水上コテージに泊まりたい!海外旅行のおすすめ5選

見渡す限り海、寝ても覚めてもブルーラグーンの海を見ることが出来る水上コテージの宿泊は憧れますね。
水上コテージいえば、新婚旅行に人気ですが、最近ではカップルだけでなくファミリーでも友人同士の旅行でも水上コテージは人気があります。海外で水上コテージで宿泊できる国で人気なのはタヒチとモルディブです。
今回は、人気のタヒチとモルディブの水上コテージのおすすめの場所などについて調べてみました。

水上コテージおすすめ5選

タヒチ

日本からフライト時間は約19時間、常夏の島タヒチ。タヒチは南太平洋フランス領ポリネシア島に属するソシエテ諸島にあります。
主とはパペーテ、ここがタヒチの玄関口になります。タヒチは首都パペーテがある本島と、モトゥと呼ばれる小さな島々からなっていて、水上コテージが有名なのはモトゥの中のボラボラ島とモーレア島です。
タヒチはフランス領であることから、フランス文化と南の島の文化が融合した、何ともエキゾチックな街の雰囲気が人気です。
水上コテージの発祥の地と言われるタヒチでは、タヒチでしか味わえない水上コテージがあります。

 

1.ソフィテル・モツ・ボラボラ

太平洋の真珠と言われているボラボラ島は、ブルーラグーンの海の綺麗さはもちろんのこと熱帯雨林も美しい島で、水上コテージの島として日本でも人気の場所です。
ソフィテル・モツ・ボラボラは、ボラボラ島本島のマララビーチではなく、対岸にある、客室がわずか31室しかない小さな水上コテージです。日本人観光客が少なく、客室数も少ないためプライベート感が満載のこじんまりとしたコテージです。
小さなコテージなので予約がなかなか取れないので早めに部屋を押さえてましょう。
ソフィテル・モツ・ボラボラの魅力は、2つ。
高台から見る、サンセットとシュノーケリングです。地平線に消えていくサンセットは息を飲む美しさです。神というものを信じてしまう、美しさと言っても良いでしょう。
ソフィテル・モツ・ボラボラの近くにはボラボラ島の中でも一番といわれるコーラルポイントがありシュノーケリングに最適です。ちょっと餌をまいただけで、本当に美しい熱帯魚たちが沢山現れます。

2.ル・メリディアン・ボラボラ

世界のベストビーチ50に選ばれたこともあるスティラビーチに立つル・メリディアン・ボラボラは背後にボラボラ島の象徴であるオテマヌ山があり神秘的な趣があります。
タヒチの水上コテージは部屋から海が盛られるように、床の一部がガラス張りになっているのですが、ル・メリディアン・ボラボラのガラスの床の広さはなんと2畳分です。この大きさはタヒチ一番。大きなガラスの床から昼間はエメラルドグリーンの透き通った海が、夜は部屋の光に誘われて集まってくる魚たちが見ることが出来て幻想的な雰囲気に浸ることが出来ます。
また、ル・メリディアン・ボラボラでは環境保護の一環でウミガメプログラムを実施。宿泊者限定で、ウミガメの生態などについて学べるプログラムや、毎朝ウミガメに餌をあげるプログラムなどが用意されています。
ウミガメはラッキーでないとボラボラ島でもお目にかかれない貴重な生物です。小さなお子様がいるファミリーの方にもお勧めしたいコテージです。

3.インターコンチネンタル・モーレア リゾート&スパ

モルディブよりもアクセスが便利なモーレア島にインターコンチネンタル・モーレア リゾート&スパはあります。
水上コテージといえばプライベートで、カップルだけの世界を楽しむ場所というイメージが強いですが、ここインターコンチネンタル・モーレアはカップルだけでなく、ファミリーやグループなど幅広い年代、集まりの方々も楽しむい事が出来る大型水上コテージです。
なんといっても人気なのは、ホテルの敷地内でイルカと触れ合うことができるドルフィンセンター。ドルフィンセンターではカップルだけのアクティビティーや子供のためのアクティビティーなど連日様々なアクティビティが用意されています。
また、海を見るのは好きだけれど泳ぐのは苦手という人はここはプール付きなので心配いりません。タヒチらしいスパも楽しむこともでき、女性グループにもおすすめしたい水上コテージです。

