海外旅行の3泊でおすすめの場所はここ!厳選3か国

長い休暇がなかなか取れない、海外旅行なんて行ったことが無いという人は、3泊4日の日程で海外に飛び出してみることをおすすめします。
最近は3連休も増えてきました。なかなか長期のお休みが取れない多忙なビジネスパーソンも3泊4日の短期間なら、なんとかお休みを調整できるのではないのでしょうか?
短期間でも、海外旅行に出かけると非日常を体験出来て、リフレッシュできますよ。翌日からの仕事もはかどります。
海外旅行初心者の方も、短期間の日程だったら、ちょっとの冒険で今まで経験したことない興奮と感動が得られます。
そこで、3泊4日で行けるおすすめの海外旅行先と、過ごし方をピックアップしました。
是非旅行プランの参考にしてください。

海外旅行3泊4日おすすめはココ

グアム

羽田はもちろんのこと、日本の各地から直行便が出ている人気のリゾート地グアム。
アクセスが良好で日本からの飛行時間は約3時間30分、時差は1時間でとっても行きやすい。
グアムの魅力は何と言っても、海が綺麗で、近い事です。
年間を通して夏服で過ごせる場所なので、飛行機にのってわずか3時間で、あっという間に常夏を感じることが出来ます。

ホテルライフをエンジョイする

グアム旅行を成功させるには、まずはホテル選びから。
ホテルでゆっくり過ごしたい方はちょっと贅沢に高級ホテルを選びましょう。
ハワイよりは旅費がリーズナブルなので、その分高級ホテルをチョイスするのもありです。

グアムの高級ホテルの有名なところは
・デュシタニグアムリゾート
・ウェスティンリゾート
・シェラトンラグーナグアムリゾート
などです。
グアムと言えばアクティブにマリンスポーツをしなくてはというイメージがありますが、ホテルでゆっくり快適に過ごすのも大人のグアムです。

高級ホテルとまではいかなくても、ショッピングも海も楽しみたいという方は、グアムの中心部タモン地区のホテルが便利です。
子供連れや、プールで遊びたいという方は、オンワードホテルなどプール設備が揃っているホテルがおすすめです。

グアムグルメ

東京やハワイで大人気、毎朝行列ができている、世界一の朝食で有名なエッグスシングスがグアムにもオープンしています。
時間帯によっては行列が出来るようですが、私が行ったときは簡単に入ることが出来ました。
日本よりすいている気がします。注文も日本語メニューが用意されていてノンストレスです。

魅力的なポリネシアンダンスを見ながらバーベキュー料理が頂ける、「ニッコーサンセットビーチバーベキュー」
迫力満点のポリネシアンダンス、タモンの海のサンセットを見ながら頂くバーベキュー、グァムに来たなーと実感させてくれます。

グアムのフォトジェニックスポット

3泊4日の短期旅行だからこそ、グアムの美しい絶景を写真に収めて、SNSで友達と共有したい。
グアムにはフォトジェニックな場所がたくさんあります。
インスタ映えという言葉が無かったころから、グアムの観光地として人気がある、恋人岬もインスタ映えとしてとても有名な場所です。
恋人岬にある展望台にたつと、タモン湾からイパオ岬までの大パノラマを望むことができ、一面に絶景が広がっています。
空の青さと、海の青さが美しい水平線で繋がっている景色は自然の雄大さが感じられます。

グアム本島から足を延ばしてフェリーで行けるココス島も日本のCMなどで頻繁に使われているフォトジェニックスポットです。
美しい海に囲まれた島には、カラフルな熱帯魚、野鳥、熱帯植物など、これぞ南国という景色が広がっています。
マリンアクティビティーも充実しているので、一日中めいいっぱい遊ぶことが出来ます。

グアムショッピング

グアムにはショッピングモールや、ローカルスーパー、ブランド店、免税店などがたくさんあります。
嬉しいのは観光客に人気の免税店や、スーパーなどは夜遅くまで営業しているので、ディナーの後に買い物することが出来ること。
そして、グアム自体がコンパクトな島なので、どこへ行くにも移動が楽。移動に時間がとられることなくショッピングを楽しめるのもグアムの魅力です。

台湾

アジアの雰囲気を色濃く残し、どこかノスタルジックな気分を味わえる台湾。
治安はとても良く、親日家の方も多いい台湾は、台湾フリークなんて呼ばれる人がいるほど、人気の観光地です。
東京羽田から直行便で約4時間30分で行ける台湾は、アジアの気分を味わいたい人におすすめしたい場所です。

