【海外旅行保険】子供の保険のおすすめはどれ?

家族で海外旅行に行こうと思った時に、心配になるのが子供の保険。入るべきか、入らないで行くべきかと思いますが、保険には必ず入っておきましょう。
日本違う環境で、子供も体調を崩しやすく病院にお世話になることもあるかもしてません。
海外では日本の保険制度は適用されませんので、全て実費扱い、ものすごく高額の医療費を請求される可能性もあります。万が一の場合に備えて必ず保険には入りましょう。そこで今日は海外旅行する時の子供の保険のおすすめを色々調べてみました。それでは早速行って見ましょう。

海外旅行保険 子供の保険のおすすめはコレ

ゴールドカードに付帯されている保険

海外旅行の保険と聞いて一番に思いつくのはクレジットカードに付帯されている保険ですね。
しかし、ほとんどのクレジットカードの場合、保険が適用されるのはクレジットカードを所有している本人のみです
18歳未満はクレジットカードに加入できませんので、子供の分の保証は対象外になっているものがほとんどです。
海外旅行に行く前に一度自分のクレジットカードの補償適用範囲をきちんと知らべてみてください。
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険で、19歳未満の子供が対象になっている「家族特約」がついているものは、年会費が必要なゴールドカードの場合がほとんどです。
海外旅行に行くので、新たにクレジットカードを作るという場合はアメリカン・エキスプレスやセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスのゴールドカードの加入を検討してみても良いでしょう。初年度年会費無料というものもありますので、旅行用だけに作れば、家族全員の保証も受けられお得です。

家族全員の保険をカバーするファミリータイプ

海外旅行の保険で一番メジャーな保険が、ファミリータイプの保険です。
旅行代理店から、旅行の申込書と一緒に紹介されるのがこのタイプです。
家族一括でまとめて加入するので、賠償責任や、携行品の保証を一緒に共有することが出来るために、ひとりずつ契約するよりも割安でわかりやすい保険になっています。また、万が一保証を受ける際も、連絡先が一本化しているのでスムーズに対応ができます。

 しかし、ファミリータイプは決まったパターンがあるので、たとえば親はクレジットカードの保証ももっていて、補償内容がダブってしまうなどの不自由さもあります。ちなみに、補償内容がダブってしまった場合、補償を受ける時はダブルで請求することが出来ず、どちらかを選ばなくてはいけないので、ダブル補償は損をしてしまうというデメリットがあります。

さらに、ファミリータイプで気を付けなくてはいけないのは「家族」の範囲です。一口にファミリーといっても、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒のファミリーもありますし、2世帯という場合も、子供が大きければ一人暮らしをしている、旦那さんが単身赴任中というファミリーもあるでしょう。
ファミリータイプの保険が適用されるのは、一般的に、本人とその配偶者、または本人と生計を一緒にする同居する親族、もしくは生計を一緒にする別居の未婚の子供です。ですので、すでに独立して別居している子供と一緒に旅行に行く場合は、親と生計が別なので、この子はファミリータイプの保険には入れず、個人で保険に入る必要があるのです。
また、インターネット契約の場合は、6人以上の契約が出来ない、18歳以上じゃないと契約者に慣れない、同居でも苗字が違うと入れないなどの、各社色々な条件を設定している場合がありますので、ファミリータイプの加入を検討するときは家族の範囲を確認しておきましょう

 

子供だけの保険の入り方

大人はカード付帯の保険で備えられていて、クレジットカードに子供の保険が適用されない場合は子供だけの保険に入る必要があります。
値段は、大まかに年齢わけしている保険会社もありますが、年齢が低いから安いということもなくどこも大人と同じぐらいの料金になっています。
保険会社によっては、医療機関にかかる確率が高い、小さなお子さんほど保険料金が高く設定されている会社もあります。

保険に入る際に気になる補償内容ですが、当たり前ですが、補償内容が充実していて、カバーされる金額が高い方が保険料は高くなります。
ここで気を付けたいのは、小さなお子さん、赤ちゃんほど疾病や損害の補償は厚く備えておきましょう。
日本では救急車は無料ですが国によっては、救急車も有料のことが多いいです。また、小さなお子さんほど環境の変化には敏感なものです。保険に入っていれば、ちょっとの症状でも安心して病院で見て頂くこともできます。日本人に人気の観光地には、日本語対応してくれる病院もあります。

疾病や損害の補償は厚くする一方で、携行品の保証は最低限度にするかもしくはつけなくても良いと思います。子供が高価な持ち物をもって海外旅行に行くということが少ないですよね。ホテルの調度品やショッピング中に誤ってなにか壊した場合に保証される、賠償責任保証は入っておいた方が安心です。

海外で起こしやすい子供の病気

もしもの場合に備えて保険に入ることも大切ですが、もしものことが起らないようにケアーすることが一番大切です。
海外旅行中に起こしやす子供の病気を知っておくことが予防の第一歩です。

圧倒的に多い伊野が、お腹を壊してしまうことです。水が違うと大人でもお腹を壊しやすくなりますが、小さなお子さんだと指しゃぶりをする子も多く、免疫力も大人よりも低いのでお腹を壊す可能性が高くなります。
手洗いうがいが基本ですが、万が一お腹話を壊した場合に、脱水症状を防ぐためにスポーツ飲料水の粉末タイプを持っていくことをお勧めします

また、子供は蚊に刺されやすく、マラリアや天狗熱など蚊を媒介してなる病気が流行している地域もあります。このような地域に行く場合はあらかじめ予防接種を受けさせることがとても大切です。
そのような地域でなくても、虫よけスプレーを持参し、蚊が多いい場所に行く場合は長そで、長ズボンを履かせて、虫刺されに充分対策するように心がけましょう
また、海外ではまだ狂犬病を持っている動物もいます。むやみに動物に触らせないように子供によく話しておきましょう。
万が一触ってしまった場合は、良く手洗いうがいをしましょう。
疲れさせないスケジュール管理も大切です。疲れがでて、免疫力が下がると、慣れない環境下では病気も発生しやすくなります。
大人のペースではなく子供のペースを考えて無理のない旅行日程を組むようにしましょう。

 

こんなに高い海外の医療費

最初にも書きましたが海外旅行に行く場合に子供の保険は絶対に必要です。
特に医療の保険は必ず付けてから渡航するようにしてください。

アメリカでは、赤ちゃんの様態が悪くて救急車を呼んだだけで10万以上の請求が来ます。骨折の治療も10万円ぐらいです。アジア方面、中国やシンガポールなどの場合はもう少し安いですがそれでも、骨折の場合は1万円~6万円ぐらいです。
もし、盲腸になってしまった場合などは、とても払える金額ではなくアメリカだと300万ぐらいの請求が来ることになります。
日本の医療費がとても安くなっているので日本人にとっては本当に驚く金額です。この金額を知ってしまうと保険に入る重要性が分かりますね。

 

まとめ

楽しい家族との海外旅行。何もなく無事に帰国することが一番ですが、非日常の時間である旅行中は何が起こるかわかりません。
楽しい旅にするためにも、無駄多と思わず、万が一に備えて海外旅行保険には加入しておきましょう。