海外旅行でおすすめのメッセンジャーバッグ5選!持ち方の注意も

旅行中はちょっとコンビニに行くだけでも普段より貴重品を持って歩くことが多いいですよね。
パスポートに、クレジットカード、どこの国でも価値があるスマートフォン等々、貴重品の管理には十分に注意したいものです。
街歩きのバッグとして男女ともに人気なのが、常に体に沿わせておけて、しかも両手があく、斜め掛けバッグ。
中でも、ファッショナブルで、収納力もあるメッセンジャーバッグは人気です。
今回は、そんな人気のメッセンジャーバッグのおすすめ5品と、さらに海外旅行中の荷物管理についてなど詳しく紹介していきます。

海外旅行中におすすめのメッセンジャーバッグはこれ

マンハッタン・ポ-テージ

メッセンジャーバッグの定番中の定番、マンハッタン・ポ-テージ。
ご存知の方も多いのではないのでしょうか。
大きめなものから、ハンドバック程度の小さなものまで種類が豊富に揃っていて
お値段も一万円前後で購入できます。
シンプルなデザインに赤のブランドロゴがかっこいいバッグです。
人を選ばないスタンダードのデザインで、男女ともに使えるバッグです。

beruf(べルーフ)

べルーフは日本のサイクリングライフを支えるために創業した、TOKYO WHEELSが企画、生産している
サイクリング用品ブランドです。日本人のための、日本人が作ったメッセンジャーバッグです

どの商品も日本人の職人による生産に拘っているブランドで、日本人の体にフィットするように計算されています。
防水機能や、多機能ポケットなど機能性も充実しています。
また、シンプルでカジュアル過ぎないフォルムのものが多いいので、服装を選びません。

COTE&CIEL(コートエシエル)

コートエシエルはフランスのバッグメーカーです。シンプルなデザインですが、パッと見た一瞬でフランスブランドらしい小粋なエスプリがあるデザインです。
コートエシエルが人気になったのきっかけは、今では他のブランドでも良く見るようになったパソコン用のバックパックを販売したことから始まります。
今では旅行中でもスマートフォンをはじめとして、ipadなど様々なデジタル機器は必需品になっていますよね。
コートエシエルは、様々デジタル機器をスマートに収納できるバッグが豊富に揃っています。
機能性とファッションを融合したブランドです。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

ノースフェイスと言えばアメリカ発祥の登山、アウトドアブランドです。世界中の登山家、アウトドア愛好家に愛用されている
ノースフェイスの商品です。
アウトドアブランドの商品て、実は旅行にとても最適なんです。
過酷な自然環境の中でも耐えられるように設計されている商品は機能面が充実しています。
バッグでいうならば、まずは軽い。旅行中は普段より沢山荷物を持ち歩きますし、そしてアクティブに動きます。
重いバッグはアクティブな行動を妨げますので、出来るだけ軽いバッグを選びたいものです。
それから、防水撥水性に優れています。
アウトドアブランドらしく防水撥水性にとても優れています。
海外旅行中の急な雨の時に、パスポートなど絶対にぬらしたくない物が入っているバッグの中身を守ってくれます。

吉田カバン(Porter)

最後に紹介するのは吉田カバンが展開するポーターです。
何十年と変わらぬ人気のある吉田カバンは日本を代表するバッグメーカーで

年齢を問わず多くの人が愛用しています。
人気の秘密は、何年も使える普遍的なデザインと、耐久性です。
創業以来日本製に拘り続けていて、1針1針丁寧に縫い付けたバッグは、とても長持ちします。
何十年と人気を保ち続けているシリーズが多数ある吉田カバンのデザインは普遍的な物が多く
男女ともに使用できます。
また、ブランドバッグでありながら、ブランド感を主張しすぎないのも海外旅行には適しています。

