海外旅行に持って行ってはいけない物って何?

海外旅行に行くとなると、あれもこれも、持っていきたくなりますが、国外に持ち出してはいけない物が決められています。うっかり持って行ってしまうと、空港で没収になることもありますし、罰金を科せられたり、さらには罰せられてしまうこともあります。
今日は海外に持って行ってはいけない物を詳しく説明しますので参考にしてください。

海外に持ち込めない物

海外に持ち込めない物は3種類に分かれます。

まずは、1.海外に持って行ってはいいけない物、2番目は機内に預け入れ荷物として持ち込みは可能だけれども、手荷物として飛行機の座席に持ち込んではいけない物、3番目は国によって持ち込み制限があるもの、以上の3種類です。

ここからは3種類にわけて紹介します。

どの国に行くのにも持ち込めない物

飛行機の安全性から預け入れでも手荷物としても持ち込めない物リストです。クラッカーや酸素スプレーなど、知らないと持って行ってしまいそうなものもあるので注意ください。

1.火薬物

花火やクラッカーは火薬物になります。海外でパーティーをしようと思っても持って行ってはいけません。クラッカーは現地で購入するようにしましょう。

2.毒物

現地で虫が心配だからと殺虫剤を持ち込むことはNGです。殺虫剤、農薬などは毒物に分類されています。

3.酸化性物質

漂白剤や酸素スプレーなど。現地でスポーツする人は注意してください。

4.高圧ガス

カラースプレーやボンベなどです

5.引火性物質

オイルや塗料など

6.可燃性物質

炭やマッチなどになります。なお、喫煙用のライターは1個手荷物として持ち込むことは可能です。

7.腐食性物質

水銀入りの温度計や、液体バッテリー等

手荷物不可、預け入れは可能な物

飛行機の預け入れ荷物としては可能ですが、自分の座席には持ち込めない物もあります。他の乗客に迷惑になるものや、テロの危険があるものなどは制限されています。

1.刃物・工具・先の尖ったもの

ナイフやハサミや、カッターなど他人を傷つける恐れがあるものは持ち込み禁止です。

持っていく場合は、スーツケースに入れて預かってもらいましょう。

爪切りや、眉毛用ハサミなどは検査員によります。荷物をあけるように言われて、説明するのが面倒だと思う方は、念のため預け入れ荷物に入れておいた方が無難です。

2.ゴルフクラブ、竹刀、サーフボードなどの長いもの

長いものは周りの乗客に迷惑にもなり、また場合によっては凶器にもるので、手荷物として持ち込むことは禁止されています。
 

3.液体の持ち込み制限

爆発原料となるニトログリセリンが液体であり、飛行機のトイレで爆弾を作る計画があったことから、液体の持ち込み制限が2003年から行われるようになりました。

手荷物として持ち込む液体物は、100ml以下の容器に入れて、縦横合計40cm以下の透明袋にまとめて入れて持ち込まなくては行きません。持ち込めるのは一人一袋までです。

液体物とは、飲料水はもちろんですが、ジェルやクリーム、歯磨き粉、ゼリーなども含みます。要するに、容器が無くては形が保てない物全てが液体物になります。

尚、手荷物検査後のエリア(制限区域と呼びます)にある自動販売機やコンビニエンスストアーで購入した飲料水を含む、液体物は持ち込みに制限はありません。

また、赤ちゃん用のミルクや、離乳食、喘息のスプレー、コンタクトレンズの保存液など、幼児用の食事や医薬品は袋に入れなくても持ち込み可能です。

医薬品に関しては検査員に説明を求められることがあるので、診断書や処方箋があると説明がスムーズにできます。いづれにしても、機内で使用する分のみ持ち込みするようにしましょう。

4.サイズ・重さの制限

手荷物として持ち込める細かい制限は航空会社によって違ってきます。格安で人気のLCCは、重さや大きさはとても厳しく制限されています。制限オーバーすると追加料金を取られるので注意しましょう。LCCではない、フルサービスキャリアの荷物制限を紹介します。

 

・手荷物のほかに、身の回り品が入ったハンドバックなど1個

・手荷物のサイズは3辺の合計が115cm以内です

・手荷物の重さは7k~20k以内(詳しくは利用航空会社を確認ください)

 国によって持ち込み禁止されているもの

日本から海外旅行に行く際に持って行けない物をここまで説明しましたが、日本を出る時は持ち込めたけれども、現地について入国審査で引っかかるものもあります

海外旅行先での入国審査は日本を出国する時よりもスムーズに行いたいものです。行先の情報はきちんと事前に収集しておきましょう。調べずに持ち込んでしまい、多額の罰金を請求されたり、事情聴取されたり、場合によっては刑を科せられたりしてしまったは大変です。

代表的なものをリスト化していますが、他にもありますので、ご自身で必ず調べるようにしてください。調べる方法としては、旅行代理店に聞く、現地大使館のホームページを確認すればわかります

1.食品

海外旅行に行く時に一番気を付けなくてはいけないのが食品です。多くの国で、肉、肉製品、卵、乳製品、果物、野菜などは、伝染病や病害虫の侵入を防ぐために禁止されています。厳しさは国によって違ってきます。

ニュージーランドやオーストラリアなどのオセアニア地域は、入国審査がとても厳しい地域です。ニュージーランドは人口より羊の数の方が多いいと言われるほどですので、懐中侵入には厳重の注意を払っています。

肉類や乳製品はもちろんのこと、チョコレート等の菓子類にも申告をしなくてはいけません。もし嘘の申告をした場合罰金が科せられますので申告はきちんと行いましょう。

綺麗な国として有名なシンガポールはチューインガムの持ち込みを禁止されています。

また、アメリカは肉類のほかに肉のエキスを含んでいるすべての食品が禁止されているので、カップラーメンなどのインスタント食品はものによって持って行けない物になるので気を付けましょう。

タバコ

タバコは持ち込み制限がかかっている国があります。タイやフランス、イギリスなどは200本まで、ブータンは禁煙国家ですので持ち込み禁止、ニュージーランド、オーストラリアは50本までとなっています。

煙草に関しては持ち込み本数の制限もありますが、喫煙場所や喫煙可能年齢なども国によってバラバラです。

例えば、喫煙制限が厳しい台湾では「タバコ煙害防止法」という法律があり、禁止された場所で喫煙した場合約1万円から4万円ぐらいの罰金を科せられます。この法律は海外旅行者も対象になりますので愛煙家の方は注意して下い。

アルコール
 

サウジアラビア、イラン、カタールなどのイスラム圏に行く時にはアルコールの持ち込みは厳禁という場合が多いのでしっかりと確認していきましょう。

また、イスラム教諸国は女性の水着が禁止されていたり、DVDなども制限されていますので、特に事前の確認が必要な国です。

電化製品 ブランド品

日本では普通に使用しているスマートフォンやノート型パソコン、デジタルカメラなどの電子機器ですが、国によって申告の対象になっている場合があります。

ブラジルは、本人が使用するためのカメラ、携帯ラジオなどの電化製品は一人1台までです。

中国もパソコンは一人1台までです。追加ですが、中国はCD・DVDの持ち込みは一人20枚まで、本や雑誌は一人10冊までです。

フィリピンは身に付けているブランド品のカバン、時計、靴などに関しても申告が必要です。

海外に持って行けない物まとめ

ここまで、海外旅行に持って行けない物をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
海外旅行への持ち込み制限は、テロや伝染病の危険から、年々厳しくなっている傾向があります。ルールは細かく変更になっていますので、行く前に必ず確認し正しい情報をもとに荷造りをしてください。