アメリカはとても広い国です。行く場所によって服装はちがいますので、現地気候にあった衣類を用意することが基本です。しかし夏であっても、羽織るものは必ず持っていきましょう。アメリカの空調は一般的にとても寒いです。男性も必ず長そでを持っていった方がいいでしょう。

13.部屋着

ホテルにはパジャマが付いておらずガウンだけという場合がほとんどです。ホテル内でくつろぐための部屋着やパジャマを持っていきましょう。

14.サンダル

リゾート地に行く場合は、サンダルは必須ですが、リゾート目的でなくてもサンダルを持っておくと便利です。アメリカは靴文化ですので、部屋にスリッパはついていませんビーチサンダルはホテル内のスリッパ代わりに活用できます。

15.雨具

現地で購入することも可能ですが、日本には超軽量の折り畳み傘や、撥水性の高いレインコートなどが購入できるのでこのような高機能な雨具を日本から持っていくと便利です。

16.サングラス

アメリカの紫外線は日本よりとても強いです。目を守るためにも夏にアメリカに行く場合はサングラスの持参をお勧めします。

*洗面道具

17.コンタクトレンズ・洗浄液

コンタクトの人は保存液も忘れずに。またメガネも持っていった方が良いでしょう。

18.歯磨きセット

ホテルのランクにもよりますが、アメニティーとしてついているホテルも多いいですし、現地で購入することも可能です。しかしアメリカへ行くとなると飛行時間も数時間ととても長いものになります。飛行機や空港で歯を磨きたいという方は、歯ブラシセットは持っていきましょう

19.ボディウォッシュタオル

どんなに高級なホテルであっても、ボディウォッシュタオルはついていないと思っていてほぼ間違いないです。ボディウォッシュを使って洗わないと洗った気がしないという方は、100円ショップなどで売っていますので持っていきましょう。

20.化粧品

普段使い慣れた化粧品を海外でも使いましょう。

21.ポケットティッシュ・ウエットティッシュ

カバンに一個あると何かと便利なティッシュ。海外では日本のように簡単に手に入らなかったり、大量にしか売っていなかったりしますのでティッシュ類は日本から持っていくことをお勧めします。

22.使い捨てマスク

マスクもティッシュ同様日本のように売っていませんし、マスクをしている人も町で見ません。しかしホテルも飛行機もとても乾燥しています。私はホテルや飛行機の中ではマスクをするようにしています。マスクをして寝るだけで、のどの痛みがかなり違います。

23.生理用品

現地でも購入できますが、何でもビックサイズのアメリカです。必要以上の枚数を購入せざる負えないことが多いいです。また、日本製のクオリティーは世界一だと私は思っています。クオリティーを求める方は日本から持っていかないと同じものは手に入りません。

24.常備薬

海外旅行では体調も崩しがちです。海外で薬を購入することはとてもハードルが高いですよね、また、同じブランドの薬でも国によって薬事法が違うので量が違います。普段使い慣れた常備薬は必ず持っていきましょう。私の場合は、海外に行く時は、鎮痛剤、胃腸薬、下痢止め、総合風邪薬、鼻炎薬、絆創膏、消毒液、虫刺され軟膏、虫よけスプレーを必ず小分けにして持っていくようにしています。参考にしてください。

*その他

25.ガイドブック

スマートフォンで色々調べることはできますがやはり、ガイドブックも一冊は持っていった方が良いでしょう。その際英語と日本語の記載がある地図があるものを選ぶようにしましょう。道を聞くときに現地の方にすぐにわかってもらえて便利です。

26.筆記用具

忘れがちですが、筆記用具はまず飛行機の中で入国審査を記入するときに必要になってきます。ペンと、蛍光ペン、小さなメモ帳の筆記用具はもっていると便利です。

27.エコバック

どこのスーパーに行っても買い物袋は持参が基本です。忘れてしまうと購入しなくてはいけません。またエコバックはお土産をまとめたり、洗濯物を入れたりと買い物以外にも何かと活用できますので数個持っていくことをお勧めします。また、現地でも可愛いエコバックが売っていますので購入するのも楽しいです。

*アメリカ旅行持ち物まとめ

いかがでしたでしょうか?アメリカ旅行の持ち物をリストアップしてみました。
とっても広い国で、行く場所によって全く違った魅力がある国です。

しかし、残念なことにどこの地域も、日本より治安は悪いといっても良いでしょう貴重品はしっかり管理し、荷物もなるべくコンパクトにまとめて管理しやすくしておくことをお勧めします。しっかり準備して楽しい旅に行ってきてください。