 

モルディブ

エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜、「真珠の首飾り」と呼ばれるモルディブは、インド洋に浮かぶ26の環礁と1200の島々からなる島国です。
日本からの時間は途中経由方法などで変化しますが約10時間から12時間です。ベストシーズンは2月から4月と言われていますが、熱帯性気候で一年を通して温暖な気候で雨季はありません。
モルディブは1島に1リゾートという独特なスタイルで、現在約100ぐらいの宿泊施設があります。日本では天国に一番近い国と言われ、新婚旅行に人気の場所ですが、近年この美しい島は世界中から人気があり、リゾートラッシュに沸いています。そのため、モルディブにある水上コテージは伝統的な物から、ラグジュアリーなもの、さらには近代的なものまでコンテンツは様々。あなたののぞむコテージが必ずここにあります。

4.アミラフシ

アミラフシとはモルディブの言葉で「我が家」という意味です。この名前の通り、我が家の様な落ち着いたアットホームな雰囲気がありながらもとてもラグジュアリーなコテージです。
ラグジュアリー感はお部屋に入った瞬間から感じることが出来るでしょう。アミラフシのお部屋の広さはなんと全室250平米以上。白を基調としたモダンでラグジュアリーでゆったりとした広いお部屋から、海を一望できます。さらに全室専用のバトラー付きという贅沢。コテージから、次々と集まってくるお魚を眺めていると、まるでプライベート水族館にいるような気持になります。

 

5.ギリ・ランカンフシ・モルディブ

リピーターが多いいギリ・ランカンフシ・モルディブは一度滞在したら、必ずまた行きたいと思う魅力あふれる水上コテージです。
全ての施設が海側にあります。
たとえば海が見えるバスタブ。たとえば、海が見える床。たとえば海を見ながらくつろげる二階のプライベートデッキ。
さらにプライベートデッキではベンチがあり、くつろぐこともできるうえにネット回線も繋がっているというラグジュアリーさ。
24時専属バトラーがあなたの願いを聞いてくれます。また、バトラーには日本人の方もいるため英語が苦手な人でも安心です。
一棟一棟独立していて、プライベートが確立されています。

そもそも水上コテージとは

ここまで、わたしがおすすめしたい水上コテージを紹介してきましたがそもそも、水上コテージに泊まりたいと思って調べると「水上コテージ」、「水上ヴィラ」、「水上バンガロー」、「オーシャンバンガロー」、「ラグーンバンガロー」など色々な名前が出てきて、どれが自分の差が入している水上コテージと思われるかと思いますが、呼び方は違えど、これ全て、海の上に建てられたお部屋の事で、「水上コテージ」です。呼び方はそれぞれのリゾートによって異なっているのでややこしいのですが、水上コテージとは水上の上に建てられた客室の事を言います。

海の上に建てられたお部屋ですので、部屋を出ればそこは海。部屋から除く景色も海。床の下から見える景色も海という贅沢な空間。
海の上に建てられていますが、水道管は専用の配管から引いているのでそこは安心を。
しっかり柱で建てられているので船と違い部屋が波で揺れるという心配もありません。

水上コテージは高い?

憧れの水上コテージのお値段は、はっきり言って安くはありません。
同じ島にある、ホテルよりも値段は高い事は覚悟しておきましょう。
その代わりに、青い海を独占できる贅沢が待っています。
値段が高くても水上コテージは人気があります。しかし、どこも部屋数を少なくして、プライベート空間を大切にしているので、空室があればすぐに予約をした方が良いでしょう。
少しでも安くコテージに泊まるためには、旅行会社のツアーを探したり、トップシーズンを外したり、ホテル代ではなく飛行機代を安くしてみたりという策が必要になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

優雅で非日常が味わえる水上コテージ。
何をやっても、水上コテージで過ごす一日はスペシャルな物になるでしょう。
憧れの水上コテージ選びの参考にしていただけたら嬉しいです。
それでは楽しい旅に行ってらっしゃい。