台湾ホテル

台湾のホテルは星付きホテルをおすすめします。
あまり、格安のホテルだと、衛生面などに心配があります。
高級ホテルではそのような心配はありませ。
また、台湾はとても地下鉄が発達している都市で、どこへ行くにも地下鉄を使えば楽に行くことが出来ます。
ですので、ホテル選びは星の数と、駅からの立地で選べば失敗はありません。
台湾の方は親切な方が多く、最高のホスピタリティーであなたを迎えて入れてくれることでしょう。

台湾グルメ

台湾といえば食事です。
中国や日本の植民地時代があったという複雑な歴史背景もあり、古くから伝わる台湾独自の料理、中華料理、日本料理が融合され豊かな食文化が形成されています。

中でも有名で人気なのは小龍包です。
日本にも支店があるディンタイホンは台湾にも何店舗も支店がある人気店です。
驚くのはその値段。日本支店と全く同じメニュー味なのに、3分の1の値段で、ジューシーな小龍包を頂くことが出来るのです。

デザートはアイスモンスターへ
台湾マンゴーかき氷人気の火付け役になったお店です。
一人では食べきれないほど大きなマンゴーかき氷はインスタ映えする美しさです。
友達とシェアーしていただくこともできます。

台湾グルメが奥深いのは、ディンタイホンやアイスモンスターなど人気店舗だけではなく、なもないB級グルメ店が充実している所です。
B級グルメのキングといえば、臭豆腐(しゅうとうふ)
この匂いを嗅ぐと泣く子も黙ると言われる独特の匂いがありますが、好きな人はこの匂いと、サクサクした食感が病み付きになるのだそう。
あなたも試してみてはいかがでしょうか?

フォトジェニックスポット

女子旅行にも人気がある台湾はインスタ映えするフォトジェニックスポットがたくさんあります。

台湾を代表する料理、小龍包もインスタ映え。
パラダイス ダイナシティの小龍包は8色の小龍包です。
蒸篭にのった鮮やかな小龍包が可愛い。それぞれ色により味が違うので、どんな味がするのか楽しみながら食事をすることが出来ます。

千と千尋も神隠しの街並みのモデルともいわれている九份(キュウフン)。
19世紀末に作られた街がそのまま残っています。
日本とどこが違うのだけれども、なんとなく懐かしい、ノスタルジックな神秘的な美しさがある街はどこをとっても写真映えします。

自分をフォトジェニックにするなら、台湾シャンプー
台湾シャンプーとは座ったままで行うシャンプーの事なのですが、ユニークなのが、髪の毛をピーンと立てて泡を切るところ。
通常ではありえない、泡のついた髪の毛が天井に向かってピーンと立っている姿を、店員さんが写真を撮ってくれます。
お店によっては、髪の毛でリボンの形を作ったり、ミッキーマウスの耳を作ってくれたりもします。
楽しいシャンプーだけでなく、マッサージもしてくれるので台湾シャンプーの後はすっきり。旅の疲れも取れますよ。

韓国

短期間の旅行と言えば、お隣の国韓国ですね。
東京からだとたった2時間40分、大阪からだと1時間50分、福岡からではなんと1時間30分で行けてしまう韓国は土日の旅行でも行ける場所。3泊4日あれば思う存分楽しむことが出来ます。

韓国グルメ

韓国料理はおいしいくて、美容にもいい優れた料理です。
どれもおいしくおすすめなので、なにをおすすめしたらよいのか迷ってしまいます。
鉄板メニューはサムギョプサル。豚バラをつかった焼肉です。

日本でも大流行したチーズタッカルビも本場韓国で試してみるのもいいですね。
明洞(ミョンドン)にあるパンダッパンダツは女性客に人気のあるチーズタッカルビのお店です。

私個人的なおすすめ韓国料理はタッカンマリです
鶏一羽を丸ごと煮込んだスープは素朴な味で、コラーゲン、ビタミンが豊富に含まれていて大好きです。
ソウルの人気エリアには、タッカンマリ専門のお店が建ち並んでいますので、是非一度お試しください。

フォトジェニックスポット

写真が大好き、可愛いもの、綺麗なものが大好きな土地柄の韓国には、思わず写真を撮りたくなるスポットが続々登場しています。

特に写真スポットとしても人気なのがカフェです。
写真映えを意識したメニューだけではなく、カフェの内装も可愛いと思わず声に出してしまうほど、可愛いカフェがたくさんあります。
旅行の一日すべてを、カフェめぐりにしても、回りきれないほど行きたい可愛いカフェがたくさんあります。

まとめ

3泊4日で行くおすすめの国3か国を紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
どの国もまったく違った魅力がありますが、どの国も日本から近くアクセスが便利です。
気軽に非日常を体験して下さい。