海外旅行の持ち物リストどうする?ハワイへ子供と行こう〜子連れ編〜

家族旅行の定番ハワイ。ハワイは子連れに本当に優しい国です。時間はゆっくり流れているし、バリアフリーも整っているし、海もプールもあるし。小さい子でも十分に楽しさを満喫できる国、ハワイです。子供と一緒に海外旅行となれば、ハワイに行くことはお勧めですが、子連れ海外旅行で困るのが荷物。何を持って行っていいのか悩みますね。今回はそんなママのために、現役ママである筆者が子供を二人連れていったハワイ旅行の経験を踏まえて、子供の持ち物リストを作りました。参考にしてください。

*機内で必要な物

子連れ旅行の最難関は、飛行機ではないでしょうか。飛行時間が長い。10時間子供とどう過ごすか、これが一番の心配事ですね。手荷物として機内に絶対持ち込んだ方がいいものをまずはご紹介します。

1.機内暇つぶしグッズ

これ、本当に大事です。機内にも子供向けの番組が見られたり、ゲームができたりしますが、この用意されたものが子供にヒットしなかったら、最悪です。10時間どうするのだーということになります。

あらかじめ、子供が好きなものを用意しておいた方が安心です。ポータブルDVDやゲーム機、スマートフォンのアプリゲーム等数種類用意しておきましょう。
アプリは飛行機の中ではダウンロードできませんので、事前準備は必須。

ご家庭によっては、デジタルの物は制限している所もあるでしょうが、旅行の時は大目に見てあげましょう。むしろ規制されている子の方が、食いつきがよく、飛行時間中静かにしてくれますよ

2.おむつ

JALやANAなどの日系キャリアにはおむつを頂けたりしますが、サイズが無かったりしますので、持参しましょう。その際お尻ふき、ごみ捨てようの袋もお忘れなく。
 

3.マグカップ・水筒

機内食では子供用のコップにジュースを入れてくれますが、狭い飛行機内。うっかりぶつかってこぼしてしまうこともしばしばあります。

そうならないために、蓋が付いているマグカップや水筒を持って行ってあげて、移し替えてあげると、親子ともども安心できますね。

 4.着替え一式

10時間のフライト中は何が起こるかわかりません。緊張で汗をかいてしまうこともあるかもしれませんし、何かをこぼしてしまうこともあるかもしれません。着替えを一式、下着も含めて用意しておきましょう。

5.羽織るもの

着脱で温度調整できるようにしてあげましょう

 6.お菓子 グミがお勧め

乳児さんだったらちょっとぐずった時に、気分を変えられるお菓子を持って行ってあげましょう。幼児さんぐらいだと、グミを持っていくことをお勧めします。飛行機の離着陸の時に耳抜きが上手く出来なくて、泣いてしまうお子さんは沢山います。離着陸の前に、グミを口に入れておくと、グミをなめることで耳抜きが上手く出来たりします。

おまじないの感じでグミを持って行ってあげてください。

 7.離乳食やパン

機内でも事前にお願いしておけば、子供用ミールや離乳食を用意してくれますが、口に合わないこともしばしば。そんな食にこだわりがあるお子さんは、やはり普段食べなれている離乳食やパンを持ち込んだ方がいいでしょう。

 8.常備薬

10時間のフライトは子供も大人も結構なストレスです。気分が悪くなったりすることもありますので、持参する常備薬は小分けにして機内にも持ち込んでおきましょう。子供だけではなく大人の分も持っておきましょうね。

私が海外に行く時に持っていく薬は、酔い止め、鎮痛剤、下痢止め、総合風邪薬、胃腸薬、鼻炎薬です。参考にしてください。
 

*ホテルで使う持ち物

1.洗濯グッズ

子供がいると洗濯物が増えるのは、家でも旅行先でも残念ですが一緒です。でも、子供の衣類なんて洗面所で手洗いすれば、乾燥しているホテル内ですから、あっという間に乾きます。持っていく衣類枚数を減らして、洗濯ロープ、物干し、ハンガー、洗濯バサミを持っていきましょう。100円均一で全て揃いますよ。
 

