海外旅行の女ひとり旅 おすすめの国はどこ?

今日は女の一人旅におすすめの海外旅行場所をエリア別に紹介します。
自分へのご褒美、現実からの逃避行、リフレッシュ、癒しを求めて・・・女が一人で旅に出たくなる理由は色々あります。
どんな理由であれ、一人で旅に出れば体も心もリフレッシュできることは間違いなし。それでは早速行ってみましょう。

海外旅行女ひとり旅 おすすめはココ

韓国 ソウル

日本から1時30分~3時間程度で行けてします韓国ソウル。
グルメやショッピング、美容にK-POP、韓流などなど、女性の好きがたくさんある韓国が一人旅にお奨め地域No1.

韓国初心者なら、まずは誰もが訪れれば、ソウルの中心地、明洞(ミョンドン)に行けば、韓国の今を体験することができます。
ロッテ百貨店本店や新世界百貨店本店といった老舗デパートをはじめ、韓国ファッションのみならず、世界のファッションブランドが集まるこの地域は、ショッピング好きには外せないエリアです。
明洞駅前の目抜き通りには、韓国コスメのお店が所狭しと軒を連ねていますが、日本語OKなお店も多く、両替所もあるので一人で行っても安心してお買い物をすることができます。

韓国と言えば、アジア最大の美容大国としても有名ですね。美容目的で行くのならば江南(カンナン)地区がお勧めです
このエリアは、韓国を代表する有名企業の高層ビルが立ち並ぶビジネス街で、韓国エリートを対象としているレストランやショップが多く多数立ち並んでいる繁華街になっています。
日本でいう丸の内や銀座の様な場所です。そんな韓国の高級地区にある、エステサロンや美容皮膚科は、韓国の中でもトップクラスのお店や医師が経営しているお店が多いいです。有名韓国芸能人が足しげく通うショップも。
ワンランク上の美容を体験してみてはいかがでしょうか?

タイ バンコク

一度行くと、はまってしまう人が老若男女問わずいるタイのバンコク。日本からは直行便で5時間から7時間とアクセスの良さも人気です。

タイにはまる人のほとんどの人が、ここが好きでタイ好きになるという、聖地カオサン通り。
世界中のバックパッカーが歩いている一本道です。一本道の両脇には、飲食店やら怪しげなクラブやら、食用昆虫店やら、普通のお土産屋さんだったり、バラエティーが豊富で、カオス状態です。朝、昼、夜すべての時間帯でまったく違った顔を見せてくれるカオサン通り。
どこに時間帯にはまるかは、あなた次第です。

タイと言えば微笑み国であり、仏教の国です。寺院めぐりは外せません。
中心部バンコクにワットポーやワットアルン、といった有名寺院があり、街にはオレンジの袈裟をまとったお坊さんが沢山歩いています。
タイの人々が仏教を中心として生活しているか、仏像の魅力などを感じることができるでしょう。

経済成長をすさまじい勢いでしているタイですが、地下鉄やスカイトレインといった充実した交通手段がある一方で、昔ながらの東南アジア特有の3輪タクシー、トゥクトゥクも現役で立派な移動手段としている活躍しています。
圧倒的なアジアの熱気と、ちレトロな雰囲気が融合しているのが、タイ バンコクの魅力でしょう。
この国は、はまる人はどっぷりはまる、底知れぬ魅力がある国です。

アメリカ ニューヨーク

世界の中心地であるアメリカ ニューヨークは、エンターテイメントでもグルメでも、ショッピングでも世界最先端。街を歩いているだけで刺激をいっぱい受けて、新しい自分を感じることができる街です。

女一人でニューヨークは治安が不安という人は、時代が止まっていますよ。
ニューヨークの治安は劇的に良くなっていて、イギリスのエコノミスト誌による安全な都市ランキング(2015年)では上位の10位を獲得していて、香港や台北より上位にランクインされました。とはいえ、同誌によると、東京は1位、大阪は3位にランクインしているので、もちろん最低限の注意は必要です。どこへ行くにしても、日本より安全な国はありません。

英語に自信がなくても、多民族国家のアメリカ、その中でも、世界中から人が集まってくるニューヨークは街の人も片言の英語に慣れていますので、どの人もフレンドリーに対応してくれます。

一人旅の長い夜は、本場ブロードウェーでトップクラスのミュージカル、エンターテイメントを堪能してみて下さい。
当日でも、タイムズスクエアにある「チケッツ」にいけば、当日券が出ています。場合によっては割引券が入手できることもありますよ。
最高レベルの歌や、ダンス、鍛え抜かれたパフォーマンス、ゴージャスな演技を生で見ると、また観たいと必ず思ってしまうでしょう。
旅行期間中の時間が足りないぐらいです。

最先端のアートを一人で、マイペースにゆっくりと楽しむのもおすすめです
ニューヨークにはなんと100以上ものアートミュージアムがあり、次から次へと、新しい企画展が開催されています。
一人で、誰にも邪魔されず、アートと向き合い、自分の感性を刺激する、なんとも言えない最高の贅沢ですね。

ドイツ ベルギー

女のひとり旅でおすすめの国最後はドイツ ベルギーです
女性のひとり旅にヨーロッパは外せません。街全体が、芸術品のヨーロッパはどこに行ってもあなたの感性を刺激してくれ、非日常を体験することができます。
そんなヨーロッパの中でも、特に推したいのがベルギーです。
ベルギーはとても小さな国で日本の九州より小さい国土です。その分どこへ行くにもアクセスが良く、地下鉄や路面電車が発達しているので、私の様な方向音痴な女の一人旅でも街歩きを楽しむことができます。

そして、女の一人旅だと困るのが食事ですが、ベルギーはカフェ文化が発達しているのです。
美味しいものを、一人で気兼ねなく食べられる場所として、カフェは女ひとり旅の強い味方です。
そして、そこはベルギービールが自慢の国。夜ビールを楽しめるカフェもあり、スイーツ好きにも、ビール好きにも満足できる国なのです。

さらに、ヨーロッパの中でもベルギーがおすすめの理由は、ベルギーはヨーロッパの中心に位置しているからです。
パリや、ルクセンブルク、オランダアムステルダムなど、お隣の国へ日帰りで旅行に行くことも可能です
ベルギーから電車で1時間から3時間で行くことができるのです。日帰りバスツアーなども連日出ています。

さらに、足を延ばしたい方は、ベルギーを起点としたヨーロッパ周遊旅行だって可能です。
海を挟んだイギリス ロンドンだって、高速電車で、たった2時間で行けますし、イタリアやトルコ、ノルウェーにも、ヨーロッパの格安航空会社を使って安く行くことができるのです。

海外旅行 女ひとり旅おすすめの国 まとめ

癒しに、グルメに、自分磨きに、女ひとり旅は楽しい事がいっぱいです。一人で、自分のしたいことを、自分の行きたいところに、マイペースで行ける女ひとり旅は魅力がいっぱいですね。
とはいえ、女のひとり旅は危険もあります。先ほども書きましたが、日本より安全な国はありません。早朝・夜間は一人で出歩かない、小道・裏道には入らない、旅先で知り合った人についていかない、荷物を置いて席取りをしないなど最低限の注意は必ずしてください。特に日本の女の人は、いい人が多く、たやすく他人を信じやすい傾向があります。日本人の女の人を狙って、親切にしてくる人も海外にはたくさんいますので、注意してくださいね。

安全に注意したうえで、女ひとり旅を満喫してくださいね。ひとり旅でなければ感じられないこと、体験できなかったことを、思いっきり堪能してきてください。