英語ができない人が行く海外旅行どこに行く?おすすめはココ

英語が全くできない、中学で習った単語すら出てこない、海外旅行なんて行けないと思っている人いませんか?
英語は確かに世界の共通語で、それは出来た方が便利ではありますが、英語が全く出来になくても海外旅行で楽しく過ごせますよ。
今回は日本人に優しく、英語が話せなくても思いっきり楽しめるおすすめの国を紹介します。英語が出来ないからという理由だけで海外旅行に行かないなんてもったいない。今回の旅行プランを参考に、是非海外旅行に行ってください。

英語ができなくても大丈夫。海外旅行にいくおすすめはココ

台湾

台湾は昔日本の植民地だったこともあり、また、台湾の人は日本の事が好きでいてくれていることもあり、日本語が話せる人が大勢います
旅行先で一番お世話になるホテルの方は日本語サービスがどこのホテルにもあります。また、年配の方は、日本の教育を受けていたり、ご両親が日本語を話していたということで、日本語が通じます。

台湾に行ったら、楽しみたいのが台湾グルメですよね。小龍包や、マンゴーアイスクリームや、タピオカなど、今台湾グルメはとても流行しています。観光客に人気の台湾料理のレストランは、日本語メニューを用意してくれている店も多いいですし、写真つきのメニューがあったりして安心して注文することができます。
また台湾の公用語が中国語なので、日本人にはありがたい漢字の国。正しい読み方はわからなくても、なんて書いてあるかはなんとなくわかります。

さらに台湾がおすすめの理由は、台湾の人もそんなに英語が話せる人がいないのです。そして台湾の人はとても親切で親日家。なにか、日本語で聞いて、いきなり英語で答えてくるような方はいません。一生懸命わかるように説明してくれる人が多いいです。私が台湾でタクシーに乗った時は、運転手さんが携帯の通訳機を使って一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれたことに感動しました。

言葉が分からなくて一番怖いのは安全面。タクシーにのって正しい場所に連れて行ってもらえているのか、値段は正しいのか、騙されていないのか、など、しかし台湾の治安はとてもよく、値切り文化もないですし、チップの文化もないのでとても安心して行けます。

台湾観光スポット

台湾なら海外旅行に行けるかな~と思ってきましたか?
行けますよ。親日家の台湾はあなたの事を優しく向かいいれてくれますよ。さた、台湾に行くなら是非行ってほしい観光スポットを紹介します。

忠烈祠(ちゅうれつし)

台湾の英雄、蒋介石(しょうかいせき)が祀られている忠烈祠(ちゅうれつし)。忠烈祠で毎日行われている衛兵交代式は台湾観光の人気ナンバーワン。忠烈祠の兵士は、選抜された身長175センチ以上体重65kgと厳しい条件を通過した兵士たち。高身長で、容姿端麗、そして優秀な兵士たちが、一糸乱れず動く姿は必見です。本当に美しいです。

ディンタイフォン

台湾に行ったら絶対にはずせないグルメがディンタイフォンの小龍包です。世界中の観光客がこのお店をめがけてやってくるので、連日満席ですが、毎日大勢のお客さんをさばいているので、お店のオペレーションは完璧です。日本語対応のメニューもありますので、英語が話せなくても、中国語が分からなくてもおいしい小龍包を頂くことができるので安心してくださいね。

台湾で頂くディタイホンの小龍包の魅力は、その美味しさはもちろんのこと、嬉しいのはその値段です。日本にもディタイホンの支店が何店舗かありますが、日本のディタイホンの半分の値段で、本店の小龍包が頂けるのです。もう感動ですよ。
 

九份(きゅうふん)