2.パジャマ

忘れがちですが、大人も子供もホテルで過ごす用の部屋着やパジャマはもって行きましょう。ホテルには大人用のガウンしかついていませんし、子供用の物は用意ありません。

3.レジャーシート

ハワイのホテルのベッドは、大概とても大きくて高さもあります。そして靴文化なので、ホテルの床も靴で歩くのが普通になっています。そうすると乳幼児がいる場所がないですよね。レジャーシートをホテル室内に弾いてあげて、おもちゃを置いてあげれば、そこが子供部屋になります。

4.非常食

疲れて外にご飯を食られなかったり、小腹がすいたと言い出したり、大人だけならなんとかなりますが子連れですとそうはいきません。

どこのホテルでも、お湯を沸かすことができますので、インスタントのみそ汁や、うどん、ご飯、ふりかけなど、さっと作って食べられるものを用意しておきましょう。

5.スポーツドリンクの粉末

スポーツドリンクは急な熱が出てしまった時や、熱中症になった時などの脱水症状の症状を和らげる効き目があります。

*外出の時に必要な物

1.浮き輪

ハワイに行ったら、プールや海で遊びますよね。水着やラッシュガードなどはしっかり準備したのに、うっかり忘れてしまうのが浮き輪。現地でも購入できますが、乳児用のアーム浮き輪が無かったり、大きなサイズばかりだったりすることもあります。特に乳児さん連れの場合は浮き輪の準備もお忘れなく。
 

2日焼け止め

 子供にも日焼け止めは忘れずに。ハワイの紫外線の強さは日本よりも強いです。必ず日焼け止めを塗ってから遊びましょう。

3.子供用カトラリー

外食が続くハワイ旅行です。お店によっては子供用の食器が出てこないこともあります。また使い慣れたカトラリーの方が子供もこぼすことなく食事がしやすいので、子供用のカトラリー(ナイフ、フォーク)は持っていきましょう

4.水筒

意外にもハワイには自動販売機が少ないです。熱中症対策のためにもドリンクは必需品。水筒に入れ替えて持ち歩きましょう。

5.ベビーカー

日本からベビーカーを持ち込むかどうするかは本当に悩む問題です。活用してくれなかったら、ベビーカー自体が荷物になってしまう危険も考えられますから。

我が家の場合ですが、我が家はベビーカーを持参して大正解でした。ハワイはバリアフリーになっていることが多く、ベビーカーも楽々。そして、子供が乗らないときは、荷物を積むことができて本当に便利でした。

6.虫よけスプレー

虫に刺されやすい子供には虫よけスプレーは必需品です

*その他もっていったほうがいいお役立ちグッズ

 1.密閉式ビニール袋

ジップロックなどの密閉式ビニール袋は大きさ違いで数枚持っていきました。汚れものを入れたり、水着を入れたりできますし。子供が食べ残したお菓子を保存することもできます。また、逆に絶対濡らされたくない物、現金やパスポートなどを入れておくこともできます。

また、透明なので、密閉式ビニール袋をパッキンに活用してもいいでしょう。透明なので中に何が入っているかすぐにわかります。

2.S字フック

S字フックがあると、洋服やバックを掛けることができます。また、洗濯ロープをS字フックにかければ、好きな場所に物干し場を作ることができます。

3.エコバック

エコバックは数個持っていきましょう。外にちょっと出れば、すぐに荷物が増えてしまう子連れ旅行です。さっと荷物をまとめられるエコバックは旅行中大活躍します。

*子供とハワイ旅行 持ち物まとめ

いかがでしたでしょうか。子供とのハワイ旅行に持って行って良かったものリストでした。ハワイは子連れ海外旅行の人気ナンバー1の大人気リゾート地です。ほとんどの物が現地で購入できますが、割高だったり、量が多すぎたり、品質が日本のものと違っていたりと、不具合もあります。子供を連れて、うろうろ帰る場所を探すというのも大変です。事前に日本で用意して持っていきましょう。準備を万全にして、思いっきり家族でハワイを楽しんでください。