メッセンジャーバッグ持ち方注意

両手が開いて、荷物も入るメッセンジャーバッグですが、海外で持ち歩くときは
注意も必要です。

体の前に抱える

バッグは、体の前にして持つようにしましょう。
メッセンジャーバッグはもともとサイクリングする人のためのバッグなので、背中側に本体をもってきた状態がベストになるように設計されてはいます。
しかし特に人ごみの中ではバッグを前にして、荷物を抱えるように持ちましょう。
日本より安全な国は無いと言われています。防犯対策はしすぎは無いと思ってください。

 

荷物は分散させる

なんでも収納できる、収納力のあるメッセンジャーバッグですが、貴重品を一か所に収納するのは危険です。
例えば、パスポートは常に携帯するとして、パスポートのコピーはホテルに保管するなど分散収納をおすすめします。

メッセンジャーバッグの選び方

今回紹介したブランドだけでも沢山のメッセンジャーバッグがラインアップされています。

この中から旅行に最適な物はどれか選ぶのは楽しみでもあり、ちょっと大変ですね。
それではここからは、海外旅行として持っていくならこのポイントは押さえておいてほしいという
メッセンジャーバッグの選び方を教えます。

軽いこと

バッグ自体の重さはとても重要です。
旅行中は、限られた日数ですし、もう二度と来れないかもしれない地に来ているのですから、アクティブに動きたい。
バッグ自体が重ければそれだけで動きが制限されて疲れやすくなります。
バッグはとにかく軽いものを選びましょう。

中にファスナーが付いているもの

メッセンジャーバッグの主流デザインは大きなフラップをかぶせて開閉するものです。
荷物の出し入れはしやすくて便利なのですが、出し入れしやすいということは、盗まれやすいということでもあります。

内側部分にファスナーが付いているタイプの物を選ぶようにしましょう。
このひと手間が、盗難にあいにくくなります。

撥水・防水機能

パスポート、チケット類、地図など雨に濡らしたくない物を多数持ち歩く海外旅行。
旅行中は突然の雨に、傘をさすという対応が出来ないことが良くあります。
そもそも、傘をさすという習慣がない国も沢山あります。
ある程度の撥水・防水機能は付いていた方が安心です。また、撥水、防水機能が付いていいると汚れも付きにくくなるので、耐久性も保てるという嬉しいメリットもあります。
ある程度というのは、もちろん、どんな豪雨にも耐えられるような強力な防水機能が付いていたほうが良いのに越したことはありませんが、値段も高くなってきますし、旅行中の街歩きならそこまでも防水性は必要ないと思います。
一般的にポリエステルやナイロンなどの素材の物は撥水・防水性に優れていて、軽いという特徴がありますので、そのような素材のバッグを選ぶと良いでしょう。

適切な大きさ

大は小を兼ねると言いますが、旅行中のバッグは適切な大きさの物を選ぶようにしましょう。
大きすぎてバッグが歩いている状態ではスマートではありませんし、なにより行動の妨げになります。

私の海外旅行中の街歩きバッグは、ガイドブックがすっぽりと入るぐらいの大きさの横幅があり、ある程度のマチが付いている物にしています。
大きすぎず、小さすぎないバッグを選ぶことがポイントです。

 

ブランドロゴが目立つバッグはやめましょう

海外有名ブランドのバッグでもメッセンジャーバッグやそれに類似した斜め掛けバッグは販売されていて若い人が街で持っているのも良く見かけますが、このような一目でブランド品だとわかるようなバッグは日本でお留守番してもらいましょう。

バッグと同様にお財布もブランド物のお財布は日本でお留守番です。
私は海外旅行用のお財布というものを持っていて、100円均一で買った物を愛用しています。
どう見ても大金が入ってなさそうなお財布です。
これを3つ使って、お金、クレジットカードも分散収納しています。

有名ブランド品の価値は全世界共通です。
目を付けられやすい高価なバッグをあえて旅行に持っていくのは本当に危険ですからやめておきましょう。

まとめ

海外旅行で街歩きに使うバッグは、安全面はもちろんのこと機能面を考えて選びましょう。
メッセンジャーバッグは両手も使えて、軽くてとても機能的です。

今回紹介したことを参考に、お気に入りの一個を選んでいただけたら嬉しいです。