海外旅行時の手持ちバッグおすすめ4点!選び方のポイントは?

海外旅行に行く前に、旅行を機会にバッグを新しく購入しようと思っている方に、今回は海外旅行に持っていく手持ちバッグを4点選んでみました。
また、海外旅行用のバッグ選びのコツなども紹介します。
是非、バッグ選びのお役にたてていただければ嬉しいです。それでは行って見ましょう。

海外旅行用 手持ちバッグおすすめ4選

Anello(アネロ)ショルダーバッグ AT-C1223

アマゾンレディース斜めかけバッグ ベストセラー1位のAnello斜め掛けショルダーバッグです。
手持ちバッグとしても可能ですが、付属のショルダーを使えば斜め掛けも可能な2way使用なので、街歩きの時に手ぶらで歩くことが出来て旅行に最適です。

海外旅行で一番心配なのは盗難ですよね。
どんな治安が良いと言われている国に行っても、やはり日本より治安の良い国はありません。
どの国にも外国人観光客を狙ったスリはいるものです。手荷物は自分で自己防衛しないといけません。
まず持ち歩くバッグはファスナー付きの物を選ぶこと、これは絶対です。
パカッと開口口が開いているバッグは取り出しやすくて便利なのですが、便利なものは盗まれやすいと思ってください。チャックがついている、それだけでも自己防衛の一つになります。

 今回紹介したanelloのブランドコンセプトは、「こだわりすぎず、ちょっとポイントがあって直感で欲しいと感じてもらえること」だそうで、そのコンセプト通り、使う場所を選ばないデザインになっているのも旅行バッグとして適していますね、
旅行中は、リゾートだったり、タウンだったり、いろいろな場所に行くので、TPOを選ばないデザインは使い勝手がいいですね。

 

Keys(キーズ)Holiday A.Mバッグ

男女兼用で使えるKeys Holiday AMバッグです。これ、私が今実は欲しいバッグです。

小さく見えますが、実はそこにマチがあるので、ランチボックスも入ってしまう収納力があります。
旅行中は、なにかと持ち歩く荷物が増えるものです。ガイドブックや、カメラや携帯電話、財布に、あとその場所その場所でもらうパンフレットなど。
それと私は、必ずペットボトルを一本どこの国でも持ち歩くようにしているので、生水は絶対飲みたくないので、このぐらいの容量が小さくても確保されているのは嬉しいです。

もちろん、ファスナー付きですが、Holiday AMはWファスナー使いなところも海外旅行には嬉しい使用です。
Wファスナーの場合は、気を付けてファスナーの取っ手がバッグの中央部に来るようにしましょう。
バッグの真ん中にファスナーの始まりがあることで、他人から開けられることを防ぎます。

バッグの表地は、丈夫な帆布16オンスが使用されています
帆布とは船の帆に使われている丈夫な布の事です。海外のスリの中には、バッグを切り裂いて、落ちた中身を盗んでいくという荒っぽいスリもいます。
しかも達が悪い事にグループでやってきて、助けるふりをして落ちた荷物を持っていくというものまであるので、本当に怖いですよね。
そんな荒っぽい窃盗対策で、自分に出来うることは、丈夫なバッグを選ぶこと。
生地が丈夫であれば、切り裂かれたとしても、なかなか中身までたどり着くことが出来ず、荷物が散乱してしまうという危険を防いでくれます。

 

Coleman(コールマン)WALKER 2WAYバッグ

男女兼用ですが特に男性におすすめしたい、Colemanの2wayバッグです。
コールマンと言えば、世界でアウトドアブランドとしてとても有名なブランドです。
軽くて丈夫で、しかも撥水加工を施した生地を使っている所が流石、人気のアウトドアブランドのバッグです。
旅行中は普段よりアクティブに行動する上に、荷物も多くなりがちなので、バッグが軽いのはマストです。
撥水素材も嬉しいですね。海外ではスコールの様な傘をささないまでも突然短期間に大雨が降るということが良くあります。
そんな時に大切な荷物を守ってくれる撥水機能付き機能はありがたい機能です。

