海外旅行持ち物リスト23点 女一人旅の場合

突然日本を飛び出して海外へ旅行に行きたいと思うことありませんか?
仕事を頑張った、まとまった休みが取れた、さあ旅行に行こう!そう思いたったら、女性でも一人で旅に出てみましょう女一人旅は気楽だし、自分を見つめなおせるし、一人だからこそ味わえる感動がいっぱいあります
さあ、思いついたら行く国を決めてチケットを手配して、荷物をまとめましょう。女の一人旅の荷物は最小限に行きましょう。身軽、気軽が一人旅の醍醐味ですから。これから、女性が一人で海外旅行をするときの持ち物を紹介します。

バッグ類

1.バックパック

スーツケースでも良いのですが、一人旅だったら私のお勧めはバックバックです。スーツケースはかさばる割にはあまり容量がありませんし、身軽に行動するにはバックパックの方が断然優位です。40Lぐらいのバックパックを用意して、沢山詰め込まないように荷造りしましょう。少なめに、少なめにするのが、一人旅を快適にする秘訣です。

2.持ち歩きバック

観光の時に持ち歩くためのバック。ショルダーバックや、肩掛けタイプなど、持ちやすいものを選べばよいのですが、必ずファスナーが付いているものにしましょう。

 3.エコバック

ちょっと市場に行く時や、お土産をまとめる時、洗濯物を仕分ける時に使います。かさ張るものではないので持っていきましょう。

*貴重品

4.パスポート

パスポーとは海外旅行の時の必需品。いつなんどきも肩身離さず管理しましょう。

5.現金

現地通貨と日本円になりますが、持っていく額は最小限度にしておきましょう。高額紙幣をあまり多く持ち歩かないでくださいね。もし現金が足りなくなったら、手持ちのクレジットカードでキャッシングすることもできます。キャッシングに抵抗のある女性もいると思いますが、旅行中の一時的なキャッシングなら、両替するより手数料が安く済むこともあります。

また、日本の女性の多くがブランド物の財布を使用していると思いますが、ブランド物のお財布は日本でお留守番してもらいましょう。100均などで売っているお財布に、何個かに分けて現金、カードを管理すると安心ですよ。

 5.クレジットカード

最低一枚は用意しておきましょう。クレジットカードの方が現金よりセキュリティーが高いです。高額な物を購入するときはクレジットカードを使用するようにした方が安心です。

6.航空券

ほとんどがeチケットですね。eチケットはスクリーンショットして写真保管しておきましょう。ネット環境のない場所でも見られるようにしておかないと、空港に入る時に警備員に止められることがあります。

7.スマートフォン

スマートフォンは貴重品です。間違っても海外で、スマートフォンで席取りとか絶対にしないでくださいね。充電器も忘れずに。

8.各種控え

パスポートの控え、航空券の控え、クレジットカード会社の連絡先、旅行会社の連絡先などはメモをとっておきましょう。スクショで済むこともありますが、スマートフォンが見られない環境の時はアナログな物が必要になってきます。

 
*洗面用具

9.化粧品

通常使いの物をそのまま持っていくととても荷物になるので、試供品やコンビニコスメなどを活用しましょう。

10.基礎化粧品

洗顔やクレンジング。化粧水に乳液に美容液・・・化粧品も合わせるとこれが本当に大荷物になります。女性の荷物が、男性より多くなるのはこの化粧品がネックになっているのだと私は思います。

減らしたいけれど、普段使いからクオリティーを落としてしまうのはとても危険です。というのも旅行中は乾燥や環境の変化でお肌がダメージを受けやすいのです。

リフレッシュをするために旅立つのに、肌が荒れてはリフレッシュになりません。私は、旅行中の基礎化粧品は、普段使いの物を100均などで売っている小さいボトルに詰め替えて持っていきます。これだけでぐっと量が減ります。

そして、旅行のためのスペシャルケアーも持っていきます。一人旅行ですから、部屋でパックをしても恥ずかしい事はありません。一人で、普段出来ないスペシャルケアーをするのは女性にとって極上の幸せです。

11.セームタオル

普通のタオルやバスタオルは持っていきません。私は普通のタオルの代わりに、セームタオルを持っていくようにしています。セームタオルは水泳部の人なら知っているかもしれませんが、吸収力抜群のタオル。嵩張らないし、これが一枚あるとなんでも水を吸い込んでくれて本当に便利です。