台北を離れてしないから車で1値時間ほど北東に位置する九份(きゅうふん)に足を運んでみて下さい。日本の昭和初期の様なレトロな雰囲気と、茶屋の夜景、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。ここは、千と千尋の神隠しのモデルになった場所としても有名です。ジブリは認めていないらしいのですが、実際行ってみると、本当に千と千尋の世界が広がっています。
とはいえ、台北から離れた場所に行くのは勇気がいりますよね。九份に行くには日帰りツアーを利用するのがお勧めです。高速バスで九分まで連れて行ってくれますし、道中ツアーガイドのかたが、台湾の魅力や、九分のおすすめポイントなどを教えてくれますので、一人で行くよりおさらに台湾を楽しむことができます。

夜市(よいち)

台湾と言えば夜市(よいち)です。台湾の家庭はほとんどが共働きで、外食が基本となっているので屋台が発達しました。毎晩台湾の夜は夜市で賑わっています。夜市では、台湾のB級グルメが堪能できます。オムレツや、焼きまんじゅう、台湾ソーセージ、かき氷など。食べ物だけじゃなくて、洋風やカバン、お土産などあらゆるものが売っている屋台。観光客だけではなく地元の人もたくさん集まり、歩くのが大変なくらいです。

言葉はジェスチャーでまったく大丈夫。むこうの方もジェスチャーで伝えてくれます。

 

ハワイ オアフ

 

日本人の人気のリゾート地 ハワイ。オアフ島はいつの時期に行っても日本人がたくさんいますし、シェラトンやヒルトン、ハイアットなど大型ホテルチェーンには24時間日本語対応スタッフが駐在してくれています。

レストランのメニューも、レストランによりますが日本語メニューを用意している所もありますし、フードコートやコンビニ、ファーストフードがたくさんあるので、特に注文に困るということもありません。ほぼ日本語で過ごすことができます。もし、困った時があれば、日本人の観光客にちょっと聞くこともできます。

 

オワフ島おすすめ観光スポット

ワイキキビーチ

ハワイと言えば、行ったことのない人も思い浮かべるのがワイキキビーチの景色ではないでしょうか?ハワイには約30ものビーチがありますが、その中で最も有名なビーチがワイキキビーチです。高級ホテルは、ワイキキビーチの近くにあります。海水浴はもちろんのこと、ビーチから眺めるサンセットは、海一面がオレンジに染まり本当に美しいです。ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

ダイヤモンドヘッド

ハワイの自然を楽しむなら、ダイヤモンドヘッドでトレッキングを楽しんでい見てはどううでしょうか。トレッキングといっても登山ほど大変でなく、山頂まで往復で2時間程度で行くことができます。ダイヤモンドヘッドの山頂から、ワイキキの海や街を一望したら、ハワイのエネルギーを沢山頂ける気がしませんか。
ワイキキの中心部からダイヤモンドヘッドにはバスで行きます。ハワイの路線バス。ザ・バスのルート2番、23番24番に乗るとダイヤモンドヘッドに行くことができます。思いっきり日本語英語で「ダイヤモンドヘッド?」と聞いてみれば、バスが行くかどうか教えてくれますよ。
とはいえ、個人で行くのはかなり勇気がいるなと思ったら、短期ツアーに申し込んで連れて行ってもらいましょう。

アラモアナショッピングセンター

ハワイ最大級のショッピングモール アラモアナショッピングセンター。アラモアナには350店舗以上のショップとレストランが入っています
高級ブランドから、値ごろなショップまで、ここに行けば何でも買えます。

そして、広場のようなところではフラダンスのショーをやっていたりするので、ショッピングだけではなくて家族で楽しめてしまいます。私はハワイに行った時に、海よりアラモアナにいた時間の方が長かったぐらいです。連日通っても通いきれないくらい、楽しい。ショッピングだけじゃなく、マッサージやネイルサロンもありますし、今ハワイで人気のレストランもあります。ハワイに行ったら、アラモアナは外せません。

英語が出来ない人におすすめの海外旅行はココ!!まとめ

英語が出来ない人向けに台湾とハワイを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?今回は台湾とハワイが一番行きやすいということで、おすすめしましたが、英語ができなくても海外旅行は十分楽しめます。英語が出来ないから海外旅行に行かないなんてもったいない。言葉が通じなくても何とかなります。是非海外旅行を楽しんでください。