また、こちらのバッグはなんとリュック型にもなる2way使用。
旅行中、ハイキングやアウトドアの時はリュックで使用して、街歩きの時はトートバッグ仕様にとその日の予定で使い方を変えられます。
夜間に目立つようにリフレクター付き。機能性と使い勝手を兼ね揃えている、さすがコールハーンと思えるバッグです。

LONGCHANM(ロンシャン)トートバッグ

先に紹介した、コールマン トートバッグが男性におすすめなら、こちらのロンシャンのトートバッグは大人の女性におすすめのバッグです。
実をいうと私も愛用者です。もう何年も愛用して、いろいろな海外旅行を一緒に行きました。

海外旅行用に、軽くて、ある程度の内容量を確保していて、ファスナー付きでと探しているとどうしてもカジュアルになりすぎてしっくりこない、日本では使えない、会社には持って行けないと思っている女性の方に特におすすめです。

軽くて、機能的で、A4サイズも入る内容量でありながら、エレガントなフォルムのロンシャントートバッグ
ヨーロッパでの美術館めぐりや、ミュージカル鑑賞など、ハイエンドな旅行のお供には最適のバッグです。

このバッグの発想のもとになっているのが、なんと日本の折り紙だそうで、嬉しい事に折り畳み可能なんです。
使わないときは折り畳んでコンパクトに収納することも可能。サブバッグとして持ち歩くことも可能です。
もちろん、カジュアル過ぎないエレガントなフォルムなので、帰国後日本でも大活躍すること間違いなしです。
通勤に使ってもカジュアル過ぎてしまうことはありません。

 

手持ちバッグの選び方~海外旅行編~

 

ファスナー付きの物を選びましょう

今回紹介した4つのバッグは、雰囲気は全て違うものを選びましたが、共通している機能は、ファスナー付きです。

何度も書きますが、日本ほど安全な国はないと思って海外旅行に行ってください。
手荷物管理は自己責任です。最低限の予防策としてファスナー付きのバッグを選ぶようにしましょう。
ファスナー付きのバッグでも心配のようなら、ファスナー部分に南京錠をするとか、南京錠までいかなくても、安全ピンでとめるとかするとさらに強化されます。

また、貴重品を分散してもつ、例えば貴重品の一部をウエストポーチに収納するなども有効な管理法です

 

軽い素材で丈夫な物を選びましょう

旅行中はあちらこちら動き回ることも多いいので、バッグ自体が重いと、それだけで疲れが倍増してしまいます
荷物も多くなりがちなので、バッグ自体は軽いものを選ぶと動きやすくて便利です。

ただし、丈夫な作りのものを選ぶことも大事です。
ナイフを使った、バッグを引き裂いて持っていくような荒っぽい窃盗団に対抗するには、丈夫な素材のバッグを持つこと。
簡単に切り裂けてしまうような素材は危険です。

色々な持ち方が出来ると便利

旅行中の手持ちバッグは、旅行中は一つのバッグを持ち続けることが多いいと思います。
荷物も増えてしまいますからなかなかシチュエーションごとにバッグを取り換えることが出来ませんね。
ですので、2wayや3WAYなど色々な持ち方が出来るバッグの方がその時々で持ちやすい持ち方ができるので、使い勝手がいいと思います。

内ポケット付きかも確認

バッグに内ポケットがついていた方が便利だと私は思います。
旅行中はその時その時でパンフレットをもらったり、こまごまとした荷物がバッグの中で散乱しがちです。特に今回紹介したような、内容量がある程度あるバッグは、沢山物が入って便利なのですが、荷物がバッグの中でごちゃごちゃしてしまう難点もあります。
海外のレジで、バッグをごそごそ、お財布を探すという動作はあまりしたくない物です。
内ポケットに財布だけは入れるようにすれば、すっきり、レジ前の行動もスマートにできますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お気に入りの手持ちバッグは見つかりましたか?
海外旅行のお供に最適の一品が見つかりますように。