12.生理用品

タンポンの方が荷物は少なくなります。現地でも購入できますが日本製の方がクオリティーは高いです。荷物にはなりますが、女性ですのでこれはしょうがありませんね。

13.洗濯グッズ

下着の枚数を減らして、洗濯ロープ、洗剤、洗濯バサミ、ハンガーの洗濯グッズを持っていきます。乾燥しているホテルの部屋に、手洗いした洗濯物を干せば、乾燥対策にもなりますし、荷物は少なくなりますし一石二鳥です。

14.テシィッシュ・ウエットティッシュ

タオルは必要ないけど、ティッシュ類は1個か2個は持っていった方がいいと思います。海外では道でティッシュを配っているなんてことありませんし、買おうと思うと、大量のパックでしか販売していないということも良くあります。持っていると、何かと役に立つので日本から用意しておきましょう。

*衣類

15.下着

最低限の枚数、2組ぐらいにして後は手洗いがお勧めです

16.部屋着

ホテルにはガウンしかついていませんので、ホテルの室内でくつろぐように部屋着は必要です。ボロボロの物を持って行って、帰りは捨ててしまうというのも荷物を減らす方法です。

17.洋服

洋服も必要最低枚数で。旅行の時の衣類選びのポイントは丸めてもしわになりにくく、重量が軽い素材を選ぶ事です。そして、カーディガンやウインブルゾンなどを持ち、着脱で温度調節できるようにしましょう。カットソー素材の物や、ポリエステルなどの化繊素材の物が適しています。ジーンズや綿素材などは乾きにくいですし、重量もあるのであまり旅行の荷物としては適していません。

*その他持っていきたい物

18.常備薬

これは必ず持っていきましょう。一人旅行で体調をくづしたときほど心細い事はありません。あれ、なんか体調おかしいぞと思ったらすぐに薬を飲んで、体を休めてください。私が海外旅行の時に必ず持っていく薬は、鎮痛剤、総合風邪薬、胃腸薬、下痢止め、酔い止め、鼻炎薬、目薬、軟膏です。これらを小分けにして、説明書をつけて持参します。参考にしてください。

19.筆記用具

シャーペン、ボールペン、蛍光ペン、小さなメモ帳は一人旅の友達です。スタンプを押したり、日記を書いたり、気になったことをメモしたりします。また、一人旅は現地の人と話すチャンスがいっぱいあります。言葉が通じないときはメモ帳で筆談することもできます。筆談したメモ帳をそのまま持ち帰れば、旅行のかけがえのない思い出になります。

20.ガイドブック

ガイドブックで行きたいところを見つけたら、誰に気を使うことなく行きましょう。
 

21.パスポートケース

一人旅の貴重品管理は心配してもしすぎるということはありません。パスポートは首からぶら下げたり、ウエストポーチに入れたりして厳重に管理しましょう

22.鍵

全ての荷物が入ったバックパックには必ず鍵をつけましょう。鍵は100円ショップなどでも売っていますが、お勧めしません。プロは安すぎる鍵ですと、いとも簡単に開錠してしまいます。

ワイヤー式でダイヤルロック式の南京錠がお勧めです。それでも値段は1500円程度です。大切な荷物を1500円程度で守ってくれるなら、とても安いと思います。
セキュリティーに関しては、ケチらずしっかり行いましょう。

23.暇つぶしグッズ

一人だと、時間が、ゆーくり流れます。普段なかなか出来ない、読書や映画鑑賞など夜な夜な楽しむのも贅沢な過ごし方です。私は、読みたかった本を旅先で読み漁ります。パックをしながら。その人それぞれの、贅沢な過ごし方があるでしょう。旅先でやりたいことを準備して持っていきましょう。

*海外旅行女性一人旅、持ち物リストまとめ

いかがでしたでしょうか?23点の海外旅行持ち物リストを紹介しました。女性の一人旅は荷物をコンパクトにまとめて、負担を減らし軽やかに行動できるようにするのがポイントです。でも、ただただ、荷物を減らすだけでは、貧乏旅行になってしまい、気分も上がりません。美容グッズや、本や音楽、こういった自分のためだけに使える時間を贅沢に使うためのアイテムは、減らさずどんどん持っていきましょう。そして一人旅という贅沢なひと時を思う存分楽しんできてください。

それでは行ってらっしゃい。